ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
トップ  >  都内でスタッフ会議を開きました。

先日、APPのスタッフ会議を何と4ヶ月ぶりに開催しました。大震災に原発事故と重大事態あいつぎ、APPのスタッフも被災者支援に追われたり、反原発運動に取り組んだり、また遠方に避難せざるをえなくなったりと、混乱をきわめた状況でした。

原発事故の状況は一向に改善されておらず、深刻な事態に変わりはありませんが、何とかスタッフ会議を行ない、今後の活動について話し合いました。いくつか決まったことをお知らせします。

1、まず、毎年参加していた日本女性学会の大会には今年は参加しないことにしました。

2、昨年、APPは1年かけて、各団体と協力して10周年記念の企画を行なってきましたが、その一環として昨年11月に大阪の「性暴力を許さない女の会」との共同企画を文章に起こし、加筆修正したものを、APP10周年記念パンフとして出版することにしました。できれば6月中に完成させて、7月中に発行したいと考えています。それとの関係で、今年は、毎年出していた『論文・資料集』を出さないことにしました。

3、女性学会大会には参加しませんが、毎年参加しているヌエックの男女共同参画全国交流フォーラムには今年も参加することにしました。

4、また、そこでの発表のために、6月から、コンビニや書店でのポルノ雑誌・漫画などのゾーニング状況の実態調査に取り組むことにしました。今年の7月から例の都条例改正が施行されますが、その前後にゾーニング状況を確認しようという趣旨です。

6、その他、『論文・資料集』の発送作業や在庫管理の問題、その他について話し合いました。

7、次回の例会はスタッフ会議だけでなく、一般メンバーも参加できる例会にする予定です。

写真

写真は、東京都内の大手コンビニエンスストア内のドリンクコーナー隣の書籍棚の様子です。手前には子ども用の駄菓子が販売されていました。

1 2

被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
前
定例会を開催しました
カテゴリートップ
トピックス
次
定例会と東京都青少年健全育成条例に関する学習会を開催しました。

言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
緊急アピール
児童ポルノのない世界を目指すための署名活動にご協力ください。詳細はこちらより...
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより