ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
トップ  >  男女共同参画記念フォーラム2010の分科会に参加しました。

 6月19日に港区男女平等センター「リーブラ」にて、「男女共同参画週間記念フォーラム2010」の分科会「性の商品化とポルノグラフィー」に参加しました。

 約40の方々がこの分科会に参加され、会場は満員でした。最初に、藤原志帆子さん(ポラリスジャパン事務局長)が、人身売買の問題、性の商品化の問題について講演しました。

 次に中里見博さん(ポルノ・買春問題研究会代表)が「インターネット時代のポルノグラフィの現状」と題して、ポルノグラフィとは何か、ポルノ被害とは何か、インターネットの普及によるポルノ被害の拡大とその現状について報告しました。その中で、国際的に問題となったパソコンゲーム「レイプレイ」の実演を行ない、性暴力ゲームの問題についても詳しく解説しました。

写真

1

被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
前
日本女性学会でワークショップを開催しました。
カテゴリートップ
トピックス
次
児童ポルノ法改正を求めるシンポジウムに参加しました。

言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
緊急アピール
児童ポルノのない世界を目指すための署名活動にご協力ください。詳細はこちらより...
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより