ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
トップ  >  日本女性学会でワークショップを開催しました。

先日2009年6月28日、御茶の水大学にて、日本女性学会の大会が開催されましたが、女性学会の会員でありまたAPPの メンバーでもある有志を中心に、「ポルノ被害と子どもの人権」 と題するワークショップを開催しました。

午前中であるにもかかわらず、発表者を含めて約20名が参加しました。発表は、

  • 「着エロ問題と子どもの人権」
  • 「理論社問題とポルノ被害」
  • 「性暴力ゲームと子どものポルノ被害」

の3つを主要なテーマに選びました。

報告の後に参加者とのあいだで討論が行なわれ、活発な意見が出されました。今回のワークショップの詳しい内容については、次号の『論文・資料集』で紹介する予定です。

写真

1
ワークショップ前日に行ったミーティングの写真です。

被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
前
ポルノ被害と性暴力を考える会
カテゴリートップ
トピックス
次
ポルノ被害と性暴力を考える会

言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
緊急アピール
児童ポルノのない世界を目指すための署名活動にご協力ください。詳細はこちらより...
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより