ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
トップ  >  反ポルノ運動家ゲイル・ダインズさんと交流
10月21日、ボストンに留学中の会のメンバーが、ボストンのウィーロック・カレッジの社会学教授、ゲイル・ダインズ(Gail Dines)さんとお会いして、意見と情報の交換を行ないました。ダインズさんは、『ポルノグラフィ:差別の生産と消費』(1998年)という本の共著者で、マサチューセッツ州でマッキノン=ドウォーキン型反ポルノ州法の制定運動に尽力された方です(州法は残念ながら制定されませんでした)。
 反ポルノ運動を組織するために、反ポルノ・スライドショーを行なっているという紹介が上記の著書の中にあり、その運動のノウハウを知りたくて、以前からメールで連絡を取っていた方です。
 以下、ダインズさんのお話しを要点します。
 1、アメリカのポルノグラフィ反対運動は、現在、壊滅状態である。マサチューセッツ州の運動を支えたグループも散り散りになり、現在は、1つの反ポルノ団体も活動していない。
 2、現在アメリカで出版されているポルノグラフィ関係の本は、ポルノ擁護派のものばかりで、反ポルノ派の本は、1998年の私たちの本がほぼ最後だと思う。現在の主流は「セックス・ワーク」論であり、ポルノグラフィ・売買春は「女性が選択した」というものである。
 3、思想においては、いわゆる「ポスト・モダン」の理論が、運動の基礎を掘り崩す決定的な役割をはたした。
 4、マサチューセッツの州法制定運動においては、法律家の不足が敗北の大きな要素だった。わざわざキャサリン・マッキノンがミシガン州から支援のために来ざるをえなかった。ポルノ擁護派(州法反対派)は、大金と優秀な弁護士を投入した。そのため、私たちは州議会を説得できなかった。
 5、また、反ポルノ州法案の、いわゆる「ポルノグラフィの取引条項」が、最大の論争点となった。マッキノンとアンドレア・ドウォーキンは、「取引条項」についていかなる妥協も認めなかった。私には、「取引条項」をなくしても、反ポルノ法案には十分な存在意義があるように思われたのだが。もっとも、「取引条項」を引っ込めたからといって、州法が成立したかというと、それはわからない。
 6、自分は今、「ポルノグラフィにおける黒人男性像」という研究をしている。ポルノグラフィとは、女性の問題というよりは、ほんとうは、「男性性(masculinity)」の問題である。ゲイ・ポルノは、黒人男性を極度に男性化し、アジア系男性を女性化している。これは人種差別であり、同時に、アメリカとアジア諸国の力関係を反映している。
 ゲイル・ダインズさんは、イギリス生まれ・育ちで、16年前にボストンに移住して来られたそうです。「ハードかソフトかに関係なく、すべてのポルノグラフィは、女性に対する暴力だ」と言っていました。彼女の、ポルノグラフィへの確固とした対決の姿勢を感じました。
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
前
キャサリン・マッキノンさんの研究室を訪問
カテゴリートップ
トピックス
次
奥村弁護士を迎えて学習会を開催

言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
緊急アピール
児童ポルノのない世界を目指すための署名活動にご協力ください。詳細はこちらより...
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより