ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

性犯罪 : 性暴力講演会:「7割の女性が被害遭遇」??北区「きらめきプラザ」で /岡山(2009.06.14)

日時: 2009-06-14  表示:4441回

女性への性暴力をテーマにした講演会が13日、北区南方の「きらめきプラザ」で開かれた。
 「DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山」主催。会では県警生活安全企画課の高槻康志警部補が家庭内暴力(DV)やストーカー増加の現状と、被害者支援に取り組む県警の活動を紹介。また、川崎医療福祉大の鈴井江三子教授が、子供への性暴力被害の実態を報告した。
 鈴井教授は「18歳までに7割近くの女性が痴漢などの公然わいせつ、強姦(ごうかん)など、なんらかの性犯罪の被害に遭っている」と説明し、「女性の性が軽く見られる文化が背景にある」と指摘した。

 また、小学校低学年の児童が性犯罪被害に遭いやすい現状を示して「小さい子は他人への警戒心が薄い。心の傷を一生抱えることになるので大人が意識をもって子供を守らないといけない」と話し、さらに「父親や養父が自分の子への加害者になっていることが多い」と問題提起した。【坂根真理】

6月14日17時1分配信 毎日新聞


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより