ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

人身売買 : 高校生の少女にみだらな行為させた疑いで男を逮捕 220回ほど売春させ売り上げほぼ全額を自分のものに (2020.11.18)

日時: 2020-11-19  表示:80回

関西テレビ 2020/11/18(水) 13:14配信

出会い系サイトで勧誘した男性客に17歳の少女を紹介してみだらな行為をさせたとして男3人が逮捕されました。

児童福祉法違反などの疑いで逮捕されたのは、名古屋市の無職・森本正明容疑者(38)ら3人です。

森本容疑者らは去年11月、広島県福山市で60代の男性客に当時17歳の高校生の少女を紹介し、みだらな行為をさせ、現金2万円を受け取った疑いが持たれています。

ことし2月、大阪市北区の路上で少女が売春の客引きをしていたのを警察がみつけ、事情を聴いたところから事件が発覚しました。

警察によると少女は1日10万円の売上ノルマを課せられていて、8カ月間で220回ほど売春をしていました。

森本容疑者は売上金約630万円のほぼ全額を自分のものにしていて、容疑を認めているということです。

運転手役などをしていた、ほかの2人は容疑を否認しています。

森本容疑者は「自分には借金があり、返さないと逮捕されて会えなくなってしまう」などと少女の気を引くような話をして、売春させていました。

また、少女を連れて福岡や東京などに旅行に行き、旅行先でも売春をさせていたとみられるということです。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより