ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 「フェイクポルノ」で全国初の逮捕 有名芸能人の顔でアダルトビデオを作り替え (2020.10.02)

日時: 2020-10-02  表示:76回

関西テレビ 2020/10/2(金) 11:48配信

アダルトビデオに出演する女優の顔を、AI技術を用いて有名芸能人の顔に作り替えた動画をツイッターなどに投稿した疑いで、大分県の無職の男が京都府警に逮捕されました。

著作権法違反などの疑いで逮捕されたのは、大分県の無職・野****容疑者(30)です。

******容疑者は今年4月、アダルトビデオ出演者の顔をAI技術を用いて女性アイドルの顔に作り替え、ツイッターに投稿した疑いなどがもたれています。

警察によると***容疑者は、自身のサイトに自分や他人が作ったフェイクポルノ動画を掲載していて、約5万人の閲覧があったというこいとです。

また海外のフェイクポルノを掲載しているサイトにも自身が作成した動画を94円から250円で販売していて、今年1月から6月にかけて広告収入など約56万円の収入を得ていたということです。

警察には11人の女性芸能人が被害申告をしていて、警察のサイバーパトロールで発覚しました。

調べに対****容疑者は「全て自分のやったことに間違いないです。お金儲けのためにやった」と容疑を認めています。

いわゆる”ディープフェイク”についての逮捕は全国初となります。(2日、警視庁でも同様の事件で2人を逮捕)


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより