ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 男子高校生は7月24日、室内とみられる場所で知人の16歳の女子高校生の下半身が映るわいせつ動画をスマートフォンで撮影し、インターネット上に投稿した疑いがもたれています (2020.08.01)

日時: 2020-08-02  表示:375回

北海道ニュースUHB 2020/8/1(土) 21:30配信

 知人の16歳の女子高校生のわいせつ動画を撮影し、インターネット上に投稿したとして、17歳の男子高校生が逮捕されました。

 児童ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕されたのは、北海道旭川市の17歳の男子高校生です。

 男子高校生は7月24日、室内とみられる場所で知人の16歳の女子高校生の下半身が映るわいせつ動画をスマートフォンで撮影し、インターネット上に投稿した疑いがもたれています。

 7月下旬2人の間にもめ事があり、警察が事情を聞いていたところ、女子高校生が「撮影したのをネットにあげられた」などと話したことで事件が発覚しました。

 調べに対し、男子高校生は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

 警察は2人の関係性や経緯を慎重に調べています。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより