ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 性行為の同意能力は16歳から、韓国が13歳から引き上げ (2020.05.13)

日時: 2020-05-14  表示:99回

AFP 2020年5月13日 21:19 発信地:ソウル/韓国

【5月13日 AFP】韓国で、性行為への同意能力があると見なす性的同意年齢が13歳から16歳に引き上げられた。同国は性犯罪を取り締まる現行法が不十分すぎるとの批判を受け、未成年者への保護の強化を目指している。

 司法省は声明で、「根本的なレベルで若者を性犯罪から守る」ため、性行為同意年齢を16歳に引き上げると表明。

 改正法の下では、16歳未満の相手と性交した成人は、同意があったと主張しても、子どもへの性的虐待の罪、もしくは強姦罪で起訴される。

 これまでは、13歳以上の場合は法的に性行為への同意能力があると見なされていた。その結果、議論の的となる事例が複数あり、専門家らは最低年齢が低すぎるために性犯罪者が刑罰を逃れていると指摘していた。

 2017年には、当時15歳の少女をレイプしたとして起訴された42歳の男の裁判では、少女の同意があったことを根拠として無罪判決が言い渡された。この判決は怒りを招き、最低年齢の引き上げを求める声が上がっていた。(c)AFP


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより