ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : トランプ氏やクリントン元大統領と交流の米富豪、少女性的搾取で起訴 (2019.07.09)

日時: 2019-07-17  表示:355回

AFP 2019年7月9日 7:52 発信地:ニューヨーク/米国

【7月9日 AFP】ヘッジファンド経営者として財を成した米国の富豪で、有力政治家や著名人らと交友関係のあるジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)被告(66)が8日、未成年の少女数十人を性的に搾取した罪で起訴された。

 同被告とこれまで交際のあった著名人には、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領やビル・クリントン(Bill Clinton)元大統領、英国のアンドルー王子(Prince Andrew)がいる。

 エプスタイン被告は6日、仏パリから自家用機で帰国した際、ニュージャージー州の空港で逮捕されていた。

 米ニューヨーク州南部地区(Southern District of New York)連邦地裁が公開した起訴状によると、同被告は、性的搾取を目的とする未成年者の人身取引の罪と、同様の犯行を共謀した罪の2件で起訴されており、有罪の場合、最高45年の禁錮刑が科される可能性がある。

 エプスタイン被告は8日、マンハッタン(Manhattan)にある法廷で無罪を主張した。

 同地区を担当するジェフリー・バーマン(Geoffrey Berman)連邦地方検事によると、被告は2002年から2005年まで、マンハッタン、ニューヨーク、フロリダ州パームビーチ(Palm Beach)の自宅で未成年の少女数十人を性的に搾取した疑いがある。被害者の中には14歳の少女もいたという。

 バーマン検事は「罪状は何年も前の犯行によるものだが、現在、成人となっている多くの被害女性にとっては、まだ非常に重要だ」と指摘。「被害者らは法廷で証言の機会を与えられてしかるべきだ。われわれは今回の起訴によって被害者のために立ち上がることを誇りに思う」と述べた。

 エプスタイン被告は過去、パームビーチの邸宅で少女らに金を払い、性的なマッサージをさせたとして有罪判決を受けたが、2007年の司法取引により連邦での起訴を免れていた。この際、同被告の弁護人は、当時フロリダ州マイアミで連邦地方検事を務めていた現在の労働長官、アレクサンダー・アコスタ(Alexander Acosta)氏と交渉していた。

 バーマン検事は、この司法取引がニューヨーク州に適用されない理由を尋ねた記者らに対し、「その取引はフロリダ州南部地区でのみ拘束力がある」と説明。「ニューヨーク州南部地区は拘束されないし、その取引に署名していない」と述べた。(c)AFP


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより