ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 「誰かを傷つけていることを、知ってほしい」成人誌がコンビニから消える意味 (2019.01.26)

日時: 1232-04-23  表示:332回

Buzz Feed News 2019/01/25 18:30

コンビニ大手3社が、8月末までに「成人向け雑誌」の販売を取りやめることを決めた。女性や子供、訪日客などへの配慮を理由としている。

表現の自由や「成人向け雑誌」「成人誌」の定義の曖昧さから、こうした判断を懸念する声も上がった。一方で、BuzzFeed? Japanの記者がTwitterで「来店しやすくなる人がいるのか。非実在なんじゃ」などと発言し、多くの批判を浴びた。

実際には「コンビニに行きやすくなる」と歓迎する人はいる。BuzzFeed? Newsはそういった人たちの思いを改めて取材した。

成人向け雑誌の販売をめぐっては、1月21〜22日にセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートが8月末で販売を中止することを決めた。大手3社が足並みをそろえた。

ファミリーマートを運営する「ユニー・ファミリーマートホールディングス」広報室によると、2018年4月から「直営店を含む国内約2000店で既に取り扱いを中止している」という。

その上で、「女性やお子さまのお客様に、安心してお買い物をしていただける店舗づくりをさらに進める」「2020年のオリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博等の開催を控え訪日外国人の大幅に増加している」として、全店舗での成人向け雑誌の販売中止を決めたとしている。

一方、日本雑誌協会は「『成人誌』の基準が曖昧で、選別方法が不明瞭であることに危惧を覚える。一部雑誌の取り扱い中止に関しては、慎重な判断を求めたい」と懸念を表明している。

「成人誌やエロ本を失くせとは全く思っていないし、それは表現の自由だと思う。でも、パブリックな場所であるコンビニに置く必要性を感じないんです」

大手3社の判断を歓迎するという女性会社員(30歳)はBuzzFeed? Newsの取材に、こう語る。

「万人の目に触れるところ、生活する上で欠かせないインフラになっているコンビニに置くものかどうかは、議論の余地があることだと思います」

昨年結婚したばかりの女性もやはり、「将来的に子どもが生まれたら、一緒に行きにくい」と思っているという。

「AVだって、エロ本だって、大人たちは『ファンタジーだよね』って認識しているわけで。ただ、知識があって、ファンタジーってわかっている大人が見るのと、何も知らない子どもが、そういったものを見るのとではわけが違う」

「成人誌を廃刊してほしいということではありません。ただ、堂々と成人誌を立ち読みしたり買ったりできる環境があるコンビニには、いたくないな、と思ってしまいます」

エッセイストで東京大学大学院情報学環客員研究員の小島慶子さんはBuzzFeed? Newsの取材に、こう語る。小島さんは、2人の男の子の母親だ。

「ポルノのマーケットがあること自体を否定するわけではないけれど、コンビニは、日常的に食品や生活用品を買いにくる人が多い場所です」

「成人誌を買いにくる人だけではなく、子どもや、成人誌を見たくない人も来ます。なのに誰の目にも触れるところに陳列されていていいのかな、という違和感が以前からありました」

コンビニは、幅広い層の人が日常的に利用する場所だと小島さんは強調する。

「性欲自体は誰にとっても自然なものですが、そうしたところに、成人誌が陳列されていることは、女性の裸がいわば\"日用品\"として売られていることだと考えます」

一方、別の女性会社員(20代)は、そうした成人誌に「嫌悪感」を抱いているという。

「レイプって書いてあるやつとか、女性が縛られてるやつとか、性暴力を想起させる内容のものが置いてあるのが、本当に無理なんです」

この女性も、「みんなの目に入る場所に置いてほしくはありません」と語気を強める。

「ただの表現だからいいじゃん、ではないんです。間接的に誰かを傷つけるかもしれないと、知ってほしい」

コンビニでの成人誌販売中止をめぐっては、記事中でも引用したBuzzFeed? Japan記者が多くの批判を受けました。

ツイートは事実とかけ離れた内容であり、記者は社内で厳重な注意を受け、当該ツイートを削除し、お詫びしました。

BuzzFeed? Japanは報道において、事実に基づき、同時に「人権、女性の権利、反人種差別、LGBTの平等などの問題には、議論の余地はない」という編集・倫理ガイドラインに則って発信しています。

これまでも、女性の権利や性暴力、「#MeToo?」「#WeToo?」のムーブメントに関する記事を、キャンペーンを組むなど継続的に発信してきました。

BuzzFeed?は「人々の生活にポジティブなインパクトをもたらすこと」をミッションとしています。今回の件を受けて、社内での議論をより一層深め、これからも、社会の課題やその変化を報じていきます。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより