ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : <AV問題>第三者機関が報告会 HIV感染の対応策は (2018.11.16)

日時: 0212-12-13  表示:76回

毎日 2018/11/16(金) 23:00配信

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる被害を防ごうと、AV業界の要請を受けて設立された第三者機関「AV人権倫理機構」が16日、東京都内で会見を開き、この1年間の活動報告をした。今年2月に始まった、家族にAV出演が知られてしまったなどの理由で作品の配信停止を申請できる制度では、8割が配信停止などの措置がとられたことなどを発表。また、同機構が先月に発表した出演者のHIV感染については、感染が広がるのを防ぐための対応などについて、理事から提言があった。【中嶋真希】

 同機構は、「AV業界改革推進有識者委員会」として2017年4月に設立。出演強要を防ぐためにメーカーやプロダクションが守るべき新ルールを同年10月に発表し、ルールを守って制作した作品を「適正AV」と定めた。その後は「AV人権倫理機構」と名前を変え活動をしてきた。

 大きな変化の一つが、女優が作品の販売停止を申請できるようになったことだ。これまでAVは一度出演すれば引退後も作品が販売、配信され続けていたが、新ルールが適用され、女優が「5年で配信を止めてほしい」という意思表示をすれば、作品はその後販売・編集されなくなることになった。また、5年に満たなくても、強要や、結婚、就職などの理由があれば、作品の販売停止を申請できることになった。

 今年2月から10月末までに申請があったのは136件。うち102件がすでに配信停止などの措置がとられたと発表された。4件は人権倫理機構の傘下にないメーカーの作品だったため対応できなかった。また、停止されず、販売が継続されたのは5件。すでに裁判で和解している▽本人による申請であることを確認できなかった▽AVについて説明し、意思確認書にもサインされていたが、発売直後に販売停止の申請がされた−−といった理由が挙げられた。申請の理由は約3割が家族や友人などへの「顔バレ」で、強要が理由の申請は6件。強要が理由だったケースは、プロダクションへの聞き取りも実施したという。

 ◇配信停止費用をプロダクションに……

 同機構理事で桐蔭横浜大学の河合幹雄教授は、「インターネット上に配信され、サンプル動画を見れば誰かすぐわかってしまう『顔バレ』が大きな問題になっており、配信停止させるために強要被害の問題が起きたのではないか」と分析する。

 しかし、申請書にある「販売等停止を希望する理由」には、学校生活への支障のため▽婚約・結婚のため▽就職・転職のため▽社会からのバッシングへの不安のため−−などのチェック項目があるが、「強要」というチェック項目はない。「その他」にチェックし、記述しなければいけないというハードルの高さもある。

 また、理事で表現問題に詳しい山口貴士弁護士は、「販売停止制度で申請された8割の作品が消えている」と成果を評価しながらも、「メーカーが『消します』と言った後で、停止のための費用負担をプロダクションに持ちかける例もあると聞いている。特定の団体に負担が集中すれば、不祥事につながりかねない。今後の大きな課題だ」と指摘した。

 ◇出演者のHIV感染、対応は

 「本年9月、AV出演者に対する性感染症検査において、AV業界プロダクション所属の女優1名がHIVに感染していることが判明しました」−−。同機構が10月22日、ウェブサイトで発表すると、業界内に波紋を呼んだ。女優が感染したのは撮影時ではなかったことが分かっているが、発覚後も業界内に周知されることなく、撮影が続けられていたからだ。「業界全体で撮影をしばらくストップすべきだったのでは」という声もあがった。

 これについて山口理事は、「撮影をストップすることも、将来的には検討していく。一方で、ペナルティーを厳しくすればするほど正確な情報があがってこないというリスクもある。アメリカなどほかの国のことも参考にしていくべきでは」と提言。また、今後もHIVなどの性感染症が発覚すれば、「当事者のプライバシーを優先しつつも、情報公開していく」と話していた。

 ◇元女優の小室友里さん「女性の性に尊厳を持って」

 強要被害者の支援を行っているNPO法人「ライトハウス」の坂本新(あらた)事務局長は、「配信停止に関しては、よく動いてくれたと思う」と評価。ただ、「発売から間もない作品だとなかなか消えない。大手メーカーでちゃんと意思を確認しているからと配信停止にならなかったという例があったが、個々の例に柔軟に対応してほしい」と課題はある。「統一契約書がしっかり使われているかなど、よく確認してほしい。できることがあれば、ライトハウスも協力する」と話していた。

 元AV女優で、現在は「ラブヘルスカウンセラー」として性に関する啓発活動を行っている小室友里さんも報告会に出席。「AVは、人の本質に関わる『性』を題材に扱っている。それを撮る人たちが忘れてしまっているのではないか」と指摘。「女性の性に対して、もっと尊厳を持ってほしい。心の問題を抱えずに引退できる女優もいるが、そうでない女優も多い。業界内でケアできていない。また、『女の子がいいと言っているから』と、本番行為に頼っている部分も大きいのではないか。AVはエンターテインメントで、女優は、女優。本物のセックスを見せる必要もないのでは。いい時代に女優として出演していたからこそ、改善してほしいと願っている」と話した。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより