ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 

入力にエラーがあります。

  • IDが入力されていません
最新 << 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初

性犯罪 : 「殺すぞ」…ガス点検装い女子高生に乱暴 強姦容疑で消

日時: 2013-02-18  表示:1919回

2013年02月16日 産経新聞

 宮城県警大河原署は16日までに、ガス点検を装って住宅に侵入し、女子高校生に乱暴したとして、強姦と住居侵入の疑いで、宮城県大河原町金ケ瀬新町裏、消防士、****容疑者(30)を逮捕した。同署によると、**容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年8月4日午前9時ごろから同9時20分ごろまでの間、ガスの点検だと偽って、県南部の女子高校生宅に侵入し、「殺すぞ」と脅して女子高校生を乱暴した疑い。

 大河原署によると、現場に残されていた指紋と、**容疑者の指紋が一致、逮捕した。

 仙南消防本部によると、**容疑者は柴田消防署(同県柴田町)に勤務し、主に救急救命を担当。事件があった日は、午前8時半まで当直勤務をしていた。

性犯罪 : 知人女性連れ込み乱暴容疑 半グレ「強者」選手の少年逮

日時: 2013-02-18  表示:1998回

2013年01月28日 産経新聞

 知人女性に暴行したとして、大阪府警南署は28日、強姦の疑いで、アマチュア格闘技団体「強者(つわもの)」(大阪市浪速区)の所属選手でアルバイトの少年(19)を逮捕した。同署によると、「合意の上だった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月、大阪市中央区の繁華街の路上で偶然再会した20代の知人女性を近くのラブホテルに連れ込み、首を絞めて「ほんまにしばくぞ」と脅し、乱暴したとしている。女性が南署に被害届を提出していた。

 強者をめぐっては、大阪・ミナミの繁華街で「半グレ」と呼ばれる不良メンバーによる暴力事件が相次ぎ、主催するイベント会社が団体の解散を表明している。

性犯罪 : 前尾鷲市長に有罪判決 15歳少女にわいせつ、無罪主張 (

日時: 2013-02-18  表示:1971回

2013年02月18日 産経新聞

 経営する塾に通っていた15歳の少女にわいせつな行為をしたとして、愛知県青少年保護育成条例違反の罪に問われた前三重県尾鷲市長で会社役員、****被告(45)=名古屋市守山区=に、名古屋地裁(天野登喜治裁判官)は18日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。

 検察側は論告で「被害者の健全な育成を無視した卑劣な犯行で、精神的苦痛は相当に大きい」と指摘。弁護側は「全く事実無根で、被害者の供述の信用性には重大な疑念がある」などとして、一貫して無罪を主張していた。

 論告によると、**被告は2010年7月8日、愛知県春日井市の学習塾で、当時15歳の少女にわいせつな行為をしたとしている。

性犯罪 : 「胸触ったが、下半身は…」山形大生を再逮捕 (2013.02.15)

日時: 2013-02-16  表示:2053回

2013年02月15日 読売新聞

 山形県警山形署は14日、面識のない女性の体を無理やり触ったとして、山形市元木、山形大医学部4年阪本達容疑者(23)(公然わいせつ容疑で逮捕)を強制わいせつ容疑で再逮捕した。

 発表によると、**容疑者は昨年9月20日午後10時45分頃、同市上桜田の市道で、歩いていた20歳代の女性に後ろから抱きつき、洋服の上から胸や下半身を触った疑い。

*** **容疑者は調べに「胸は触ったが、下半身は触っていない」と供述しているという。

性犯罪 : 父親のような立場利用、養護施設でわいせつ行為 (2013.02.14)

日時: 2013-02-16  表示:1963回

2013年02月14日 読売新聞

 勤務していた児童養護施設の女子生徒(当時16歳)に自宅でわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕された栃木県岩舟町畳岡、無職****被告(26)(児童福祉法違反で起訴)が、県警の調べに対し、「同じ女子生徒に施設の中でも複数回、わいせつな行為をした」などと供述していることが13日、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は施設職員の立場を悪用して何度も女子生徒に関係を迫ったとみて調べている。

 捜査関係者によると、**被告は施設に勤務していた昨秋、複数回にわたって女子棟内の女子生徒の部屋でわいせつな行為をしたと供述している。**被告は女子棟寮長で、少女たちの父親のような立場だった。

 起訴状によると、**被告は昨年10月17日、女子生徒が18歳未満と知りながら、自身の自宅でみだらな行為をしたとされる。

性犯罪 : 顔ゆがめる学長、今年度12人検挙された国立大 (2013.02.06)

日時: 2013-02-16  表示:2003回

2013年02月06日 読売新聞

 山形大の学生が相次いで逮捕されている問題を受けて、同大の結城章夫学長は5日の記者会見で「いろいろな専門家がいるので、もう少し突っ込んで分析し、専門的なアドバイスをもらいながら、何かやれることはないかを考えていきたい」と述べ、青少年問題や若者気質などに詳しい学内の専門家らの意見を踏まえ、新たな再発防止策を検討する方針を示した。

 会見の冒頭、結城学長は「一部の学生の行為が、多くの卒業者や教職員が築き上げた山形大への信頼を一瞬にして揺るがす」と危機感を表明。その上で「世の中が少し変わってきている。我々が持っているイメージの学生と、実際の学生とはギャップがあると感じる」と漏らし、不祥事が止まらない現状に顔をゆがめた。

 同大では今年度、窃盗や公然わいせつなどの疑いで学生6人が逮捕されている。教職員や受託研究員を含めると、逮捕を含む検挙者は明らかになっているだけで12人に上る。再発防止策として、学部ごとに学生を集めた集会を開くなどして注意喚起をしてきたが、逮捕者が後を絶たない状況になっている。

性犯罪 : 懲戒免職:中学教諭、生徒と性的関係 都教委が処分 /東

日時: 2013-02-13  表示:1888回

2013年02月13日 毎日新聞

 都教委は12日、教え子の中学生と性的関係を持ったとして、島しょ部の中学校に勤務する男性教諭(26)を懲戒免職処分にした。

 都教委によると、教諭は昨年度まで勤めていた中学校に在籍する女子生徒と学校外で会い、キスをしたり、ホテルでわいせつ行為をするなどした。生徒が保護者に相談して発覚した。

 教諭は異動後もメールでこの生徒の相談に乗り、休日に会いに訪れていたといい、都教委の調査に事実を認め「申し訳ないことをした」と話しているという。【柳澤一男】

性犯罪 : 現場から:相次ぐ米軍兵士による犯罪 地位協定の運用では

日時: 2013-02-13  表示:2015回

2013年02月09日 毎日新聞

 ◇姿勢転換し、政府が抜本対策を

 住居侵入、痴漢、強制わいせつなど、米軍兵士による事件が県内で相次いでいる。今年に入ってすでに4人が逮捕・摘発された。沖縄県で昨年10月、米海軍兵2人による集団強姦(ごうかん)致傷事件が起きたことなどから、在日米軍司令部(東京都福生市)や米海軍は夜間外出禁止令など再発防止策を打ち出したが、その後も一連の禁止令に違反した米兵による事件が相次ぎ、効果は薄いと言わざるを得ない。事件を抑止する抜本的対策はとれないものか。7年前、横須賀市を震撼(しんかん)させ米海軍が外出・飲酒規制を敷くきっかけになった、米兵による強盗殺人事件の現場を被害者の遺族とともに歩き、問題の深淵(しんえん)を考えた。【田中義宏】
 ◇強盗殺人「公務中」否定

 横須賀市米が浜通1の雑居ビル前の路上で06年1月3日早朝、事件は起きた。通勤途中の派遣会社員、佐藤好重さん(当時56歳)が撲殺され、現金1万5000円を奪われるという凶悪なものだった。事件の4日後、元空母キティホーク乗組員のウィリアム・リー****(28)=無期懲役刑で服役中=が日米両国の合意に基づき米側から引き渡され、県警に逮捕された。

 06年6月の1審判決などによると、リース受刑者はバックをひったくられそうになり悲鳴を上げた佐藤さんの顔を約10分間、拳で殴り続け、さらにコンクリート壁で頭部を強打させ、顔や腹を踏みつけるなど暴行を加え続けた。佐藤さんは内臓破裂による失血で息絶えた。リース受刑者は犯行前、近くの通称「どぶ板通り」のバーでカクテルなどを飲み、金をほぼ使い果たしており、強盗目的で犯行に及んだとされる。

 1審判決の確定後、佐藤さんの内縁の夫、山崎正則さん(65)は日米地位協定に伴う民事特別法に基づき、国とリース受刑者を相手取り、総額約2億500万円の賠償請求を求めて提訴した。リース受刑者への請求は1審判決で確定したが、国の責任は1審、2審とも認められず、現在も最高裁で係争中だ。

 山崎さんは今月3日、支援者を伴って現場を訪問。犯行の一部を記録した防犯カメラの位置を示し、警察の現場検証写真などを手に雑居ビルの前で支援者に状況を説明した。犯行現場となった階段の踊り場の床は色が塗り替えられていたが、山崎さんは「ここを通るたびに無念さがこみ上げる。米軍の犯罪がなくならない今、事件を風化させたくない」と悔しさをにじませた。

 山崎さんは裁判で、在日米海軍の上司らが、深夜早朝の外出禁止や飲酒規制、飲食店立ち入り禁止、犯罪防止教育などをせず、監督義務違反があった▽犯行時は出勤途中で、佐藤さんに「ベース(基地)」と道を尋ねたことから「職務中」だった&#8722;&#8722;と主張した。同法第1条で、日本に駐留する米兵が職務中違法に与えた損害は、日本政府に賠償責任があると定めているためだ。

 加えて山崎さんは、米軍が以前から海兵隊員や海軍兵について、公務時間外の自由時間(リバティ)も軍事任務と同様と捉えて行動に対する指導指針を設け、外出を制限するためのリバティカード制度を導入していることなどを根拠に、公務時間外も上司に監督責任があったと主張した。しかし、1審、控訴審ともに「勤務時間外に行った行為」と退け、米軍の監督義務違反と国の賠償責任を否定した。

 地位協定上、米兵に賠償能力がなく米国が支払う見舞金が賠償額に満たない場合、差額を日本政府が代わりに支払うことになっている。しかし国は係争中を理由に、見舞金の差額査定を停止している。
 ◇米海軍の外出禁止、効果なく

 事件は米海軍にも大きな衝撃を与えた。当時、通常動力型の「キティホーク」の後継として原子力空母の配備を計画しており、地元・横須賀市の容認が不可欠だったからだ。

 当時のジェームズ・ケリー在日米海軍司令官は4日間の「反省期間」を設け、夜間外出禁止を命令。さらにその後も▽公共の場や基地内飲食店での深夜から早朝の飲酒禁止▽基地外での単独の飲酒を禁止する仲間同伴制度(バディ・システム)の導入&#8722;&#8722;などを実施した。

 さらに私服の水兵が基地周辺を巡回し、トラブルを起こしそうな同僚に帰宅を促したり、憲兵隊員によるパトロール地域を拡大するなどした。またどぶ板通り商店街の地元町内会などとの合同パトロールにも参加した。一連の対策は現在も継続している。

 だが、こうした再発防止策の効果もむなしく、08年3月には、同市汐入町で元イージス艦乗組員の脱走兵によるタクシー運転手強盗殺人事件が発生。ケリー司令官は再び夜間外出や飲酒禁止に対する規制を強化した上、軍人と家族・軍属全員を対象とした反暴力の教育や訓練を中心とする「CAREプログラム」を作成・導入した。

 だが山崎さんは、規制では犯罪がなくならないとの思いが強い。

 「国が言う『米軍との共存』『米軍が日本を守っている』の言葉を信じたが、妻は道を聞かれて教えただけなのに殴られて殺された。米兵がルールさえ守らず事件、事故を起こしても、国は米兵個人の問題として片付けてきた。米軍の事件を責任として受け止め、被害者を救済する措置をとらなければ、犯罪はなくならない」

 山崎さんの訴訟の原告代理人を務める中村晋輔弁護士は、日本政府の姿勢転換が必要と指摘する。

 「政府は犯罪が起きると米国に綱紀粛正と再発防止策を求めるが、米軍に甘い従来の姿勢を改めるべきだ。米軍が規制をかけても、規制の網がかかりにくい横浜市内や東京都内で平気で違反し、知らない間に規制がなくなっていたりする。地位協定の運用だけではもはや限界で、政府が軍人の行動を厳しくチェックすべきだ」

 繁華街の巡回、「良き隣人」「反暴力」の教育ももちろん大切だが、責任の所在を曖昧にする国の制度の改革が最も重要であり、早急な課題に思われてならない。

==============
 ◇県内で起きた米軍人による主な事件

 【11年】

  1月    厚木基地下士官を知人の日本人女性の娘にわいせつ行為容疑で逮捕。容疑不十分で不起訴も米軍の軍法会議が12年3月、禁錮6年と不名誉除隊の判決

  5月14日 横須賀基地の2等兵曹を横須賀市の会社事務所のドアガラスを割った容疑で逮捕

  7月 2日 駆逐艦乗組員の3等兵曹を横須賀市の飲食店でレジの鍵などを盗んだ容疑で逮捕

 【12年】

  7月17日 泥酔した横須賀基地の2等兵曹を横須賀市の路上でタクシーのボンネットをへこませた容疑で逮捕

  7月21日 厚木基地の2等兵曹を綾瀬市の自宅で女性に性的暴行し負傷させた容疑で書類送検=不起訴

  7月25日 横須賀海軍病院の軍人を横須賀市の路上で女性の背後から抱きつき口をふさいだ容疑で逮捕

 11月23日 空母ジョージ・ワシントン(GW)乗組員の3等兵曹を横浜市の漫画喫茶内で全裸で走り回った容疑で逮捕=不起訴

 【13年】

  1月 4日 GW乗組員の1等兵曹を横須賀市の路上で女性の下半身を触るなどした容疑で書類送検

  1月13日 第7艦隊潜水艦部隊の2等兵曹を横須賀市の民家に侵入した容疑で逮捕=不起訴

  1月21日 GW乗組員の1等水兵を横須賀市の民家敷地に入った容疑で逮捕=不起訴

   同日   GW乗組員の2等水兵を横浜市で警備員男性を殴り負傷させた容疑で逮捕=不起訴。2月1日に会社員女性への強制わいせつ容疑で再逮捕

 ※米軍人の階級は当時

性犯罪 : 強制わいせつ致傷:起訴の空自3曹懲戒免&#8722;&#8722;三

日時: 2013-02-13  表示:1872回

2013年02月09日 毎日新聞

 航空自衛隊三沢基地(三沢市)は8日、女性の尻を触り、県迷惑行為等防止条例違反容疑などで逮捕されたとして、同基地所属の角田和樹・3等空曹(28)を懲戒免職処分とした。3曹は、同罪や強制わいせつ致傷罪などで青森地裁に起訴されている。

 3曹は昨年10月1日午後、同市内の生活用品店で女性の尻を触ったほか、同年5月から9月までの間、計4回にわたり、女子高校生に抱きつくなどわいせつな行為をしたとされる。同基地の調査に対し、3曹は「欲望を抑えることができなかった」などと話しているという。

 同基地の城殿保司令は「一層の服務規律の強化に努めたい」との談話を出した。【神崎修一】

性犯罪 : 女児にキス 容疑の水泳インストラクター逮捕 (2013.02.07)

日時: 2013-02-12  表示:1861回

2013年02月07日 産経新聞

 山口県警岩国署は7日、小学生の女児に対する強制わいせつの疑いで、同県岩国市牛野谷町の水泳インストラクター、****容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は、6日午後、岩国市室の木町のスポーツクラブで、水泳を習いに来ていた同市の女児の頬に両手を添えキスした疑い。

 岩国署によると、容疑を認めている。施設内には当時、スイミングスクールの生徒やインストラクター数十人がいた。更衣室からプールに向かう通路で、女児と2人になった時に声を掛けたという。女児が帰宅後、両親に相談し発覚した。

最新 >> 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより