ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 

入力にエラーがあります。

  • IDが入力されていません
最新 << 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>  最初

国際 : 強姦被害で有罪判決の女性に一転して恩赦、帰国へ ドバ

日時: 2013-07-23  表示:2375回

CNN 2013.07.23 Tue posted at 10:32 JST

ドバイ(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで強姦(ごうかん)の被害に遭い、不法な性行為などの罪で禁固刑を言い渡されたノルウェー人女性が22日、一転して恩赦を与えられ、帰国する見通しとなった。

女性はマルテ・デボラ・ダレルブさん(24)。ドバイでの記者会見で安どの表情を見せ、事態の急展開にやや戸惑いながらも「素晴らしい気分です。できるだけ早く帰国したい」と語った。没収されていたパスポートは返却され、同日午後に出国ビザの申請手続きを済ませたという。

ノルウェー外務省の報道官によると、ドバイ首長を務めるUAEのムハンマド・ビン・ラシド・マクトム副大統領が「ダレルブさんは自由に出国できる。国外追放ではなく、希望すればドバイにとどまることも可能だ」と述べた。渡航の手続きは一両日中に完了するという。

ダレルブさんの弁護士によると、恩赦によって事実上、事件自体が白紙に戻る。ダレルブさんに有罪判決の前歴は残らず、同時に加害者とされる男性も自由の身になるとみられる。

ダレルブさんは同弁護士やドバイの司法当局トップ、ブジェルケ駐UAEノルウェー大使との会合で、思いがけず恩赦を告げられたという。

ブジェルケ大使は、両国間の良好な関係と意思疎通が功を奏したとの見方を示した。またノルウェー外務省報道官は、両国外相の「非常に建設的」な対話に加え、国際社会からの圧力と関心が良い結果につながったと述べた。

国際 : アダルトビデオを語る国際会議、台北で開催 (2013.05.19)

日時: 2013-06-27  表示:2332回

フォーカス台湾 2013/05/19 15:28

(台北 19日 中央社)台北市内で18日、婦女救援基金会の主催するアダルトビデオ鑑賞に関する座談会があり、オランダやオーストラリア、アメリカなどの専門家が暴力的な性行為とAVの影響などについて話し合った。

基金会ではこれに先立ちAV鑑賞についてのアンケート調査を行っており、19日付けの「自由時報」によると、台湾男性の21.8%が毎日AVを見ており、最も人気が高いのは日本と韓国の作品だったという。

アンケートは「AV鑑賞がパートナーとの関係に与える影響」「AV依存症の初期症状」の2点の解明を目的に行われ、鑑賞率の高い人ほど集団強姦やSMなど暴力的な内容を好む傾向があることを示していた。

座談会に出席した米ニューヨーク大の孫晴峰准教授が昨年行った調査では、台・米・英・独・伊・韓の6カ国のうち台湾は最もAV鑑賞率が高く、一方で性生活への満足度は非常に低かったといい、基金会ではAVの見すぎは不健全な異性観をもたらしDVや犯罪につながると警告している。

(編集:高野華恵)

国際 : 未成年への売春強要で起訴の少女3人、無罪を主張 カナダ (2

日時: 2013-04-14  表示:1955回

2013年04月09日 時事通信

【AFP=時事】カナダの首都オタワ(Ottawa)の裁判所で8日、少女たちに売春を強要していたとして、人身売買や児童ポルノ、脅迫など74件の罪に問われた少女3人の裁判が開かれ、被告らは無罪を主張した。

SNSが子どもに与える多大なる影響、米専門家が指摘

 警察当局は、15〜16歳の少女3人を昨年6月に逮捕。警察によると、3人は大人の助けを借りずに、オタワ市内の住宅街で売春組織を運営していたという。

 検察側は起訴状の中で、被害者の少女たちがソーシャルメディアを通じておびき出され、そのまま誘拐されて買春客のもとへ送り込まれていたと述べた。被害に遭った大半の少女は、米SNSフェイスブック(Faceb******被告らと「友達」になり、遊びに誘われた上で薬物の摂取を勧められたり強要されたりした後、売春行為をするように言われたとされ、拒否すると暴力や脅迫を受けたという。被害者の中には13歳の少女も含まれていたとされる。

 検察当局によると、ある少女は、叫び声を上げながら買春客の車に押し込まれ、逃亡したもののすぐに連れ戻された。別の被害少女は地下室で衣服を奪われ、ヌードで写真を撮影された。

 また最も幼い13歳の被害少女の母親は、娘を「お泊まり会」のために被告1人の自宅前まで車で連れて行ったが、翌日、自分の物ではないメイクやヒール、トレンチコートを身につけた少女が取り乱した状態で帰宅したという。

 検察側は、被告の1人が携帯電話で少女の写真を送り、同意した買春客の元にタクシーで少女らを連れて行っていたと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

国際 : 韓国で「児童ポルノ」所持に懲役刑など罰則強化へ (2013.04.0

日時: 2013-04-03  表示:2056回

2013年04月03日 TBSNews

 子どもをわいせつな写真や画像の被写体にする、いわゆる「児童ポルノ」の被害が問題になっていますが、韓国では営利目的ではない所持に対しても懲役刑を科すなど罰則が強化されることになりました。

 韓国で規制が強化されるのは、子どものわいせつな写真や画像など、いわゆる「児童ポルノ」に対する規制です。

 韓国では、営利目的に限らず自分の好奇心を満たす目的であっても、児童ポルノの所持が禁止されています。これまで、違反者には最高2000万ウォン、およそ166万円の罰金が科せられていましたが、6月からは新たに「1年以下の懲役刑」が罰則に加えられます。

 児童ポルノについては、特にインターネットを通じたやりとりが世界的に問題になっていて、韓国も例外ではありません。日本では自分の好奇心を満たす目的の「単純所持」については禁止されていませんが、自民、公明の両党は、こうした「単純所持」についても懲役や罰金を科す「児童ポルノ禁止法」の改正案を国会に提出する方針です。(02日20:59)

国際 : 経営する学校で次々レイプ? =作家行方くらます―印 (201

日時: 2013-04-03  表示:1906回

2013年04月02日 時事通信

 【ニューデリーAFP=時事】レイプ被害が後を絶たないインドで、慈善活動家としても知られた作家が、経営する学校で雇っていた調理係の女性5人から「レイプされた」と訴えられ、行方をくらましている。
 渦中の作家ラクスマン・マネ氏(63)は西部マハラシュトラ州の公用語マラティ語の作品で有名。同州サタラ在住で、輝かしい受賞歴と同時に、貧しい子供のための学校を経営する信託協会の理事長でもあった。
 しかし「3月25日に訴えられた後は逃亡中」(警察)で、被害女性によると「正社員にしてあげる」と約束しておびき出しては職員室、倉庫、学食、来客用宿泊施設で犯行を繰り返していた。 

国際 : フィリピン人女性の偽装結婚仲介 ブローカーに逮捕状 

日時: 2013-04-03  表示:1857回

2013年04月03日 産経新聞

 ■仕事も斡旋、海外に逃亡

 フィリピン人の女の偽装結婚を仲介したとして、警視庁組織犯罪対策1課が電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、会社役員の男(54)=東京都葛飾区=の逮捕状を取っていることが2日、捜査関係者への取材で分かった。男は2年半前にも同容疑で逮捕されており、昨年、海外に逃亡。組対1課は、男が全国のフィリピンパブから依頼を受け、偽装結婚させたフィリピン人を店に派遣していたとみており、男は偽装結婚相手の日本人男性だけでなく、働き先まで斡旋(あっせん)する大物ブローカーだったとみられる。

 捜査関係者によると、組対1課が昨年、偽装結婚をしていた都内のフィリピンパブの従業員の女を逮捕し、この男から日本人を結婚相手として紹介されていたことが発覚。海外に逃亡している男の逮捕状を取るとともに、共犯の疑いで埼玉県川口市の元建設会社経営、***容疑者(39)を逮捕した。同課は男の所在確認を急いでいる。

 男は平成22年11月にも同様の事件で、広島県警外事課に逮捕された。

 男が経営していた会社は外国籍の芸能人のマネジメントを手がけ、数年前まではインターネット上で、日本人男性がカメラ付きパソコンを通じ、フィリピン在住の同国人女性と会話するサイトを運営。このサイトで築いたフィリピン人の人脈を悪用し、偽装結婚を斡旋していた。

 男は、女たちの働き先を確保したうえで、偽装結婚を繰り返し仲介して、手数料を稼いでいたとみられる。

【用語解説】日本人配偶者と永住者

 外国人であっても、選挙権などを除き、ほぼ日本人と同様に活動できる身分としての在留資格。平成23年末時点で、永住者(在日韓国人などの特別永住者を除く)は59万人、日本人配偶者は18万人。身分には他に永住者の配偶者と中国残留孤児などに認められる定住者がある。日本人配偶者と永住者の配偶者、定住者は一定期間での更新が必要で、いずれも婚姻関係を3年以上続けるなどの条件を満たせば、永住者の資格が得られる。偽装結婚など資格取得の際に不正があった場合は取り消される。

国際 : 在韓米兵に禁酒措置 警官に暴行など犯罪相次ぎ (2013.03.18)

日時: 2013-03-22  表示:1920回

2013年03月18日 産経新聞

 韓国で在韓米軍兵士が警察官を暴行するなどの犯罪が相次ぎ、韓国駐留の米陸軍第8軍は18日、犯罪に関わった兵士の部隊に対し飲酒禁止や外泊制限などの緊急措置を取ったと発表した。事件を起こした米兵らの除隊処分も検討するとした上で、再発防止に努めると表明した。

 韓国では2日、ソウル中心部で米兵が市民にBB弾を乱射して逃走し、追いかけた警察官を車ではねる事件が発生。15日にはソウル近郊のエレベーター内で、米兵が女性の手をつかんで携帯電話でわいせつな動画を見せつける事件が起きた。

 さらに17日、ソウル市内の居酒屋で米兵が暴れて物を壊し、駆け付けた警察官の顔を殴るなどして拘束された。

 韓国外交通商省は17日、米国大使館関係者を呼び出し、相次ぐ米兵の犯罪に懸念を表明。犯罪根絶対策を講じるよう要請していた。(共同)

国際 : またインド!英国人女性、レイプ恐れ飛び降り負傷 (2013.03.2

日時: 2013-03-21  表示:1881回

2013年03月21日 スポーツ報知

 インドで外国人女性を狙った強姦(ごうかん)事件が多発している。現地の警察当局は19日、世界遺産のタージマハルがある北部アグラのホテルで、わいせつ目的で宿泊客の英国人女性(25)の部屋に侵入しようとしたとして、ホテル所有者を強姦未遂容疑で逮捕した。同国メディアが伝えた。

 性的暴行を恐れた女性は自室の3階のベランダから飛び降り、足を負傷した。インドで外国人女性を狙った性的暴行事件は10日間で3件目。

 午前3時ごろ、ホテル所有者が女性の部屋をノックし、「無料でマッサージをする」と持ち掛けた。女性は拒否していたが、約2時間後、いら立った女性がドアを開けたところ、所有者は強引に部屋に入ろうとしてきたという。女性はベランダから飛び降りた後、警察に通報した。

 このホテルでは、日本人の女性観光客が従業員によるわいせつ事件に巻き込まれたこともある。タージマハル遺跡から車で5分と近く部屋数は25。遺跡周辺では、最も利用客の多いホテルとして知られていた。

 インドでは性犯罪が社会問題化。15日には、中部マディヤプラデシュ州で夫と自転車で旅行中に野宿していたスイス人女性(39)が集団レイプされる事件があった。

 外務省によると、犯罪の中でも性的暴行事件は高い水準で発生。過去には、日本人旅行者が複数のインド人に性的暴行を受けた上、現金などを奪われた事件もある。また、今回事件のあったアグラ、中部のジャイプール、西部のゴアでは、宝石・じゅうたん売りつけ詐欺が多発。ほかには、睡眠薬強盗、結婚詐欺なども多い。

 ◆インドで発生した主な性犯罪事件
 ▼集団暴行 昨年12月16日、ニューデリーで路線バスを装ったバスに乗ったカップルが車内で男の集団に暴行される。女性(23)は性的暴行も受け、容疑者6人を逮捕。この事件をきっかけに大規模デモが発生した。主犯格はその後、拘置所内で自殺。
 ▼警察、結婚促す 同28日、北部パンジャブ州で男2人から性的暴行を受けた少女(17)が警察官に相談した際、容疑者との結婚を促され、少女はその後、自殺。
 ▼3姉妹標的 13年2月20日、西部マハラシュトラ州で6〜11歳の姉妹3人がレイプ、殺害され井戸に遺棄された。警察当局は複数の男を拘束。

国際 : Iraqi prisons leave women doubly vulnerable (2013.03.15)

日時: 2013-03-16  表示:1927回

2013年03月15日 the Guardian

Wives of suspects are held as \'hostages\', while others are jailed over family grudges or on specious charges to extract bribes

Peter Beaumont in Baghdad
guardian.co.uk, Friday 15 March 2013 19.17 GMT

Sabah Hassan Hussein is still not certain which powerful person or interest she offended. An Iraqi journalist and human rights activist, she says she had been investigating the serious abuse of female prisoners in Tikrit. Although she had not published her allegations she did raise them with Iraqi ministries.

Last year, in events she believes may be connected, Hussein found herself incarcerated in the same jail and suffering similar abuse to the other women.

Tricked into visiting an army barracks in Baghdad, she was arrested and transferred to Tikrit on a trumped-up charge involving the murder of the brother of an Iraqi MP and one of her colleagues who had been kidnapped and killed.

The 12-month ordeal that followed, by her account, involved physical and psychological abuse, and included sexual assault.

She says she finally cracked when she was told her 20-year-old daughter, who was brought to speak to her in Tikrit, would be raped if she did not \"confess\".

At one point a judge accused Hussein of a completely different crime &#8211; of delivering suicide vests for an attack on a government building, a capital offence.

Hussein, who leaves her hair uncovered, smokes cigarettes and wears trousers, is still incredulous. \"I said to the final judge I saw in Baghdad, look at me. Do I look like someone from al-Qaida?\"

Her case is not unique in a country where both physical and procedural mistreatment of prisoners is commonplace.

Women, however, are doubly vulnerable. According to international and local human rights organisations, women have been detained without charge as \"hostages\" to persuade husbands wanted in serious crimes to surrender.

In other cases women have fallen victim to grudges launched by vengeful family members, including husbands. There have been allegations of rape, violence and other serious assaults.

Vivian al-Tai is one of those who claims she was jailed because of a marital dispute. Her husband lodged a complaint after she sought a divorce because of allegations of domestic violence. He accused her of kidnapping him and forcing him to marry her, according to her aunt, Lubna Ismail. He is thought to be willing to drop the case if his wife withdraws charges of assault and her claim for alimony.

There is a final category of female prisoners: those who are arrested and in effect held hostage to force male relatives suspected of terrorism to give themselves up.

This tactic has become one of the complaints of Sunni protesters in the country\'s northern and western provinces.

Even then the real reasons for holding the women can be specious. Three months ago Human Rights Watch reported claims of families saying security officers and judges had collaborated to keep women detained on \"suspicion of terrorism\" charges, then demanded bribes to secure their release.

In the same report HRW gave details of one of the most notorious recent cases. In November federal police raided 11 homes in the town of al-Taji, north of Baghdad, and detained 41 people, including 29 children, overnight in their homes.

The report stated: \"Sources close to the detainees, who requested anonymity, said police took 12 women and girls, ages 11 to 60, to 6th brigade headquarters and held them there for four days without charge.

\"The sources said the police beat the women and tortured them with electric shocks, and plastic bags placed over their heads until they began to suffocate.\"

Those claims appear consistent with allegations made in September to representatives of the Iraqi government\'s human rights ministry and to the Hummurabi Human Rights Organisation, an Iraqi NGO, during a visit to women\'s prison 42 in Baghdad\'s Al-Resafa district. In this jail female inmates reported that they had suffered torture and sexual abuse.

In Iraq\'s parliament Atab Jasim Nasif al-Duri, a female MP, raised the issue of the security forces\' practice of detaining the wives or other female relatives of wanted suspects.

A week later, according to a report by Amnesty International, the head of the parliamentary human rights committee expressed concern that female detainees were liable to harassment and abuse when put in the custody of solely male guards while being moved between detention facilities.

While that led to the Iraqi prime minister, Nouri al-Maliki, issuing pardons in January for a few female detainees, human rights activists believe hundreds more women remain in detention.

Mohammed Hassan al-Salami, of the National Assembly for the Defence of Human Rights, argues that Iraq\'s draconian anti-terrorism legislation has created a culture of impunity in the country\'s judicial, policing and judicial system, which has made life easy for unscrupulous individuals who are motivated by either corruption or by sectarian antipathy.

The legislation includes the 2005 article 4 which, critics argue, in effect holds other family members culpable for the crimes of those accused of terror.

Salami said: \"One of the issues is the power given to security forces to do what they want to defeat terrorism, which is then used for personal advantage. The rule in these places where women are being detained is that these officers are above ordinary citizens.

\"Sadly many people who are victims of abuse are afraid to speak out in public because they are afraid they will be paid back.

\"Some of these women are victims of personal vendettas. Someone hates them and uses the system against them. In these cases we see fake cases and fake warrants. In other cases it is because of political views, designed to shut them up.\"

Hussein was released last month with all charges dropped. But her ordeal is not over. She doesn\'t go out much and is too afraid to return to work.

国際 : Panel criticises US military on sex assault (2013.03.14)

日時: 2013-03-14  表示:1818回

2013年03月14日 Aljazeera

Legislators at Senate hearing on military sexual harassment question justice system which favours perpetrators.

US legislators have expressed outrage over the military justice system\'s failure to deal effectively with rape and sexual assault crimes, saying a system that had about 19,000 cases a year but only brought 240 to trial was not working.

Legislators also challenged military legal experts who told a Senate hearing on Wednesday that commanding generals should have the final say over verdicts by military juries, including the ability to throw out convictions and sentences, because it helped them to maintain order and discipline.

\"I don\'t know how you can say that having 19,000 sexual assaults and rapes a year is discipline and order,\" Senator Kirsten Gillibrand, who chaired the Senate panel, said. \"It is the exact opposite of discipline and order.\"

The day-long hearing on sexual assault in the military followed a spate of high-profile incidents that have highlighted the issue, including a scandal at Lackland Air Force Base in Texas in which 59 recruits were assaulted by drill instructors.

In another case at Aviano Air Base in Italy where Lieutenant Colonel James Wilkerson had his sexual assault conviction overturned by a top commander who threw out his one-year prison sentence and dismissal from the Air Force and returned him to duty.

Survivors told the panel of senators that the US military justice system is broken and rife with instances of impunity for sexual crimes.

\'Daily discrimination\'

Retired Marine Corps Captain Anu Bhagwati, who founded the Service Women\'s Action Network, told the panel she experienced daily discrimination and sexual harassment during her time in the service and ultimately was forced out when she lodged a complaint against an offending officer.

\"I witnessed reports of rape, sexual assault and sexual harassment swept under the rug by a handful of field grade officers,\" she said.

\"Perpetrators were promoted, were transferred to other units without punishment, while victims were accused of lying or exaggerating their claims.\"

She noted that sexual assault crimes affected both men and women in the service and the Pentagon estimated there were 19,300 sexual assaults in 2010, with 8,600 of the victims being female and 10,700 being male.

Senator Richard Blumenthal urged a group of top Pentagon lawyers who also appeared before the panel to consider the
problem with the same sense of urgency as that given to defeating improvised explosive devices in Afghanistan and Iraq.

\"This problem is the equivalent of an IED in every unit of the armed forces. It is the equivalent of an immensely destructive force, which the Aviano case has brought to the public\'s attention in a very dramatic way,\" he said.

\"This issue really demands immediate action. And not just tinkering around the edges,\" Blumenthal said.

Chuck Hagel, the defence secretary, has directed the Pentagon\'s top lawyer this week to look into issues in the Aviano case and whether the convening authority should have the power to overturn jury verdicts before an appeals process even begins.

最新 >> 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより