ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

支援 : 性暴力の相談窓口 病院に設置

日時: 2016-01-09  表示:2617回

NHK 2016年01月05日 12時32分

性犯罪被害の相談や医療処置などの支援を1か所で対応する窓口が名古屋市の病院に設置され、5日から受け付けを始めました。
窓口が設置されたのは名古屋市昭和区の名古屋第二赤十字病院です。
専門の女性の看護師と相談員が24時間待機し、電話相談のほか、被害者のけがの治療や緊急避妊、精神科医による心のケアなどの医療処置を円滑に受けられるようにします。
性犯罪は警察でも相談を受け付けていますが加害者が親族や知人の場合など被害者が通報をためらうケースも多いため、医療機関に窓口を置くことで相談を受けやすくするねらいがあるということです。
東海3県で病院に性暴力の相談窓口が設置されるのは愛知県一宮市の医療法人に続き2か所目だということです。
名古屋第二赤十字病院の片岡笑美子看護部長は「まず被害者の体が大事なので病院で治療を行い、支援団体や司法機関への相談につなげていきたい」と話していました。
相談窓口の電話番号は(052)835−0753で、5日から7日までは午前9時から午後5時まで、1月8日からは24時間・年中無休で受け付けられます。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより