ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : 52歳女性が刺され死亡 逮捕男、娘にストーカー行為などトラブル (2015.07.31)

日時: 2015-07-31  表示:3108回

フジテレビ系(FNN) 7月30日(木)19時38分配信

 同じアパートの男に襲われ、52歳の女性が死亡した事件で、男は、この女性の21歳の娘にストーカー行為を繰り返すなど、度々トラブルを起こしていた。
 近所の人は「特に若い人に興味があるみたい。娘さんがターゲットだった」と話した。
 63歳も年下の女性に、つきまとい行為を繰り返していた84歳の男が、最悪の事態を引き起こした。
 事件が起きたのは、29日午後4時半すぎ。現場は、長崎市内のアパートだった。1階に住むXXXXさん(52)が、実家に戻っていた21歳の娘と2人でいたところ、突然、男が刃物のようなものを持って部屋に侵入してきた。
 XXさんの娘は「いきなり男が侵入してきて刺した」と話した。
そして、男は、XXさんの胸のあたりを刺し、娘は外に逃げ、助けを求めた。通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、XXさんは、部屋の中で胸から血を流して死亡していた。そして警察は、アパートの2階に住むXXXXX容疑者(84)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。
  XX容疑者について、近所の人は「お酒飲むと、気性が荒くなる。(アパートの前で)火を使っていろいろ燃やして、警察に補導されたこともある」と話した。近所で、度々トラブルを起こしていたXX容疑者。XXさん親子も標的になっていた。
 近所の人は「(以前)娘さんが1人でいた時、(XX容疑者が)『いきなり入り込んできて、卑わいなことを言って怖かった』と」と話した。
 2014年2月、XX容疑者はXXさんの娘に卑わいな言葉をかけたとして書類送検され、起訴猶予処分となっていた。ところが、その後も娘に、つきまとい行為を繰り返していたという。
 相談を受けていた人は「娘さんにストーカーみたいなことして困ると(聞いた)。娘さんがターゲットだった。(XXさんの)家の中入ったり、お金をやるから来なさいとか」と話した。
 それだけではなく、7月中旬には、XXさんの自宅のドアをたたくなどして警察から厳重注意を受けたXX容疑者。
 近所の人は「お母さんにつきまとう感じだった。わたしたちとしては、どっちに興味があったかハッキリわからない」と話した。
 そして、29日に事件は起きた。同じアパートの住民は、「(娘さんは)『お母さんから助けてもらった』と。(XXさんは)風呂場で刺されたみたい」、「母子家庭で(娘さんを)育ててこられた」などと話した。
 事件当時、XXさんは、自宅の玄関に鍵をかけていなかった。調べに対して、XX容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認していて、警察は、殺人容疑に切り替えて捜査している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより