ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 犯罪被害者を支援 相模原市が相談窓口 (4897.03.17)

日時: 4941-09-25  表示:3299回

カナロコ by 神奈川新聞 3月17日(火)7時2分配信

 犯罪被害者を支援しようと、相模原市は16日、市役所内に「犯罪被害者等相談窓口」を開設した。今までも、市民相談、DV相談など個別の窓口はあったが、どこに相談すればいいか分からない人に対して、総合的な内容を受ける「身近な窓口」として新設した。

 対象者は、傷害、強盗といった犯罪や交通事故などにより、心身に被害を受けた市内在住者や、その家族。

 市生活安全課職員らが電話で相談を受け、警察や消費生活センターなど、内容に応じた支援窓口につなぐ。電話相談だけでなく、必要であれば面談も行う。

 同課は「精神、身体的に苦痛を受けて混乱している中で、困っている人に窓口を使ってもらえれば」と話している。

 相談受付時間は、平日午前8時半から午後5時まで。電話042(769)8229。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより