ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 「中高生ら15人引き連れ全国で売春」4人逮捕 (2014.03.06)

日時: 2014-03-06  表示:3081回

読売新聞 2014年03月06日11時55分

 女子中学生に売春をさせたとして、兵庫県警長田署などが、神戸市須磨区の無職XXXX被告(21)ら4人を児童福祉法違反(淫行させる行為)や児童買春・児童ポルノ禁止法違反(周旋)などの疑いで逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。

 4人は「約15人の中高生らを引き連れて全国を回り、売春させていた」と供述。スマートフォンの無料通話アプリを使って客を集めていたという。

 捜査関係者によると他に逮捕されたのは、名古屋市中区の飲食店店員XXXX容疑者(22)、神戸市灘区の会社員長谷川洋被告(22)、尼崎市の無職少年(18)で、4人は知人同士だった。

 4人は昨年9月末、岡山市北区のホテルで、中学2年の女子生徒を広島県福山市の男(42)に2回引き合わせ、計5万5000円で売春させた疑い。いずれも容疑を認めているという。

 4人は昨年3〜11月頃、キャバクラでスカウトしたり、家出中の少女を友人に紹介してもらったりして13〜20歳代前半の約15人を集め、うち約10人が18歳未満の中学生や高校生らだった。

 4人は数人ずつを連れ、広島、岡山を中心に名古屋、神戸、福岡など7都市を移動し、ビジネスホテルの複数の部屋を数日間借り切って宿泊。スマホの出会い系掲示板に少女らの写真と無料通話アプリ「LINE(ライン)」や「カカオトーク」のIDを掲載し、客を募っていたという。

 家出中の少女の家族から相談を受けた長田署が少女を見つけ、4人の関与が発覚した。中屋被告は調べに「大阪など大都会の風俗業界は競争が激しく、地方都市を回った」と供述。売り上げは少女らと折半し、遊興費などに使ったという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより