ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 懲戒の警官・職員193人…セクハラ増加31人 (2013.07.25)

日時: 2013-07-25  表示:3084回

読売新聞 7月25日(木)14時20分配信

 警察庁は25日、全国の警察で今年1〜6月、懲戒処分を受けた警察官、職員は193人だったと発表した。

 前年同期と比べ12人減ったが、過去10年で見ると3番目に多く、同庁は「依然として高い水準で、防止策を徹底したい」としている。

 処分で最も重い懲戒免職は、前年同期より15人少ない16人。逮捕者は45人で6人減った。処分理由では「異性関係」が61人で最も多く、窃盗などが29人、公文書偽造などが24人だった。

 「異性関係」のうちセクハラが原因だったのは31人で、前年同期から18人増えた。女性警察官の体に触ったり、不快にさせる性的な発言をしたりするケースがあったという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより