ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

非実在 : NintendoのゲームDead or Aliveがポルノとして社会問題化 (2011.06.02)

日時: 2011-06-11  表示:2949回

Nintendoの Dead or Alive という新ゲームがオーストラリアでPGレーティングで先月末発売された。

このゲームはアニメの3人の女性戦士が戦うシリーズもので、胸が大きく、プレーヤーがスカートの中をのぞき、写真を撮ったりできる内容だ。ノルウェー、デンマーク、スウェーデンでは、3人の年齢が18歳未満として描かれているため、ポルノものとされて発売に至らなかった。

しかし、今回、豪、N.Z向けにはNintendoは年齢を“年齢なし”と記載し、PG規定ものとして発売に至った。“規定の年齢以外”ではなくNo age=“年齢なし”としていることが特徴だ。

豪では、MA15+ (子どもに見せるのははばかれるが、それでも何歳でも視聴可) の規定がつくもの以外のものは、発売されていない。
メディアでのこのゲームについての報告を受け、内務省ではこのゲームに関して憂慮しており、現在Nintendoに詳細を問合せ中である。

豪では、現在、R18+の新しい法規制を設けるかの議論が進められる兆しがあるが、もしこの法が設けられた場合、ヌード、言語、ドラッグなどのコンテンツに対して、大幅に規定がゆるくなる。新しい法が認められるには、全ての州と地域が賛成することが条件である。

Yahoo!7 トップニュース (翻訳:APPメンバーより)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより