ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 1   2   3   4   5   6   7   8   >> 最初

セクハラ : 県立医大の医学部教授を解雇 女子医大生にセクハラ(和

日時: 2007-12-08  表示:4911回

2007年12月5日16時58分配信 紀伊民報

 県立医科大学(和歌山市)は4日、女子医大生の体を触るセクハラ行為をしたとして、大学医学部の男性教授(43)=和歌山市在住=を懲戒解雇にしたと発表した。
 大学によると、教授は5月中旬の夜間、女子医大生を自宅に誘い、女子医大生が嫌がっているのにもかかわらず、体を数時間にわたり執拗(しつよう)に触ったという。
 女子医大生は9月、別の教員に「セクシュアルハラスメントを受けた」と相談。大学の事情聴取で教授が接触行為をした事実を認めたという。
 大学によると、女子医大生は入学当初から、教授が専門にしていた免疫学に興味を持ち、教授の研究室を訪れていたという。
 医学部の****部長は「大学は学問の場であり、教員と学生の信頼が必要。その信頼を失墜させた」と述べた。

セクハラ : <和歌山県立医大>43歳男性教授をセクハラで懲戒免職

日時: 2007-12-04  表示:5200回

2007年12月4日20時50分配信 毎日新聞

 男性教授(43)が女子学生の体を触ったなどとして、和歌山県立医大(和歌山市)は4日、この教授を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 大学によると、教授は5月中旬、自分の専門分野に興味を持っていた女子学生を自宅に呼び、拒否したにもかかわらず長時間、体に触った。女子学生が9月、大学側に訴えて発覚。内部調査に対し教授は「不適切な行為だった」と認め、9月から自宅研修扱いとなっていた。

 宮下****部長は「学問の場での信頼関係を失墜させた。二度と起きないようにしたい」と述べた。【辻加奈子】

セクハラ : <FIFA会長>「女子は女性らしい格好で…」発言で総

日時: 2007-05-04  表示:5761回

[共同通信](2004年1月17日)

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が、サッカー女子の関心を高めるため、選手は「より女性らしいユニホームを着るべきだ」と発言し、有力選手らから総すかんを食っている。
 AP通信によると、ブラッター会長はこのほど、スイス紙上で「女子のサッカーは男子とは別のスポンサーが必要で、衣料、化粧品会社をひきつけねばならない。そのためには、もっとタイトなショーツをはくとか……。最近はかわいい子もサッカーをするようになったのだから」などと話した。
 このセクハラもどきの意見に対し、一斉に批判の声が上がった。欧州各国の有力女子選手は「典型的なオヤジ発言」「ホットパンツでプレーしろと言うのか?」と反発。ノルウェーの女子代表は「モデルのような女の子を見たいなら、プレイボーイ誌を買えばいい」「ビキニを着たいのなら、ビーチバレーでやっている」とカンカンだ。
 イングランドのクラブ、フラム女子部の監督は「女子サッカーの観衆は選手の容姿ではなく、その能力を見に来るのだ」と、サッカー界首脳の認識不足を批判した。

セクハラ : 免職元教授の請求棄却 広島市立大のセクハラ訴訟

日時: 2007-05-04  表示:5608回

共同通信(2004年1月29日)

 女子留学生にセクハラ(性的嫌がらせ)をしたとして、懲戒免職処分になった広島市立大国際学部の***(66)が、セクハラは事実無根で不当に講義する権利を奪われたなどとして、広島市と当時の***部長ら教授3人に計3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、広島地裁の橋本良成裁判長は29日、原告の請求を棄却した。
 訴状によると、大学は評議会や国際学部教授会で、懲戒処分などの結論が出る前に、セクハラ疑惑を理由に元教授の講義を差し止め、教授権を奪った。***部長らは、学長選をめぐり元教授に対抗意識を抱き、排斥を画策したという。
 広島市側は「講義差し止めは適法、妥当で過失はない」としている。
 元教授は処分の取り消しを求めた訴訟を起こしたが、広島地裁が昨年12月訴えを棄却した。

セクハラ : 教授をセクハラで懲戒免職 卒業研究の指導中 京都工繊

日時: 2007-05-04  表示:6638回

[京都](2004年1月30日)

 京都工芸繊維大は29日、女子学生に性的いやがらせ(セクシュアルハラスメント)行為をしたとして、工芸学部の男性教授を同日付で懲戒免職処分にした、と発表した。

 大学の説明によると、教授は1999年1月、卒業研究の指導をしていた女子学生に、学外で「悪質なセクハラ行為を働いた」という。被害者が大学の相談窓口に申し立て、2000年1月から学内の懲戒審査委員会などが調査した結果、セクハラの事実が認められたため処分を決めた。調査期間中、大学は教授を授業や学生の指導からはずし、研究に専念させていた。

 記者会見した平山鋭副学長は「教授がセクハラを否定したため、被害者と教授の双方から事情を聴取するのに時間がかかった。教授の名前など詳細は、被害者のプライバシーと加害者の人権、名誉に配慮するため話せない」と説明した。

 また、木村光佑学長は「大学人にあるまじき行為で極めて遺憾。被害者と社会に深くおわびする」とのコメントを発表した。

 工繊大では2000年に、助教授が児童買春禁止法違反の疑いで逮捕され懲戒免職処分になったほか、教授が女子学生へのセクハラで減給処分になるなど、計3件の懲戒処分があった。

セクハラ : 広島市立大セクハラ訴訟 元教授の訴え棄却 「処分手続

日時: 2007-05-04  表示:6504回

[毎日](2004年1月30日)

 事実無根のセクシュアル・ハラスメントで懲戒免職にされたとして、広島市立大国際学部の***(66)が、広島市と同大学長らに慰謝料計3300万円の支払いを求めた訴訟の判決が29日、広島地裁であり、橋本良成裁判長は元教授の訴えを棄却した。

 判決によると、元教授は98年6?7月、自宅に寄宿させていた中国人女子留学生の体を触るなどしたとして、01年3月、懲戒免職処分を受けた。 橋本裁判長はセクハラ疑惑について、「留学生の供述は具体的でなく、セクハラがあったかどうか疑わしい」としたが、「処分の手続きは行為の有無とは別問題で、違法性はなかった」とした。元教授が懲戒処分の取り消しを求めた訴訟の判決(昨年12月)では、「留学生の供述の信用性は極めて高い」とされ、両判決で異なる事実認定となった。

 元教授は、即日控訴した。 【遠藤孝康】

セクハラ : 地裁の執行官が女性職員にセクハラ行為 懲戒免職に/奈

日時: 2007-05-04  表示:7024回

奈良地裁の50代の男性執行官が、裁判所内などで女性職員にセクハラ行為を行ったとして今月23日付で懲戒免職になっていたことが分かった。
 地裁総務課によると、執行官は昨夏ごろから、所内などで女性の体を触るなどの行為を数回行った。女性が昨年12月、同地裁に被害を申告し、執行官も認めたという。
 若林諒・同地裁所長は「誠に申し訳ない。指導を徹底し、不祥事が再発しないよう努めたい」とした。 【野村和史】

最新 >> 1   2   3   4   5   6   7   8   >> 最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより