ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   >>  最初

ポルノ被害 : 女子大生を騙し強制的にAV出演 性を売る文化が発達する日

日時: 2015-07-30  表示:3169回

ウートピ 2015.07.30

「日本で人身取引が行われている」――こう聞いて意外に思う人は多いかもしれない。多くの日本人にとって「人身取引」(※)という言葉は耳慣れないものであり、どこか遠い国で行われている犯罪を想像する人が多いだろう。しかし、「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」の推定によれば、若年女性や子どもの強制的なポルノ出演や売春などの性的搾取被害を受けている若年女性や子どもはおよそ5万4,000人。実態の深刻さを訴え、警察による被害実態の把握を求めている。

日本国内での人身取引被害者とは、どのような人たちなのか。また、どのように救うことができるのか。「ライトハウス」代表の藤原志帆子さん、広報・アドボカシーマネージャーの瀬川愛葵さんにお話を聞いた。

(※)人身取引とは……「現在の奴隷制」とも言われる。1980年代から世界各地で急増し、目的はさまざまで、強制的な労働、臓器摘出、性的搾取、養子斡旋など。日本における人身取引は売春問題と密接に関連していることが指摘されている。
日本で唯一、人身取引を専門とする窓口

――まず、活動を始めたきっかけを教えてください。

藤原志帆子さん(以下、藤原):きっかけはいくつかあるのですが、アメリカの大学で学んでいた頃の経験が大きいです。日本からの社会人留学生が、「アメリカって日本みたいに風俗店がない。探したら他のアジア系の女性がいるところしかなかったよ」と堂々と文句を言っていて、びっくりしました。彼は政府に勤めている真面目そうな人でしたし。また、問題意識を共有すると、タイから留学生している友人は「タイには、日本人やドイツ人がたくさん小さな子どもを買春するために来ている」とも打ち明けてくれて、自分がそれまでその事実を知らなかったことを恥ずかしいと思いました。

卒業するまでにいろいろなボランティアをしていたのですが、その中で人身取引や性的搾取に関する問題を考えるNPOポラリスプロジェクト(現:ポラリス)の取り組みを知って、インターンとして活動に参加しました。10か月後に職員となり、2004年に日本でポラリスプロジェクトジャパンを起ち上げました(その後、2014年にライトハウスに改名)。

瀬川愛葵さん(以下、瀬川):私もアメリカの大学に入って、そこで日本の人身取引について知りました。この問題を解決したいと思って調べたら、ライトハウスは日本で唯一、人身取引被害者を専門とする相談窓口を運営する団体でした。去年の春からインターンをして、その後スタッフになったんです。

藤原:アメリカで活動していた頃、たとえばポラリスや他のNPO団体が議員やメディアを巻き込んで政策を変えていくのを見ていたので、同じことを日本でもやっていきたいと漠然とビジョンを描いていたけれども、そんな簡単なものではありませんでした。やっと活動が広がりはじめたのもここ1〜2年です。
売春を強要される女性たち

――日本での活動が難しかったというのは、どういうことでしょうか?

藤原:もともとアメリカではこの問題に対する理解が早いですし、問題への反応も大きいです。奴隷制度という悲しい歴史があって、今もそれが色濃く残っているので、「現代の奴隷制」と言われる人身取引に対して行動しなければと考える人が多いと考えます。また、キリスト教徒の方も多い国なので、売春をさせられている子どもがいるという事実について世論が盛り上がりやすいですね。

日本は、アメリカよりも性を売る文化、性産業が発達していて(※)、性の売買に関して大らかと言われています。強制的に働かされている被害者がいると訴えても、「好きでやっている人だけでしょ?」「日本ではそんなことはない」という意識が強いのではないでしょうか。また、私たちが解決したい人身取引は性にまつわる話です。日本人は性の売買についてはおおらかである一方で、本当の性に関する情報や性教育はタブー視しがちです。メディアに取り上げてもらうのに苦労したこともありました。

(※)「日本人のHIV/STD関連知識、性行動、性意識についての全国調査」(京都大学大学院医学研究科国際保健学/厚生省HIV感染症の疫学研究班行動科学Iグループ/1999年)では、「日本人男性の買春率(>10%)は欧米諸国(数%程度)に比して著しく高いことが明らかになった」と指摘されている。

――日本での活動を始められた2004年頃と現在とで、状況は変わっていますか?

藤原:ライトハウスが出会う人身取引の被害者はすごく変わってきました。米国務省は、毎年発表している人身取引年次報告書で、日本の人身取引の実態について「被害者の目的・供給・通過国になっている」と批判しています。日本での活動を始めて最初に出会ったのはフィリピンからの女性でした。興行ビザ、別名芸能ビザと言われる悪名高いビザで入国する外国人女性が一番増えてきたのがこのころです。被害に遭う女性たちは、パブなどで働かされて、売春を強要されていました。

最近の傾向では日本人も被害に遭うことが多く、加害者の傾向も変わってきていると思います。これは警察の統計からも同じことが見えてきています。

――加害者の傾向が変わってきているというのは?

藤原:タイやフィリピンの人が日本で被害に遭う場合、加害者も外国人という場合が多かったと思います。もしくは、外国籍の女性と結婚して夫婦でブローカーをしている日本人だったり。

それが今、日本人の女性を被害に陥れているのは、悪質なホストやスカウト、表立ってはしっかり届出を出しているような風俗店や知名度のあるアダルトビデオレーベルと言えます。経済基盤が脆弱な若年女性や、児童福祉施設出身で、そもそもの社会的な支援の少ない女性に対して、ナンパや、モデルへの勧誘、圧倒的に割りの良いアルバイトという形で声をかけて、騙して性産業に取り込み、アダルトビデオに強制的に出演させたり、売春をさせたり……というような例です。
女子大生が騙されてAV出演……

――4月に船橋で18歳の女性が殺害・遺棄される事件がありました。この女性が事件前、ホストクラブで100万円のシャンパンタワーを頼んでいたと報道されましたね。

藤原:ライトハウスにも、ホストクラブがらみで、やりたくない仕事を強要されそうだ……という相談はあります。やり口を聞くととても巧妙ですね。彼女が好意を抱いているホストから「お金なんていいから。僕のノルマのために君の名前でシャンパンを入れて」と頼まれたからそうしたら、後日店長が来て「15万払って」と。彼女が「彼は自分の給料で払うと言ってた」と説明しても「何言ってんの?」。

とても組織的で、ターゲットを見つけるのがうまいのだと思います。家庭環境が不安定だったり、頼れる人がいなかったり、刹那的な生き方をしている女性を見抜くんですね。加害者側は、どの女の子が首を縦に振るか、どの女の子が助けを求められない子か、わかって選んでいると思いますよ。

――これまで相談を受けた中ではどのようなケースがありますか?

藤原:女子大生が街中で「有名なモデルさんの撮影があるから見に来ない?」と声を掛けられ、郊外のペンションに誘われてついていったそうなんです。車で連れて行かれて、到着したら「荷物は車に置いたままでいいから」と言われてメイク室に入ったら、「次に撮影するのはあなただよ」と言われたと。なんのことかと思ったらアダルトビデオの撮影だったんですね。

「そんな話は聞いてない」と言っても、「もうプロのスタッフが20人集まってる。これが解散したらいくらになると思ってるの?」と言われる。携帯電話もないから警察も呼べないし、部屋に窓もないし、「この部屋から出たら合意したってことだから」と言われたそうです。彼女はライトハウスを見つけて相談に来てくれて、なんとかビデオが出回る前に販売中止にすることができましたが、そうできるケースはなかなかありません。

ライトハウス
相談電話 &#9654; 0120-879-871(月〜金 10:00-19:00)/ 相談メール &#9654; soudan@lhj.jp

ポルノ被害 : AV強制出演のワナ コスプレモデル募集 (2015.07.20)

日時: 2015-07-20  表示:3084回

日刊スポーツ 7月20日(月)10時23分配信

 JKビジネスや援助交際など、性的に搾取されている少女らの被害相談を受け付けているNPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」には連日、助けを求める声が届いている。近年、相談で目立つのは、AV(アダルトビデオ)への「強制出演」。コスプレモデルなどの「手軽」「高収入」「安全」な仕事のはずが、次第に脅され、被害に遭うという。少女たちと社会の接点が増える夏休みを前に、支援員に聞いた。

 「20歳の誕生日に呼び出されると、部屋の机の上に3枚の書類があった。右手に以前撮られたトップレスの写真。左手に身分証のコピー。真ん中にAV出演の契約書。そして言われる。『これで君もアイドルのファーストステップに立てる。分かってるよね』」。

 支援員が明かす、ライトハウスに寄せられた少女たちからの相談例だ。いずれも入り口は、少女時代にネット上で見つけた「短時間、高収入、安全(触られない)」がうたい文句のコスプレモデルやジュニアアイドル募集サイトなどだ。面接に行くと「チャットからやってみよう。テレビ電話で話すだけで安全」などと説明を受ける。

 1度、始めたら、徐々に露出を強要される。「加害者は断れない子を選別していく。恥ずかしくて被害を訴えにくいのに乗じて、脱ぐことへの抵抗感を徐々に奪っていく」(支援員)。「上だけ脱いでみて」。「水着ならアイドルもやってる」「下着も一緒。○○○○(アイドルの実名)もここからはい上がったんだよ…」。断れなかった少女はヒモのような水着でローションまみれにされ、白い液を飲まされる様子を撮影された。

 恥ずかしい映像や写真は、18歳や20歳の誕生日の脅しの材料にされる。ある相談者は4時間、泣きながら抵抗を続けた。それでも「初体験が男優さん相手なんて幸せ」「AVは年間10万本も出てる。君は星くずのくずの1つにすぎないからばれない」と押し切られる。最後には数千万円の「違約金」を持ち出される。

 ライトハウスには、性的搾取を受ける10代から20代の女性からの相談が毎週1件以上寄せられている。14年の1年間の人身取引の被害相談は19件。今年は6月までに昨年の2倍のペースにあたる34件に上っている。団体では、常駐の支援員2人とボランティア8人の計10人態勢で対応中だが、人手が足りないという。

 最初の通報は、友人、交際相手、保護者、風俗店の客など。本人面談でやっと話ができて、泣き崩れる相談者が多い。「一方で、性的略取を繰り返された結果、感情を表に出せなくなっている被害者も多い」という。弁護士をたててAV販売を差し止めたり、場合によって警察に届け、事件化したケースもあるという。

 ライトハウスでは「夏休みは少女たちと社会の接点が増え、相談が増える。保護者はネットなど見えにくいところにどんな危険があるか知り、子どもをよく見て、被害があればすぐに相談を」と呼びかけている。【取材・清水優】

 ◆NPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」 米国で02年、人身取引対策のNGO「ポラリスプロジェクト」が発足。04年にライトハウスの前身である任意団体「ポラリスプロジェクトジャパン」設立。14年1月から国内の人身取引事案への対応に特化するライトハウスとして活動している。日本全国からの被害者相談、支援のほか、議員、警察、学校関係者への研修、講演も行う。子どもの性の商品化の危険を訴える啓発漫画「ブルー・ハート」も発行。藤原志帆子代表。相談窓口はホットライン【電話】0120・879・871(平日午前10時から午後7時まで)メールsoudan@lhj.jp、LINE(ライン)LH214。

<主なJKビジネス事件>

 ◆JKリフレ 女子高生(JK)を雇い、個室で男性客に添い寝などのサービスをさせたとして警視庁は13年1月、労基法違反(危険有害業務の就業規制)容疑で17店を家宅捜索。警視庁は13年4月から店員の少女への対応を「保護」から「補導」の対象とした。

 ◆JKお散歩 秋葉原の路上などを有料でデートする店で働いていたとして、警視庁が13年12月、18歳未満の少女13人を一斉補導。神奈川県警は14年2月、JKお散歩店で知り合った女子高生に、都内のホテルでみだらな行為をしたとして、客の男を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春)容疑で逮捕。

 ◆JK撮影会 女子高校生の水着姿を撮影できるとうたい、マンションの一室で、17歳の女子高生に両脚を広げさせて客に見せるなどしたとして、警視庁が13年11月、労働基準法(危険有害業務の就業制限)違反の疑いで経営者を逮捕。

 ◆JKプロレス 個室で女子高生の胸や下半身が客に密着するプロレス技をかけさせたとして、神奈川県警は14年4月、労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)容疑で経営者を逮捕。

 ◆JK作業所 折り鶴を折る女子高生の下着をマジックミラー越しに見せたとして、警視庁は15年5月、労基法違反容疑で経営者ら3人を逮捕。女子高生の姿をのぞく「JK見学店」と呼ばれる業態の一種。

ポルノ被害 : 三鷹ストーカー事件で東京地検がリベンジポルノで追加捜

日時: 2015-07-17  表示:3165回

産経新聞 7月17日(金)19時32分配信

 東京都三鷹市で高校3年の女子生徒が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手の無職、池永チャールストーマス被告(23)が生徒のプライベート画像をインターネットに投稿したとして、遺族が児童買春・ポルノ禁止法違反罪で東京地検立川支部に告訴し、受理されたことが17日、分かった。生徒の両親の代理人弁護士が明らかにした。

 受理は13日付。代理人は「両親はリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)についても処罰を求めている」と説明した。立川支部は今後、追加捜査を行う。

 1審の東京地裁立川支部判決は、起訴されていないインターネットへの投稿行為を「殺害と密接に関連する特に悪質な事情」と重視。しかし、2審の東京高裁判決は「別の罪に当たる行為を殺人罪の刑を重くする要素として過大に評価した」と判断、懲役22年とした1審判決を破棄して審理を差し戻した。

 1審判決によると、池永被告は平成25年10月8日、生徒宅に侵入し、生徒の首や腹部をペティナイフで刺して殺害した。

ポルノ被害 : 「写真ばらまくぞ」 不正アプリで性的脅迫 全国で被害 (

日時: 2015-06-24  表示:3125回

神戸新聞NEXT 6月24日(水)19時42分配信

 インターネット上で知り合った女性と性的な写真を交換するうちに、スマートフォンに登録したメールアドレスなどを不正アプリを通じて抜き取られ、女性の関係者から「写真をばらまく」と現金を要求される被害が全国に広がりつつある。女性から届いた写真を開くと、アプリが勝手に取り込まれるケースが目立ち、兵庫県警にも複数の相談があった。写真は半永久的に消去されず、将来的に悪用される恐れもあり注意を呼び掛けている。(初鹿野俊)

 「性的な」と「ゆすり」を意味する英単語を組み合わせた造語で「セクストーション」と呼ばれる手口。関係者によると、5年ほど前に米国で被害が確認され、日本でも昨年ごろから出始めた。

 県警によると、手口はこうだ。男性のスマホに突然、無料通信アプリを通じ、面識のない女性からメッセージが届く。やりとりを重ねる中で、女性から「恥ずかしい姿を見せ合おう」と持ち掛けられ、女性から送られてきた写真を開くと、電話帳のデータなどが抜き取られる不正アプリがインストールされる。

 「動画をやりとりするアプリ」と称し、同様に抜き取り機能を備えたアプリを入手させられる場合もあるという。いずれも男性側はデータ流出に気付かず、自らの性的な写真や動画を送った後、見知らぬ男から「電話帳の情報を使ってあなたの画像をばらまく。嫌なら金を払え」などと脅迫の電話が入る。

 県警サイバー犯罪対策課によると、県内では今年に入り、複数の中高年の男性から「数十万円を要求された」などの相談があった。現金被害は出ていないが、同課は「事件の性質上、被害者は申告しにくく、実際の事件はもっと多い」とみる。

 ネットのセキュリティー対策に取り組む独立行政法人情報処理推進機構(東京)にも昨年秋以降、相談が寄せられた。同機構は「現金を払っても女性側に渡った写真は消えない」とし、信頼できるアプリ以外は使わない▽見知らぬ相手に私的な動画像を送らない−などの対策を呼び掛けている。

ポルノ被害 : <公然わいせつ容疑>やり過ぎアダルト撮影の2人逮捕 (201

日時: 2015-06-23  表示:3090回

毎日新聞 6月23日(火)19時12分配信

 福岡・中央署は23日、アダルトDVDの撮影のため電車内で女性3人に放尿させたとして、アダルトDVD****社長、****容疑者(42)=福岡市中央区薬院3=と、同社従業員、****容疑者(33)=福岡市東区馬出6=を公然わいせつ容疑で逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は2013年10〜11月、福岡県内を走行中の西鉄電車内で、福岡市などの23〜28歳の女性3人に胸や下半身を露出させ、放尿させたとしている。

 中央署によると、**容疑者らは女性を公募し、1回の撮影で報酬約1万円を払っていた。女性らも公然わいせつ容疑で任意で調べる。DVDは市販されており、14年8月に西鉄から通報を受けて捜査していた。路線バス内で撮影したとみられる作品もあり、余罪の有無も調べる。【平川昌範】

ポルノ被害 : 元カノ情報無断掲載、出会い系でなりすまし (2015.06.12)

日時: 2015-06-12  表示:3158回

日本テレビ系(NNN) 6月12日(金)12時42分配信

 元交際相手の女性の顔写真などを出会い系サイトに無断で載せたとして、野村証券の社員の男が逮捕された。

 名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕されたのは、野村証券社員・XXXX容疑者(39)。警視庁によると、XX容疑者は今年2月、元交際相手の女子大学生の名前と顔写真を出会い系サイトに無断で載せ、名誉を毀損した疑いがもたれている。

 XX容疑者は、サイトを見て連絡してきた数十人と女子大学生になりすまし「レイプ願望があります」などとやりとりをしていて、女子大学生は自宅付近で見知らぬ人から声をかけられ発覚したという。XX容疑者は、「ストーカー扱いされ、嫌がらせでやった」と容疑を認めているという。

ポルノ被害 : リベンジポルノ被告に猶予判決 画像をツイッターで公開 (

日時: 2015-06-12  表示:3139回

朝日 2015年6月12日11時53分

 かつて交際していた女性の裸の画像をツイッター上で公開したなどとして、リベンジポルノ防止法違反や脅迫の罪などに問われた鳥取県境港市、無職XXX被告(39)の判決が12日、横浜地裁であった。樋上慎二裁判官は、懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 神奈川県警によると、わいせつな写真をネット上に流したとしてリベンジポルノ防止法違反容疑で逮捕された全国で初めての事件だったという。

 判決によると、XX被告は昨年8月、元交際相手の女性に対し、「裸の写真をばらまく」という内容のメッセージをLINEで送って脅迫。今年1月には、女性の下半身を撮影した画像を10回にわたってツイッターで流した。

 樋上裁判官は量刑について、「人格の尊厳を害された程度は大きいが、反省する姿勢を示し始めている」などと述べた。「被告は被害者の抱く恐怖心を認知できないゆがみを有している」として、保護観察で性犯罪者の更生プログラムを受けるべきだという意見をつけた。

ポルノ被害 : リベンジポルノ、初の有罪判決 女性の裸写真ばらまく (436

日時: 4445-12-12  表示:3236回

朝日 2015年5月25日12時00分

Ads by Google [PR]

 交際していた女性の裸の写真をばらまいたとして、リベンジポルノ防止法違反の罪に問われた福島県郡山市の無職XXXX被告(33)の判決が25日、福島地裁郡山支部であった。井下田英樹裁判長は「犯行は短絡的かつ自己中心的。被害者の精神的苦痛は大きい」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、XX被告は今年1月と2月、郡山市内のショッピングセンターの駐車場で、不倫相手だった30代の女性の裸や顔が写った写真計131枚を4回にわたってばらまいた。女性に別れを告げられた後も女性宅を訪れ、ストーカーと言われたことを逆恨みし、女性を困らせようと犯行に及んだ。

 XX被告は今年2月19日、昨年11月27日に施行された同法違反容疑で全国で初めて逮捕され、3月に同罪で起訴された。

ポルノ被害 : リベンジポルノ相談110件=20代以下6割、女性9割

日時: 2015-05-10  表示:3271回

時事ドットコム 2015/04/02-10:10
 元交際相手の裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」をめぐる警察への相談が、リベンジポルノ防止法が施行された昨年11月27日〜12月末に全国で110件あったことが2日、分かった。法施行を受け、警察庁が初めて集計した。被害者の59%が20代以下の若者で、女性が9割を占めた。
 12月末までの35日間に35都道府県警が相談を受けた。
 被害者は女性が99件で、男性も11件あった。20代が最多の41件で、未成年の24件、30代と40代の16件ずつ、50代の7件が続いた。
 相手の年齢が分かったのは79件あり、30代25件、20代20件、40代14件、50代8件の順に多い。
 被害者と相手の関係は「(元)交際相手」が68件と62%を占めた。次に多い「知人・友人」は24件で、このうち14件はネットだけでのやりとりだった。
 相談内容(複数回答)は「公表すると脅された」42件、「画像を所持されている・撮影された」33件、「画像を送り付けられた」22件で、「公表された」も18件あった。警察は昨年中に、7件を強要や脅迫、児童ポルノ規制法違反などで摘発。49件で注意・警告を行った。

ポルノ被害 : <人身売買容疑>ポルノ映像撮影で中3女子が被害 2人

日時: 2015-05-07  表示:2984回

毎日新聞 5月7日(木)20時37分配信

 ◇児童ポルノ禁止法違反容疑で茨城県警 全国初の摘発

 児童ポルノ映像を撮影するため、中学3年の女子生徒(14)を「売買」したとして、茨城県警生活環境課などは7日、同県土浦市虫掛、風俗店経営、阿****被告(25)=売春防止法違反などで起訴=と、群馬県太田市岩瀬川町、会社員、***容疑者(38)を児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春等目的人身売買)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、**容疑者が土浦市内のホテルで2月21日、生徒を**容疑者に15万円で引き渡したとしている。同課によると、生徒は当時、家出をして**容疑者の自宅で寝泊まりし、デリバリーヘルス店で働かされていた。**容疑者は出会い系サイトで撮影に応じる中学生を探していたという。15万円のうち2万円は生徒に渡り、生徒は22日朝まで撮影に応じ、****容疑者宅に戻った。*容疑者は容疑を認めているという。

 同課によると1999年の同法施行以降、児童ポルノ映像を撮影する目的で行われた人身売買容疑の摘発は初めて。県警は3月、生徒に売春させたとして**容疑者を逮捕し、供述などから今回の容疑が浮上した。

*** **容疑者の自宅からは、この生徒のほか、未成年とみられる女性を撮影したDVDが数十枚見つかり、余罪を調べている。**容疑者は「5年ぐらい前から撮っていた」などと供述しているという。【松本尚也】

最新 >> 3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより