ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 1   2   3   4   5   6   7   8   >>  最初

セクハラ : 提訴:可児公民館の女性職員「セクハラ受けた」 民生児

日時: 2010-10-06  表示:3035回

毎日新聞 10月6日(水)12時24分配信
 可児市主催の市政懇談会後の懇親会で、民生児童委員代表として出席した男性(72)に、尻を触られるなどのセクシャルハラスメントを受けたとして、会場となった公民館の女性職員(49)が5日、男性と同市を相手取り、慰謝料300万円などを求めて岐阜地裁御嵩支部に提訴した。
 訴状によると、女性は昨年6月13日に開かれた同市主催の市政懇談会の運営に業務として携わり、終了後の懇親会の席上、男性から2度にわたって尻を触られた。その後、後遺症として不眠などに苦しみ、上司らに男性の解嘱を求めたが、対応されなかった。女性が今年5月に厚生労働相に解嘱請求をしたところ、男性は直後に辞任したが、その後も謝罪や補償に応じなかった。同市はセクハラ座談会を開くなど一定の進歩は示したものの公式な謝罪、補償はしていないという。
 被告男性の代理人弁護士は「訴状を読んでいないのでコメントできない」としている。同市の企画部長は「昨年度以降、職場のセクハラ対策に全庁的に取り組んでいる中、このような状況となり、驚いている」とコメントした。【小林哲夫】

セクハラ : セクハラ:知人女性に 刑事課長を懲戒処分−−県警 /

日時: 2010-09-26  表示:3117回

毎日新聞 9月25日(土)15時51分配信
 県警は24日、知人女性にセクハラ行為をしたとして、所轄署の刑事課長(53)を減給10分の1、3カ月の懲戒処分にしたと発表した。刑事課長は同日、依願退職した。
 県警監察官室によると、刑事課長は7月18日、業務中に湯梨浜町の公園にとめた公用車内で、知人女性から私的な相談を受けた際、執ように交際を迫り、体を触るセクハラ行為をした。女性が翌日、近くの警察署に被害を相談したという。
 佐々木照正首席監察官は「部下を指導監督すべき立場にある幹部警察官が行った極めて軽率な行為であり、県民の皆様に深くおわび申し上げます」とコメントした。【加藤結花】

セクハラ : 講座:パワハラ、セクハラに負けない 富山の市民団体、

日時: 2010-09-23  表示:3125回

毎日新聞 9月23日(木)15時41分配信
 女性の心身に関するカウンセリング事業などを行っている市民団体「ウィメンズカウンセリング富山」は、「パワハラ、セクハラに負けないためのコミュニケーション講座」を10月から3回、富山市湊入船町の県民共生センターサンフォルテで開く。
 職場や地域でパワハラやセクハラの被害を受けないための防衛策や、万一受けても被害を最小限にとどめるスキルを、具体的な場面を想定しながら身につける。
 講座は10月3日と11月7日、12月5日で、いずれも午後1時半から。参加費は3回で5000円。対象は女性のみ、定員20人。0歳〜小3の一時保育(1人500円)もある。申し込みは27日(月)までにウィメンズカウンセリング富山(080・3045・2176)へ。【青山郁子】

セクハラ : 長浜市教委職員 女性にセクハラ 滋賀 (2010.09.18)

日時: 2010-09-19  表示:3236回

産経新聞 9月18日(土)7時57分配信
 長浜市教育委員会は17日、勤務中に女性職員の体に触るなどのセクハラ行為を繰り返したとして、課長級の男性職員(54)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委によると、男性職員は今年5〜7月の間、勤務中に同じ課の女性職員の体に手を触れたり、服装や体形について発言したりしたほか、勤務外にも繰り返し電話をかけるなどの行為をしたという。

 男性職員は、市教委の調査に対し「女性職員に苦痛や恐怖を与えて申しわけない」と話しているという。

 伊藤宏太郎・市教育長は「児童・生徒の育成を担う者として、市民の信頼を裏切る行為。再発防止に努め、信頼を回復したい」としている。

セクハラ : 是正勧告:弁護士会人権擁護委、セクハラ認定 相談女性

日時: 2010-09-17  表示:3051回

毎日新聞 9月17日(金)15時8分配信
 岡山弁護士会の人権擁護委員会は16日、独立行政法人「雇用・能力開発機構」岡山センター(北区田中)でセクシュアル・ハラスメントを受けたとする女性の人権救済の申し立てを認め同センターに是正勧告を行った、と発表した。女性は同センターの男性職員からセクハラを受けたとして救済を求めていた。
 委員会によると、女性は08年7月、同センターで2度キャリア形成を相談。担当した男性職員から「スタイルは悪くない」などと容姿に関する発言や性的な発言を受けたとして、08年12月に人権侵犯救済を申し立てたという。委員会は「男性職員の行為は人権侵害に相当し、同センターは指導、監督の注意義務を怠り、人権侵害行為に加担した」と結論を出した。
 同センターは、男性職員の対応に不適切な点があったことを認めて、勧告を受け入れ「二度と起こらないよう信頼回復に努めたい」とコメントした。【石井尚】

セクハラ : セクハラ:セクハラ相談員が 県議会事務局が職員懲戒 

日時: 2010-09-16  表示:3054回

毎日新聞 9月15日(水)13時10分配信
 県議会事務局は14日、同事務局の「セクハラ相談員」を務めていた管理職の男性職員(50代)について、セクハラ行為があったとして減給10分の1(1カ月間)の懲戒処分にしたと発表した。
 同事務局によると、男性職員は5月以降、部下の女性職員に好意をほのめかす発言をするようになり、7月22日の職場の納涼会で、この女性職員に「(通勤で使っている)自転車をいつもあなたの自転車のそばに止めている」と言ったほか、女性職員が呼びかけに振り向かなかったため「そういう態度でいると(職場での)席がなくなるよ」と発言した。
 翌日、女性職員は勤務を休み、上司が同25日に事情を聴いたところ、女性職員は「男性職員の発言で精神的苦痛を受けた」と訴えた。男性職員は「セクハラではないと認識しているが、結果的に精神的苦痛を与えたことは申し訳ない」と話しているという。
 男性職員は4月から、セクハラ防止の啓発活動や相談を担当するセクハラ相談員を務めていたが、発覚後の7月末に交代した。セクハラ相談員は99年4月に設置され、各部局の管理職らが1年交代で務める。女性職員が就くことが多い。【山口香織】

セクハラ : 鹿屋の教え子セクハラ訴訟:「わいせつ行為せず」元校長

日時: 2010-08-29  表示:3544回

8月28日16時53分配信 毎日新聞
 鹿屋市内の中学に通っていた元女子生徒が「校長にわいせつ行為を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった」として、市や元校長(59)に計1500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、鹿児島地裁(牧賢二裁判長)であった。市と元校長は「わいせつ行為は一切していない」として請求棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。
 訴状によると、元生徒は中学3年の07年6月中旬、元校長にドライブに連れ出され車内でわいせつな行為をされた、としている。元生徒側は「信頼していた校長からわいせつ行為をされ、夜も眠れず傷は一生癒えない。市は校長への指導を怠った」と主張している。
 答弁書で元校長側は、ドライブに連れて行ったことは認めたが「気分転換のため連れて行き、わいせつの目的は絶対になかった」と反論した。
 元生徒と両親は07年、元校長を強制わいせつ容疑で鹿屋署に告訴。鹿児島地検が09年2月、不起訴処分(嫌疑不十分)としたが、鹿児島検察審査会は「(元生徒の)供述に変遷はあるが信用できる」として不起訴不当を議決。地検は10年3月、再び不起訴処分(嫌疑不十分)にした。
 元生徒の代理人弁護士は初弁論後、記者団に「検察審査会で不起訴不当の判断も出ており、わいせつ行為を受けた証拠もある。事実を明らかにしたい」と語った。【川島紘一】

セクハラ : 提訴:セクハラで「うつ」 元大学院生、鹿大教授らを訴

日時: 2010-08-22  表示:3230回

8月21日16時0分配信 毎日新聞
 鹿児島大(吉田浩己学長)の大学院在学中に教授からセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を受け、うつ状態になったとして、元大学院生の30代の女性が20日までに、理学部の男性教授と大学を相手に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を鹿児島地裁に起こした。
 訴状によると、女性は03年以降、指導担当だった男性教授に、研究室でマッサージと称して体を触られたり、「愛してる」などと大量のメールを送られた、などとしている。女性は07年、東京都内の大学で研究員となったが、過去のことを再体験するように想起するフラッシュバックの症状が出るなど、精神的苦痛からうつ状態になり心身に不調をきたし、退職した。
 同大広報室は「訴状の内容が事実かどうか、調査している」とコメントした。

セクハラ : 県警:巡査部長、セクハラで停職6カ月 処分公表せず 

日時: 2010-08-17  表示:3416回

8月17日16時51分配信 毎日新聞
 県警の所轄署に勤務する男性巡査部長が、知人女性の体を触るセクハラ行為を理由に停職6カ月の懲戒処分を受けていたことが16日、分かった。昨年12月に処分されたが、県警は公表していなかった。
 県警監察官室の説明では、巡査部長は昨年9月、駐車場にとめた乗用車内で女性の体を触るなどわいせつな行為をした。女性は県警に相談したが、告訴しなかったという。
 公表しなかった理由について同室は「女性のプライバシー保護を最優先した」と説明している。
 また、4月には男性巡査が米子市の路上に落ちていたゲーム機を着服したとして減給10分の1、3カ月の懲戒処分を受けていた。遺失物横領容疑で鳥取地検米子支部に書類送検されたが、不起訴処分になった。県警はこちらも公表しなかった。【加藤結花】

セクハラ : 止まらない企業トップのセクハラ事件 日本国内でもたび

日時: 2010-08-17  表示:3499回

8月15日14時0分配信 MONEYzine
 米ヒューレット・パッカードのマーク・ハード会長兼社長兼CEOが、今月6日に辞任した。取引先の女性社員に対するセクシュアルハラスメント疑惑に関係する不祥事が原因とされている。なお、辞任する前日の5日に、ハード氏と女性はセクハラ疑惑について和解していた。

 企業トップがセクハラに関与した時、それは企業トップ本人の責任が問われるだけでなく、企業そのものにも厳しい目が向けられる。法的、倫理的な問題はもちろんのこと、危機管理の面からも、企業トップのセクハラは、きわめて深刻な問題だ。

 2006年には、元女性秘書にセクハラをしたとして訴訟を起こされていた北米トヨタの大高英昭社長(当時)が、責任を取って辞任した。問題が表面化してから1週間で辞任するという迅速な対応だった。それだけ、企業イメージが毀損されることに強い危機管理意識が働いていたと言える。その後、双方は和解している。

 セクハラという概念が輸入されて以来、日本国内でもセクハラ訴訟はめずらしくなくなっている。日本でセクハラ訴訟が起きるようになったのは1990年代初頭の頃だ。判決で初めて「セクシュアルハラスメント」という言葉が使われたのは、1994年、石川県の建設会社社長が女性社員に対してセクハラをしていた一件である。

 2004年には、ホークスタウンを舞台にしたセクハラ事件が世間を騒がせた。セクハラ疑惑の中、ダイエー福岡事業の「再建請負人」と呼ばれた高塚猛社長(当時)は解任。高塚氏が以前に書いた著書の中で「太ももは、奥から手前に撫でると抵抗されない」と語っていたことも耳目を集めた。その後、セクハラ事件について高塚氏は、2005年に福岡地裁で強制わいせつ罪の有罪判決を受けている。

 会社組織の頂点に立つ企業トップによるセクハラが厳しく批判されることは言うまでもない。それを許してきた企業体質も問われることになる。
(宮島 理)

最新 >> 1   2   3   4   5   6   7   8   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより