ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   >>  最初

売買春 : 吉原 売買春根絶へ 住民ら総決起大会 (2010.10.09)

日時: 2010-10-09  表示:3310回

琉球新報 10月9日(土)11時20分配信

 【沖縄】沖縄市美里の吉原地域に急増している売買春目的の店舗を一掃しようと、「通称『吉原地域』歓楽街環境浄化市民総決起大会」(同実行委員会主催)が8日、沖縄市立越来中学校体育館で開かれた。市や沖縄署、地域住民ら関係者約200人が参加、現状を懸念し、安全安心な地域を目指して、市民総ぐるみで取り組む必要性を確認。「売買春を根絶する」4カ条からなる大会決意宣言を採択した。
 宜野湾市真栄原の通称「新町」の売買春店衰退と入れ替わるように店舗が乱立したことが背景にある。大会では沖縄署が吉原地域を説明。住宅街、公園や病院といった公共施設が点在する中で、飲食店など約200軒が乱立し、およそ8割が売買春目的と指摘した。吉原地域を管轄する越来交番と真栄原「新町」を管轄する宜野湾署真栄原交番の9月末現在の犯罪発生状況の比較(前年同期比)では、真栄原交番が8・4%減少する一方で、越来交番は23・3%増加したことも明らかにした。
 実行委員長の東門美津子市長は「子どもたちの安全を守り、夢ある環境を未来に残すために、大人の責任として違法営業の取り締まりを強化して環境浄化するべきだ」と述べ、大会参加者に協力を求めた。

■「新町」浄化で店、客が移行 住民生活に影響
 【沖縄】沖縄市美里の「吉原歓楽街」では2009年8月ごろから、売春をしているとみられる店舗の女性従業員と買春客が急増している。宜野湾市真栄原の通称「新町」の浄化運動後、売春店、買春客が吉原歓楽街へと急速に移行している状況だ。付近一帯は交通量が増えて路上駐車も相次ぎ、買春目的とみられる外国人男性が増え、深夜に大声を出すなど住民生活に影響が出ている。
 店舗関係者によると吉原歓楽街には現在、真栄原社交街から移ってきた女性が多くいるという。店舗の改装も相次ぎ、店内が見えなかったドアを幅の広いガラスのドアに替え、通りからはいすに座った女性が照明に照らされて見える。
 近隣に住む90代の男性は「若い女性が増え、外国人が増えた。事件を起こさないか不安だ」と話す。夜に外国人男性と女性が言い争う声が響くこともある。
 近くに住む専門学校に通う男性(19)は高校生だった昨年、帰宅途中に通りを歩いていたら女性に誘われた。買春客が店と間違えて自宅の敷地に入ることもあり、窓から室内をのぞかれたこともある。男性は「外国人がたくさん通ると怖い。声を掛けるのもやめてほしい。治安が良くなると思うので、店はなくなってほしい」と訴えた。
 40代の女性は自宅前の違法駐車が増えたと訴える。女性は「自宅に戻ると車を中に入れられないことがあり、とても困っている」と日常生活への影響を説明した。(増田健太)

売買春 : 脱北者経営や同性愛の店を摘発…上野・湯島集中取り締ま

日時: 2010-10-08  表示:3013回

 悪質な客引きや風俗店の違法営業を取り締まるため、警視庁組織犯罪対策1課などは20日夜から21日未明にかけ、東京の上野・湯島地区で一斉取り締まりを実施、マッサージ店など17店舗と経営者や従業員の男女計31人を摘発、うち14人を逮捕した。

 同課によると、両地区の繁華街には、今年に入ってから客引きが、ピーク時で最大約130人いたとみられ、今年2月の取り締まりで一度は半減したが、5月の大型連休明けには100人以上に増えていたという。

 また、摘発された店舗には、韓国経由で日本に入国した脱北者女性が経営するマッサージ店や男性同性愛者を対象にした風俗店も含まれていた。

 逮捕者の内訳は、都迷惑防止条例違反(客引き)3人▽風営法違反(客引き)3人▽風営法違反(禁止地域内営業)3人▽入管難民法違反(資格外活動)5人。

 昨年末から今月21日現在にかけて同地区で摘発された客引きなどの人数は計108人に上っている。

2010年05月21日 IZA

売買春 : R上野駅前のワンルームマンションで風俗店違法営業 経

日時: 2010-10-08  表示:3137回

 JR上野駅前のワンルームマンション室内で、売春クラブや違法エステ店を営んでいたとして、警視庁保安課などは売春防止法違反(場所提供)と風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、売春クラブ「癒し処千代家」など計6店舗を摘発し、同店経営の****容疑者(64)=埼玉県坂戸市伊豆の山町=ら計11人を逮捕した。

 同課によると、いずれの店舗もマンションの複数の部屋を借りて営業。従業員の中国人女性らに訪れた客の相手をさせ、それぞれ月300万〜600万円を売り上げていたという。

 マンションの全234室のうち、今回摘発された6店舗の34室を含めて60〜70室が違法風俗店のものだったとみられ、同課は同様の違法営業をしていたとみられる残りの数店舗についても捜査を進める。

*** **容疑者の逮捕容疑は10月2日、従業員の中国人女性(26)に、茨城県つくば市の団体職員の男性(32)と売春行為をさせるため、マンションの一室を提供したとしている。同課によると、いずれの店舗もネット上で客を募り、マンション内の事務所を訪ねてきた客に好みの女性従業員を選ばせ、別室に案内していたという。

産経新聞 10月7日(木)15時54分配信

<風俗マンション>売春の場所提供容疑などで逮捕 警視庁

 警視庁は7日、東京都台東区のJR上野駅前にあるワンルームマンションを強制捜査し、埼玉県坂戸市伊豆の山町、風俗店経営、****容疑者(64)ら6店舗の男女11人を売春防止法違反(売春場所提供)などの容疑で逮捕したと発表した。

*** **容疑者ら4人の逮捕容疑は、女性従業員に売春する場所を提供したとしている。ほかの7人はこのマンションで、埼玉県川口市の自営業の男性(59)らに性的サービスを提供した(風俗営業適正化法違反)としている。

 保安課によると、このマンションは12階建てで、234戸のうち135戸が風俗店として使われていた。家賃が5万〜6万円と安価なため、違法風俗の温床になったとみている。【伊澤拓也】

毎日新聞 10月7日(木)12時36分配信

売買春 : 風俗マンション一斉摘発=34室、6店11人逮捕―売春防止法違

日時: 2010-10-07  表示:3269回

時事通信 10月7日(木)13時23分配信

 売春場所を提供したなどとして、警視庁保安課と上野署などは7日までに、売春防止法違反容疑などで、東京・上野のワンルームマンションに入居する風俗店6店を一斉に摘発し、埼玉県坂戸市伊豆の山町、風俗店「癒し処千代家」経営****容疑者(64)ら11人を逮捕した。
 同課によると、同マンションは約15平方メートルの部屋が計235室あり、このうち135室にエステ店などが入居。60〜70室は違法風俗店とみられ、受付所やプレイルームとして、1店で複数の部屋を使用している。
* **容疑者ら8人は容疑を認め、3人は「性的サービスはしていない」などと述べ、否認しているという。
* **容疑者の逮捕容疑は10月2日、台東区上野の同マンション一室で、中国籍の女性従業員(26)が茨城県つくば市の男性団体職員(32)を相手に売春すると知りながら、部屋を使用させた疑い。

売買春 : 湖北視察の官員「容易ならざる状態だ」…ポルノ・売春撲

日時: 2010-10-06  表示:3023回

サーチナ 10月5日(火)16時6分配信
 湖北省は10月1−7日の国慶節(建国記念日)連休が終了すると同時に、ポルノや売春の集中撲滅運動を始める。事前に現状を視察した官員は「容易ならざる状態」など、問題の深刻さを改めて認識したという。中国新聞社が報じた。

 湖北省公安庁(省警察)は9月28日、テレビ会議を通じて全省各地の警察に、国慶節の連休後にポルノや売春の集中撲滅運動を実施すると通達した。

 同運動に先立ち、中央政府の法政委員会の担当者が、身分を隠して省内の「娯楽場所」を視察、省公安庁も同様の視察を行った。いずれも、「容易ならざる状態だ」という認識で一致した。

 同省警察は、売春組織や女性への強要や身柄拘束などを徹底的に取り締まる方針。「わいせつなショー」や街頭での「客引き」も摘発。高官が犯罪者・組織と結託して「保護傘」の役割をになっているケースを、集中的に捜査するという。(編集担当:如月隼人)

売買春 : 売春防止法違反:風俗店経営者を逮捕−−富士吉田署 /

日時: 2010-09-23  表示:3308回

毎日新聞 9月22日(水)13時41分配信
 富士吉田署は21日、富士吉田市上吉田、性風俗店経営、****容疑者(46)を売春防止法違反(場所提供業)で逮捕したと発表した。逮捕は7月14日で、**被告は既に同罪で起訴されている。
 容疑は7月14日、同所のソープランド「Newプレイボーイ」で複数の男性客相手に複数の女性店員に売春をさせた疑い。容疑を認めているという。
 同署によると、**被告は07年ごろから「富士五湖唯一のソープランド」などと宣伝し、県内外から客を集め、これまでの売り上げは1億円以上とみられるという。【水脇友輔】

売買春 : 黄金町浄化に影落とす違法ルーム商法、関係者は売春街復

日時: 2010-09-22  表示:3097回

カナロコ 9月21日(火)11時0分配信

 かつて京浜急行高架下に違法風俗店が軒を連ねた横浜市中区の黄金町。県警などによる一掃作戦で違法風俗店の営業はなくなったが、8月末に横須賀市の不動産会社役員の男(47)が、空き店舗を無免許でレンタルルームとして貸し出していたとして、宅地建物取引業法(宅建業法)違反の疑いで伊勢佐木署から家宅捜索を受けるなど、形を変えた違法利用が明らかになった。浄化に取り組む関係者は「油断すれば、元に戻りかねない」と警戒する。

■元のもくあみ

 「敷金礼金なし、保証人不要、水商売風俗営業可、外国籍OK」―。今回、家宅捜索を受けたレンタルルームとは別に、以前風俗店だった空き店舗入り口に、今もポスターの誘い文句が並ぶ。

 県警によると、家宅捜索を受けた不動産会社役員の男は、レンタルルーム計20店約40部屋を経営。複数の部屋の権利者から1室月1万〜2万円で借り、1日千〜3千円程度で利用者に貸していた。調べに対して男は「地権者を知っている男のアイデア」といい、そのブローカーを通じ“ルーム”商法を手掛けたという。

 伊勢佐木署幹部は「モーテルのように使われれば元のもくあみ」と警戒。全盛期に約250あった違法風俗店の建物は今も約140店が残り、「もし売春再開といううわさが広がれば、一瞬で昔に逆戻りする」と危機感を抱く。

 「店舗所有者らはレンタルルームという新たな利用形態をつなぎに、売春街復活を待っている」と指摘するのは、同地区浄化のため空き店舗借り上げを進める市都市整備局・都市再生推進課の担当者だ。

 「彼らは、もう一度甘い汁を吸えると思っている」。往時、違法風俗店1店で1日100万円超を稼いだという。

■続く我慢比べ

 借り上げを図るにも、複雑な権利関係が立ちはだかる。土地所有者が建物を別人に貸し、マンションの区分所有のように各部屋を別人に貸し出す。「多くが外国籍の人に移り、登記の住所や連絡先を追っても行方が分からない」のが実態。「彼らがあきらめるまで、警察と市、地域一体で警戒を続け、我慢比べに勝つしかない」

 一方で、変化も確実に表れている。今年2月、違法風俗業を取り仕切っていた暴力団事務所が撤退。「仲介人」が現れ、「我慢してきたが、あきらめた。市に貸す」。こうして借り上げた建物は、NPO法人・黄金町マネジメントセンターに運営を委託。同センターが管理する建物は40店以上になった。センターは2間をつなげて空間を確保するなど、アートスペースなどの利用を進める。

 狭く特殊な立地だけに公園などへの転用は難しく、市は建物の借り上げしかできない。担当者は「最終的には民間に再開発してもらいたい。そのための環境を整え、商業地としての価値を高める必要がある」と語る。現在、同地区でアーティストの作品展示などを行っているイベント「黄金町バザール」も、「まず街のイメージを変えよう」という試み。黄金町マネジメントセンターの山野真悟事務局長は「いつかは桜木町への人の流れを、黄金町に向かせたい」とねばり強く活動を続ける。

 ◆黄金町・バイバイ作戦 黄金町で公然と売春行為を行わせていた約250の違法風俗店に対し、県警が2005年1月から始めた浄化作戦。市や県、地元団体などとも協力し、取り締まり強化や警官による24時間態勢の見張りなどを続け、同年8月までに一掃した。作戦は現在も継続中。

売買春 : 熟女人妻売春クラブ「淫美テーション」経営者逮捕 5年

日時: 2010-09-17  表示:3285回

産経新聞 9月17日(金)12時56分配信
 インターネットで客を募り、派遣型の売春クラブを営んでいたとして、警視庁巣鴨署は、売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京・巣鴨の売春クラブ「淫(いん)美(び)テーション」経営、中込寛保容疑者(45)=足立区梅田=を逮捕した。

 同署によると、同店は「熟女人妻専門店」などとうたって客を募り、60〜30歳の女性従業員十数人に売春をさせていた。平成17年3月から逮捕までの間、計約1億6千万円の売り上げがあったという。

 逮捕容疑は9月15日、豊島区巣鴨の同店事務所に女性の派遣依頼の電話をかけてきた男性会社員(55)に対し、女性従業員(47)を派遣し、同区内のホテルで売春させたとしている。

売買春 : 風営法違反容疑で男逮捕 無許可でガールズバー経営 兵

日時: 2010-09-14  表示:3197回

産経新聞 9月14日(火)7時56分配信
 無許可でわいせつな接待行為をするガールズバーを営んだとして、姫路署などは11日、風営法違反(無許可営業)容疑で姫路市亀井町のガールズバー経営、****容疑者(34)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、11日午後9時35分ごろ、姫路市魚町のガールズバーの店内で、県公安委の許可を受けず、ホステス2人に、客の男性会社員2人に裸を見せたり、触らせたりするわいせつな接待行為をさせたとしている。

 店は今年6月ごろから営業を始めたとみられ、“ちょっとエッチなガールズバー”とうたって、客を集めていた。

 県警によると、カウンター越しに接客する飲食店の名称として使われるガールズバーを隠れみのに、わいせつな接待をする店が横行しているといい、取り締まりを強化している。

売買春 : 売春周旋の疑いで韓国籍のデリヘル経営者ら逮捕/伊勢佐木

日時: 2010-09-07  表示:3184回

カナロコ 9月7日(火)18時30分配信
 県警国際組織犯罪取締本部と伊勢佐木署は7日までに、売春防止法違反(周旋)の疑いで、静岡県富士市、デリバリーヘルス経営で韓国籍の容疑者(50)と横浜市南区白妙町5丁目、ヘルス店従業員の男性容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀し、9月6日午後0時半ごろ、不特定の客から電話による申し込みを受け、韓国籍の女性従業員(30)=入管法違反(資格外活動)で逮捕=をホテルに派遣して売春の周旋をした、としている。

 県警生活保安課によると、デリバリーヘルス経営の容疑者は「女の子が勝手にやったこと」などと供述、容疑を否認しているという。

最新 >> 4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより