ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>  最初

国際 : Cardinal in Los Angeles Is Removed From Duties (2013.01.31)

日時: 2013-02-18  表示:2805回

2013年01月31日 The New York Times

LOS ANGELES &#8212; Cardinal Roger M. Mahony, who retired less than two years ago as the leader of the nation’s largest Roman Catholic archdiocese, was removed from all public duties by his successor, Archbishop Jos&eacute; H. Gomez, as the church complied with a court order to release thousands of pages of internal documents that show how the cardinal shielded priests who sexually abused children.

The documents, released as part of a record $660 million settlement in 2007 with the victims of abuse, are the strongest evidence so far that top officials for years purposely tried to conceal abuse from law enforcement officials. The files, which go from the 1940s to the present, are the latest in a series of revelations that suggest that the church continued to maneuver against law enforcement even after the extent of the abuse crisis emerged.

Auxiliary Bishop Thomas Curry, who was the vicar for clergy and one of the cardinal’s top deputies and his adviser on sexual abuse, also stepped down as the regional bishop for Santa Barbara, Calif.

The church had fought for years to keep the documents secret, and until this week it argued that the names of top church officials should be kept private. In letters written in the 1980s, then-Father Curry gave suggestions for how to stop the police from investigating priests who admitted that they had abused children, like stopping the priests from seeing therapists who would be required to alert law enforcement about the abuse.

Both Cardinal Mahony and Bishop Curry have publicly apologized in the past, but have said that they were na&iuml;ve at the time about the effectiveness of treatment for abusers and the impact on victims.

In a letter on Thursday, Archbishop Gomez wrote that the files are “brutal and painful reading.”

“The behavior described in these files is terribly sad and evil,” he said. “There is no excuse, no explaining away what happened to these children. The priests involved had the duty to be their spiritual fathers, and they failed. We need to acknowledge that terrible failure today.”

Cardinal Mahony and Bishop Curry are still able to celebrate Mass and other religious duties. But Cardinal Mahony, a vocal advocate of immigrant rights, will no longer speak publicly, as he has done frequently since his retirement in 2011, a spokesman for the archdiocese said.

Archbishop Gomez’s move to discipline his predecessor and to accept the resignation of Bishop Curry, was unexpected and unusual. It has not been the custom of bishops to use disciplinary measures against one another &#8212; or even to issue any public criticism.

Instead, as part of the sweeping package of policies for dealing with sexual abuse that American bishops passed at the height of the abuse scandal in 2002, the bishops agreed that they would employ what they call “fraternal correction” with one another when the situation requires. Only the pope can decide to remove a bishop from the leadership of his diocese. And only the pope can defrock a priest or a bishop.

Advocates for abuse victims had called for Bishop Curry’s removal last week, and had mixed reactions on Thursday to the actions taken by Archbishop Gomez. David Clohessy, national director of SNAP, the Survivors Network of those Abused by Priests, called Bishop Curry’s resignation “a small step in the right direction.”

But Mr. Clohessy said that the sanctions against Cardinal Mahony amounted to little more than “hand-slapping,” and are “a nearly meaningless gesture.”

Jennifer Medina reported from Los Angeles, and Laurie Goodstein from New York.

国際 : Sexual Abuse Files Cast Shadow on Los Angeles Cardinal (2013.01.21)

日時: 2013-02-18  表示:2858回

2013年01月21日 The New York Times

By IAN LOVETT
Published: January 21, 2013

LOS ANGELES ― The retired archbishop of Los Angeles, Cardinal Roger M. Mahony, and other high-ranking clergymen in the archdiocese worked quietly to keep evidence of child molesting away from law enforcement officials and shield abusive priests from criminal prosecution more than a decade before the scandal became public, according to confidential church records.

The documents, filed in court as part of lawsuit against the archdiocese and posted online by The Los Angeles Times on Monday, offer the clearest glimpse yet of how the archdiocese dealt with abusive priests in the decades before the scandal broke, including Cardinal Mahony’s personal involvement in covering up their crimes.

Rather than defrocking priests and contacting the police, the archdiocese sent priests who had molested children to out-of-state treatment facilities, in large part because therapists in California were legally obligated to report any evidence of child abuse to the police, the files make clear.

In 1986, Cardinal Mahony wrote to a New Mexico treatment center where one abusive priest, Msgr. Peter Garcia, had been sent.

“I believe that if Monsignor Garcia were to reappear here within the archdiocese we might very well have some type of legal action filed in both the criminal and civil sectors,” Cardinal Mahony wrote.

Monsignor Garcia admitted to abusing more than a dozen young boys, most of them from families of illegal immigrants, since he was ordained in 1966, and in at least one case he threatened to have a boy he had molested deported if he talked about it, according to documents filed in court.

He was never criminally prosecuted, and has since died.

In a 1987 letter regarding the Rev. Michael Baker, who had also been sent for treatment in New Mexico after admitting that he had abused young boys, Msgr. Thomas J. Curry wrote to Cardinal Mahony that “he is very aware that what he did comes within the scope of the criminal law in California.”

“It is surprising the counselor he attended in California did not report him, and we agreed it would be better if Mike did not return to him,” the letter continued. It would be decades before Father Baker was convicted of sexually abusing children.

In a written statement released on Monday, Cardinal Mahony, who took over the Archdiocese of Los Angeles in 1985 and retired in 2011, apologized to the victims of the sexual abuse.

“Various steps toward safeguarding all children in the church began here in 1987 and progressed year by year as we learned more about those who abused and the ineffectiveness of so-called ‘treatments’ at the time,” the statement said. “Nonetheless, even as we began to confront the problem, I remained nai\"ve myself about the full and lasting impact these horrible acts would have on the lives of those who were abused by men who were supposed to be their spiritual guides.”

Cardinal Mahony said he came to understand that impact only two decades later, when he met with almost 100 victims of sexual abuse by priests under his charge. He now keeps an index card for each one of those victims, praying for each one every day, he said in the statement.

In a phone interview, J. Michael Hennigan, a lawyer for the archdiocese, said that the documents represented the “beginnings of the awakening of the archdiocese of these kinds of problems,” and that the lessons learned in the intervening decades helped shape the current policy, under which all accusations of abuse are reported to the police and all adults who supervise children are fingerprinted and subjected to background checks.

Lawyers for some of the priests accused of abuse fought in court to keep the documents and many others confidential. But over the coming weeks, many more church records will also be released as part of a settlement between some of the victims and the archdiocese.

Ray Boucher, a lawyer representing some of the plaintiffs in those cases, said the files released on Monday were “particularly damning,” because they showed the “wanton disregard for the health and safety of children, and a decision by the highest members of the church to put its self-interest and the interest of abusive priests ahead of those of children.”

Mr. Boucher added, “I think when the full light is shown, the public will begin to understand just how deep a problem this is.”
A version of this article appeared in print on January 22, 2013, on page A16 of the New York edition with the headline: Los Angeles Cardinal Hid Abuse, Files Show.

国際 : ピストリウス選手逮捕:パラリンピック代表選手らに衝撃 (20

日時: 2013-02-15  表示:2754回

2013年02月14日 毎日新聞

 障害者スポーツ界のシンボル的存在である南アフリカの義足ランナー、オスカー・ピス****容疑者(26)が自宅で交際相手の女性(30)を銃で撃った疑いで逮捕されたとの報道は、日本国内のパラリンピック代表選手たちにも衝撃を与えた。

 昨夏のロンドン・パラリンピックで走り高跳びや400メートルリレーに出場した右足が義足の鈴木徹さん(32)=プーマジャパン=は「レース前でも記念撮影に応じる気さくな人柄だけに、人違いではないかと思ったほど」と驚きを隠さない。

 3大会連続出場のロンドン大会で3種目で銀メダルを獲得し、現役引退した元車いすランナーの伊藤智也さん(49)は「障害者スポーツが、スポーツとして自立していく上で大きな役割を果たしている選手だけに打撃は非常に大きい」。ロンドンで6大会連続出場を果たした全盲スイマーで、障害者アスリートで構成する日本パラリンピアンズ協会会長の河合純一さん(37)も「五輪とパラリンピックの懸け橋の存在だけに心配」と話した。

 ロンドン大会で陸上日本代表のメカニックを務めた義肢装具士の臼井二美男さん(57)は「両足が義足でも健常者の世界にチャレンジできることを実証する彼には、まだまだ速く走る可能性がある。世界中の障害者スポーツの関係者がショックを受けていると思う」と話す。【藤野智成】

国際 : 伊誌、妊娠中のキャサリン妃の水着写真掲載 王室が非難 (

日時: 2013-02-14  表示:2902回

2013年02月13日 産経新聞

 イタリアの週刊誌「Chi」は13日発売号で、英王室のウィリ****(30)の妻で妊娠中のキャ****(31)を盗撮したとみられる水着写真を掲載した。英BBC放送などが伝えた。

 同誌は昨年9月、キャサリン妃のトップレス写真を掲載し英国の反発を招いた。今回の掲載についても英王室は「明らかなプライバシーの侵害」と非難している。

 写真は夫妻が休暇でカリブ海の島を訪れた際、ビーチでくつろぐ様子を盗撮したものとされる。詳しい撮影時期は不明だが、少しおなかが大きくなったキャサリン妃が確認できるという。

 Chiは2006年にも、1997年にパリで事故死したダイアナ元英皇太子妃が大破した車内で瀕死の状態になっている写真を掲載した。(共同)

国際 : メキシコ・アカプルコで集団レイプ、外国人女性6人が被

日時: 2013-02-13  表示:3332回

2013年02月06日 CNN

メキシコ・アカプルコ(CNN) メキシコの人気リゾート地アカプルコの警察当局は5日、覆面やフードで顔を隠した男5人が、当地を訪れていた観光客の女性6人をレイプしたと発表した。女性たちと一緒にいた男性らは電話線などで縛られていたという。

被害にあった女性たちはスペイン国籍で、20〜34歳。現在は当局の保護下にある。事件の起きた場所はアカプルコ東部に位置し、比較的警備体制がゆるい地域とされる。

アカプルコ市長は記者会見で事件を非難し、犯行を行ったものたちを捕まえると言明した。

軍による検問所が設置され、犯人とされる男5人の行方を追っている。犯罪組織のメンバーではないとみられているという。当局が現場を封鎖し、証拠の収集に当たっている。

世界的なリゾート地であるアカプルコはこれまで、メキシコ国内では比較的安全な地域にみられていた。しかし、最近では、麻薬がらみの暴力が拡大し、地元観光業に影響を及ぼしつつある。

国際 : ブラジル女子高生が「初体験」をネットで競売 議論呼ぶ (

日時: 2013-02-13  表示:2719回

2013年01月03日 CNN

ブラジル(CNN) ブラジルの農村に住む女子高生がネット上で自分の「初体験」を競売にかけ大きな議論を呼んでいる。

レベッカ・ベルナルドさんは数カ月前、動画共有サイト「ユーチューブ」に自作の動画を投稿した。動画の中で、ベルナルドさんは袖なしのピンクのトップスを着て、カメラに向かって「レベッカです。私の初体験を競売にかけます」と語る。

動画を投稿した理由について、ベルナルドさんはCNNのインタビューで、病気で苦しんでいる母親を助けるためと答えた。ベルナルドさんは、ブラジル人女性カタリーナ・ミリオリーニさんがオーストラリアのサイトで初体験を競売にかけ、78万ドルで落札されたとの報道を見てこのアイデアを思い付いたという。

18歳の誕生日の直後に母親が脳卒中を患い、寝たきりの状態となった。当初、ベルナルドさんは化粧品販売やウェイトレスをしていたが、高校を卒業していない彼女の賃金は最低水準で、1日中働いても稼ぎはすべて母親の介護人の給料の支払いに消えてしまったという。

その1カ月後、ベルナルドさんは友人のアカウントを使ってユーチューブに自分の初体験を競売にかける動画を投稿した。初日の視聴回数は3000回に達した。すでに何件か入札があり、最高額は7万リアル(約300万円)だという。ブラジルでは売春は合法だ。

当初、ベルナルドさんの動画は地元で猛烈な批判を浴びたが、この話がブラジル全土で注目を集めたこともあり、最近はベルナルドさんに同情する声が増えている。隣人からは「頼れる人がおらず、仕方なかった」とする意見や、「自分の体をどうしようとその人の自由」という意見が聞かれた。

ベルナルドさんの母親は「仕事を探すべきで、売春などすべきじゃない」と語るが、たった1人で母親の面倒を見ているベルナルドさんは、「責任が多すぎて1人では対処できない、私にはその力はない」と涙ながらに語った。

国際 : 聖職者による性的虐待被害者の団体、ローマ法王の退位を

日時: 2013-02-12  表示:2693回

AFP=時事 2月12日(火)8時52分配信

【AFP=時事】ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI、85)が11日に高齢を理由に退位すると表明したのを受け、聖職者による性的被害者の団体「SNAPオーストラリア(Survivors Network of those Abused by Priests (SNAP) Australia) 」は、ベネディクト16世は聖職者が児童に性的虐待を行う恐ろしい状態の解消にほとんど尽力しなかったと批判し、退位を歓迎する声明を発表した。

AAP(Australian Associated Press)通信によると、SNAPオーストラリアの広報担当者、ニッキー・デービス(Nicky Davis)氏は「聖職者が児童に性的虐待をするという恐怖の状態を終わらせるのにほとんど何も手を尽くさなかった、計り知れない権力を持つ聖職者の退位を被害者は歓迎している」と述べるとともに、「被害者の目からみれば、ヨゼフ・ラッツィンガー(Joseph Ratzinger、ベネディクト16世の本名)は自ら、被害者を大幅に増やし、被害にあった人々の苦しみを極めて大きく増幅させた」と非難し、次の法王には性的虐待の訴えに関する調査により協力的であって欲しいと訴えた。

 カトリック教会は近年、小児性愛の聖職者やカトリック教会の名声を守るために聖職者による児童性的虐待の事実を隠蔽(いんぺい)したという批判を受け、注目を集めていた。【翻訳編集】 AFPBB News

国際 : わいせつアルゼンチン人は逃げた 釈放→再捜査→起訴の

日時: 2013-02-12  表示:2797回

2013年02月11日 産経新聞

 強制わいせつ罪に問われたアルゼンチン人の男が帰国してしまい、大阪地裁で裁判が開けない状態が続いている。男の逮捕後、大阪地検がいったん処分保留で釈放したためだ。その後、検察審査会の起訴相当議決を受け、地検は再捜査を行って男を起訴したが、時すでに遅し。日本とアルゼンチンには犯罪人引き渡し条約がない上、男は日本での裁判を拒否しており、もはや出頭させる手段は事実上、ない。このような事態はなぜ起きたのか。被害女性は責任の所在を明らかにしようと1月、「検察官の判断ミスにより男の国外逃亡を許した」として、国などに165万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

■手遅れの起訴

 「無罪になるかもしれない」

 大****容疑者を釈放した理由を、被害者にこう説明した。

 平成22年1月、大阪府内のホテルで、フロント係として働いていた女性を「ランドリーのことで質問がある」などと部屋に呼び出し、無理やり体を触ったなどとして、大阪府警はアルゼンチン人のロベルト・ロサダ・ゴ****被告(64)を逮捕した。

 しかし、地検は同年2月、***被告を釈放。すると翌日すぐに、アルゼンチンに帰国してしまった。********* 被告は「相手の同意があった」と容疑を否認していたとされる。地検は、釈放した理由の説明を求める女性側に****被告は相手の同意があると信じていた可能性があり、無罪になるかもしれない」などと話した。そして、釈放した被告を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 しかしこの後、風向きが変わる。

 大阪第4検察審査会は同3月、「恐怖で拒否できない状態を利用してわいせつ行為をした」などと、起訴相当を議決。これを受けて再捜査した地検は同10月、一転して被告を起訴した。

 起訴に際し、地検は「被害者の証言を十分に評価せず配慮を欠いていた」と陳謝。女性側にも判断の誤りを認めて謝罪した。

■犯罪人引き渡し条約

 問題は、ここからだ。

 24年12月。大阪地裁で予定されていた強制わいせつ罪の初公判は、開かれなかった。すでにアルゼンチンに帰国している***被告が出廷しなかったためだ。

 刑事訴訟法では、刑事裁判の1審公判は原則として被告が出廷しなければ開くことができないと定められている。

 一般的に、起訴された被告が公判に出頭しない場合、被告が日本国内にいれば裁判所が発付する「勾引(こういん)状」によって検察事務官などが身柄を拘束し、強制的に裁判所へ連れて来ることができる。その後、裁判所が「勾留状」を出せば、被告の身柄は拘束され続ける。

 ただ、***被告がすでに地球の裏側のアルゼンチンに帰国している。

 外務省などによると、日本は米国、韓国との間で犯罪人引き渡し条約を結んでおり、両国に対しては原則として容疑者*被告の引き渡しを求め、日本で裁くことができる。

 しかし、それ以外の国の場合、外交ルートを通じて身柄の引き渡しを要請することはできるが、応じるかどうかは相手国次第。日本を含めて「自国民を外国に引き渡さない」などと定めている国も多く、現実的には難しいことが多い。

 外交の世界では「相互主義」が原則とされており、日本が応じられないことを相手国に求めることはできないという事情もある。

■事実上の「逃げ得」

 女性側の代理人弁護士によると、起訴状はアルゼンチンにいる***被告に届いており、初公判の日程や出頭を求められていることも伝わっている。しかし、本人は「母国以外での裁判は受けない」との意向。アルゼンチンでは国民が自国で裁判を受ける権利が保障されているといい、***被告が日本の法廷に出頭する可能性はほぼゼロだ。

 「代理処罰」という仕組みもある。相手国に対して、その国の法律に基づいて現地で裁くよう要請するものだ。

 実際、年間数件程度は日本の要請に応じて相手国が犯罪者を起訴する事例があり、平成11年に浜松市で発生したブラジル人による死亡ひき逃げ事件などでは現地の***被告の有罪が確定している。

 ただ、あくまで相手国の法律に従って刑事責任が問われるため、日本と同じような刑罰か科されるかどうかは分からない。

 今回のケースでは、代理処罰を求めると、被害者の女性が現地に赴いて事情聴取を受けるなどの必要が生じる可能性がある上、アルゼンチンの法律で***被告が有罪になるかどうかは不明。女性本人も制度や文化が異なる国での手続きに不安を示している。実現の可能性は低い。

 事実上の「逃げ得」状態となっている***被告。大阪地裁は初公判の期日を改めて指定するとしているが、状況が変わる見込みは薄いのが現実だ。

■検事のひと言にも“傷”

 「犯罪を裏づける十分な証拠があったのに、検察官が釈放したため、日本での裁判を行えなくなった」

 被害女性に残されたのは、この道しかなかったのかもしれない。女性は今年1月、国と事件の担当だった検察官に損害賠償を求めて提訴した。

 女性は検察庁に対し、「釈放すれば被告が帰国してしまうことは容易に想像できたはず。犯人を裁けなくなったことを、一体どう考えているのか」と憤りをみせる。と同時に、事件捜査中に検察官から「****被告が)女性が同意していると思ったと弁解し、無罪になるかもしれない」などといわれたことで尊厳を傷つけられたとも訴えている。

 女性の代理人弁護士によると、「きちんと犯人を処罰してくれると信じていたのに、地検が釈放したことにショックを受けた」と話しているという。

 女性は、犯罪被害者保護法に基づく損害賠償命令の申し立ても行っている。刑事裁判の結果を前提として簡略な****被告側に賠償金の支払いを求めることができる制度だ。しかし、これは刑事裁判で有罪判決が言い渡された後でないと審理が進まない。当然、現時点ではストップしている。

 外国人犯罪に詳しく、ブラジルの裁判所などを視察した経験もある熊田俊博弁護士(静岡県弁護士会)は「法律や制度が想定していないような難しい状況になっているといえるが、最初に身柄を拘束した段階で起訴しなかった検察官に落ち度があったのではないか」と話している。

国際 : エジプト:反セクハラ運動が活発化 集団強姦事件契機に (20

日時: 2013-02-09  表示:2812回

2013年02月08日 毎日新聞

 【カイロ秋山信一】エジプトで1月下旬に起きた集団強姦(ごうかん)事件を契機に、女性に対するセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)に抗議する運動が活発化している。背景には治安を掌握できないモルシ政権への強い不満があり、政権が女性の政治参加を阻むため、意図的にセクハラを黙認しているとの疑念まで生んでいる。国連は女性への暴力に懸念を表明し、政権に対策をとるよう求めた。

 「私たちは恥をかいた」「自由と公正はどこにいった」。6日午後4時、カイロの旧市街に集まった約200人の女性がシュプレヒコールを上げた。通りかかった中年男性が「夜に出歩く女性が悪いんじゃないか」と因縁をつけると、大学2年のラナ・ラシードさん(19)は「私たちには安全を求める権利がある」と大声で言い返した。

 人権活動家らが企画したデモには、フェイスブックなどを通じて参加者が集まった。きっかけはカイロのタハリール広場付近で1月25日夜、反政権デモの最中に起きた集団強姦事件だった。治安部隊は当時、デモ隊との衝突を避けるため、広場にはいなかった。

 被害女性は地元テレビの取材に「友達とタハリールにいたら、30代くらいの男たちに突然囲まれ、私だけが取り残された。怖くてずっと目を閉じていた。悪夢だった」と恐怖を語った。地元メディアによると、25日だけで約20人が体を触られるなどの被害にあったという。

 企画者の一人であるラシードさんは「モルシ政権は何も対策をとらない。女性への敬意がない」と話した。インテリアデザイナーのマハ・ガルバーウィさん(55)は「女性は社会を動かす原動力なのに軽視されている」と男性中心の社会構造を批判。大学2年の男性、ムスタファ・フリオさん(20)は「革命では女性が大きな役割を果たした。女性を反政権運動に参加させないために政権が暴力を放置している」と政権を非難した。

 こうした状況を受けて、女性の地位向上を目指す国連組織「UNウィメン」のバチェレ事務局長は1月31日に声明を発表し、「タハリール広場で起きた性犯罪事件など女性への暴力に対して、強く懸念している」と述べ、政権に治安確保や人権擁護を求めた。また若者グループなどが「反セクハラチーム」などを結成し、デモ会場を独自に巡回する動きも出ている。

国際 : 「魔術使った」と焼き殺す 暴徒が女性拷問 (2013.02.08)

日時: 2013-02-09  表示:2852回

2013年02月08日 産経新聞

 パプアニューギニアで6日、20歳の女性が魔術を使ったとして暴徒らに拷問された揚げ句、焼き殺される事件があった。AP通信が8日伝えた。同国の農村では魔術が原因不明の災難をもたらすとみられているというが、警察当局は「われわれは21世紀に生きている。極悪非道で容認できない」と強く非難している。

 APによると、同国西部マウントハーゲンの病院で亡くなった男児の死をめぐり、女性の魔術が関係していると主張する男児の親族が女性を糾弾。女性は数百人の住民が見物する中、暴徒らに拷問された後、縛られた状態で火を付けられた。

 警察官も居合わせたが、50人以上いたとみられる暴徒らに圧倒され、制止はおろか、1人も逮捕できなかった。(共同)

最新 >> 2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより