ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   >>  最初

児童ポルノ : 親は知らない PART3 (2)ドル箱 少女撮影会

日時: 1017-09-27  表示:5232回

<h2>「U―10の子サイコー」「水着だともっといいよね」 ネットに流出、消せぬ映像</h2>

 「振り返って、笑って」

 「レモン持ってみて」

 身長130センチにも満たない9歳の女児が、ぎこちなくポーズを取ると、周囲に群がる男たちが一斉にシャッターを切った。数台のカメラは、小さな体の30センチ先にまで迫っていた。

 「やっぱりU―10(10歳以下)の女の子はサイコー」とはしゃぐ若い男は、「水着だともっといいよね」と、制服のスカートから出た女児の細い脚に目をやる。

 7月下旬、東京都内のスタジオで開かれた撮影会。被写体は9?14歳の少女7人だ。「ジュニアアイドル」と呼ばれるタレント予備軍で、週末ともなると各地の撮影会に呼ばれていくという。中にはDVDや写真集を出している少女もいる。

 参加費は2時間で2万円。モデルが成人の場合の相場に比べると倍以上の高さだが、この日は約50人が参加した。

 「こういう撮影会が目立って増え始めたのは、ここ5年ほど」と、別の撮影会の運営業者は明かす。「モデルが幼いほど客が集まる。高校生より中学生、中学生より小学生が人気」

 スカウトの手段は主にネットだ。子どもたちに人気の携帯サイトもよく使う。「『タレントになりたい』という欄は無数にある。ここで募集かければすぐだよ」

 小中学生の撮影会やグラビア誌、DVD。ジュニアアイドル市場は今や“ドル箱”だ。「ネットが低年齢化、過激化を招いている」と、日本ユニセフ協会の東郷良尚副会長は指摘する。

 今年1月、16歳の少女の過激な水着姿を撮影したとして、警視庁がプロダクション社長らを児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した事件。被害少女がDVDに出演するきっかけもケータイの検索サイトだ。「タレントになりたかった」。だが、まさか体に食い込むような小さな水着まで着させられるとは思わなかったという。

 こうした露出度の高い衣服で過激な演出を競う作品は「着エロ」と呼ばれる。中でも、幼い子どもをモデルとしたジャンルは根強い人気だ。

 ネット上には、月3000円程度の会費を払えば、水着姿の小中学生の写真を見ることができるサイトもあふれる。映っているのは、タレント志望の小学生たちが、ベッド上でビキニ姿になったり、跳び箱をまたいだりするシーンだ。

 ビデオカメラは少女の下半身にズームアップしていった。「13歳」を売り物にしたDVD作品。全編60分間、少女の水着姿しか映っていない。

 現在高校1年の女子生徒(15)がDVDに“初主演”したのは中1の夏だった。「ドラマに出演するには、まずグラビアで名前を売らないと」。タレント事務所のそんな言葉を信じたが、結局、水着の仕事しか回ってこなかった。出演料は1作1万5000円だ。

 DVD発売の数週間後。朝、登校すると、教室の黒板に書き殴られた「AV女優」の文字が目に飛び込んできた。「キモイ女」とグラビア誌も投げつけられた。その日から、誰も口をきいてくれなくなった。ネット上に、自分の水着姿の映像が、実名や学校名つきで流されていることを知ったのは、そのしばらく後だ。

 動画投稿サイトには今も、少女の映像が流れている。何度消しても、誰かがコピーを別のサイトに張り付けるからだ。一度ネットに流れた映像は、永遠に消すことはできない。

2009年08月17日 読売新聞

児童ポルノ : 女子高生に裸画像送らせる 児童ポルノ容疑で40歳男逮

日時: 0585-09-27  表示:5635回

 宮城県警泉署は25日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で栃木県上三川町西汗、会社員、****容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月18日、携帯電話のサイトで知り合った宮城県岩沼市の高校2年の女子生徒(17)に、18歳未満であると知りながら、上半身裸の画像を撮影させ、自分の携帯電話に送信させた疑い。

 同署によると、女子高生の携帯電話の通信履歴など****容疑者を割り出した。

2009年08月25日 産経新聞

児童ポルノ : 児童ポルノ禁止法違反:初公判 2被告、起訴内容認める

日時: 2009-08-22  表示:5404回

◇娘のわいせつ画像製造教唆

 女児のわいせつ画像の製造にかかわったとして、児童ポルノ禁止法違反(提供目的製造教唆)罪などに問われた堺市中区陶器北、無職、****被告(20)と兵庫県内のパート職員の女(23)の初公判が17日、仙台地裁(川本清巌裁判官)であり、2人は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、**被告は今年1月、女に金を払う約束をして、女の娘(当時2歳)のわいせつ画像を製造するようそそのかしたとされる。女は岩崎被告から郵送されたデジタルカメラで娘の裸を撮影し、わいせつ画像を製造したとされる。

 検察側は冒頭陳述で***被告はインターネットオークションで、女児の下着や画像が高値で取引されていることを知り、女に子供のわいせつ写真を送ってほしいと持ち掛けた」と指摘。女から画像を買い取り、さらに高い値段で第三者に販売して利益を得ていたことも明らかにした。

 「児童買春・児童ポルノ禁止法」(99年11月施行)は、18歳未満の児童を写したわいせつ画像の製造や提供、販売目的の所持を禁じている。ただ、個人で見るためだけに所有する「単純所持」を認めているのは主要8カ国(G8)で日本とロシアだけで、国際社会から「児童ポルノ輸出国」として批判の的となっている。

 そのため、与党と民主党は、同法改正案で「単純所持」も禁止することで合意していたが、衆院解散で廃案となった。衆院選後の国会で再提出される見通しだ。同法改正案をめぐっては、児童を性的搾取から守るために一刻も早い法改正を望む声が強い一方、表現の自由の観点から慎重な意見も根強く、次期国会での審議では曲折がありそうだ。

 また、警察庁のまとめによると、今年上半期(1?6月)の児童ポルノ摘発件数は382件(昨年同期比27・3%増)、被害児童は218人(同51・4%増)で、いずれも統計を取り始めた00年以降で最多となった。

 県警少年課は「明るみに出ているのは氷山の一角。単純所持の禁止により警察の恣意(しい)的捜査を危ぶむ声もあるが、厳正に取り締まるので問題はない」としている。【鈴木一也】

2009年08月18日 毎日新聞 地方版

児童ポルノ : 児童ポルノ「単純所持禁止を」…アグネス・チャンさん(20

日時: 7112-09-27  表示:4920回

今年1?6月の摘発が2000年以降、最多の382件に上った児童ポルノ事件。

 現行の児童買春・児童ポルノ禁止法では、ネット上の違法画像をパソコンなどに取り込むだけでは処罰されないため、違法画像を見たマニアが別のサイトに画像を投稿するなど児童ポルノ拡散の要因になっている。違法画像のダウンロードなど「単純所持」を禁止すべきだとして同法改正を訴える日本ユニセフ協会大使で、タレントのアグネス・チャンさんに話を聞いた。

 ――今年上半期の児童ポルノ事件の摘発は過去最多になった。

 表に出ていない被害者はもっともっといる。インターネットを通じて広まっており、サイバー空間に切り込む捜査を期待している。

 ――小中学生など低年齢層での被害も目立つ。

 犯罪が発覚しないよう、性行為の意味が理解できない小学生や未就学の女児が狙われている。世界で出回っている児童ポルノの30%が3歳以下というデータもある。小学生の頃に性的虐待を受けた女性は「自分の一生を台無しにする凶器」と訴えている。大人になってからネットで写真を見つけ、「周囲の人が見て楽しんでいると思うと夜も眠れない」という声もある。彼女たちは何も悪いことをしていないし、とても許せない。

 ――児童ポルノはなぜ減らないのか。

 ネットがまるでハイウエーのように児童ポルノを運んでいる。ある国で警察が摘発を進めても、規制が緩い別の国に逃げてしまう。日本ではまだ、児童ポルノを持っているだけでは罪にならない。先進国では日本以外、ほとんどの国で単純所持罪を設けており、早く法律を改正してほしい。

2009年08月06日 読売新聞

児童ポルノ : <児童ポルノ事件>件数・被害児童とも過去最多(2009.08.06

日時: 6825-09-27  表示:5328回

<h2><児童ポルノ事件>件数・被害児童とも過去最多</h2>今年上半期(1?6月)に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件は382件(昨年同期比27.3%増)、18歳未満の被害児童は218人(同51.4%増)で、いずれも上半期の統計を取り始めた00年以降で最多となったことが警察庁のまとめで分かった。昨年上半期に最多となった児童虐待事件は、死亡した児童が11人(同62.1%減)と大幅に減少した一方で、事件自体は157件(同3.1%減)と高止まりしている。【千代崎聖史】

 警察庁によると、児童ポルノ事件で摘発されたのは289人(同53.7%増)で、やはり過去最多。被害者の内訳は、中学生106人▽高校生71人▽小学生33人??などで未就学児童も2人いた。児童買春事件と被害者数も3年ぶりに増加に転じ、557件(同7.3%増)と435人(同1.9%増)だった。

 児童虐待事件の被害児童は164人(同1.2%減)。女児が100人を占め、年齢別では12歳と15歳が各17人で最も多く、次いで1歳未満の15人だった。傷害や暴行などの身体的虐待が118人、強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの性的虐待が41人、育児の怠慢・拒否が5人だった。

 死亡した11人の状況は、殺人5人▽傷害致死4人▽保護責任者遺棄致死と逮捕監禁致死各1人だった。容疑者の被害児童との関係では実父が48人で最も多く、次いで実母47人▽養・継父32人▽内縁の父25人??などとなった。

 一方、上半期に逮捕・書類送検・家裁送致された14歳以上20歳未満の少年は7年連続で減少し、4万923人(同1.7%減)。殺人は減少し、24人(同7.7%減)となったが、万引きが1万3726人(同8.2%増)で5年ぶり、強盗は368人(同19.1%増)で6年ぶりに増加に転じた。補導された14歳未満の「触法少年」も万引きの増加を反映し、8112人(同2.9%増)で4年ぶりに増加した。

2009年09月06日 毎日新聞

<h2>児童ポルノ摘発、最悪の382件…ネット絡み半数</h2>インターネット上などに氾濫(はんらん)する児童ポルノに絡み、全国の警察が今年上半期(1?6月)に児童買春・児童ポルノ禁止法違反で摘発した事件は382件で、前年同期を82件上回り、統計を取り始めた2000年以降、最も多かったことが6日、警察庁のまとめでわかった。

 摘発人数も、101人増の289人で同じく最多。押収画像などから身元が判明した被害児童は218人で、このうち小学生以下は前年同期より16人多い35人を占め、被害の「低年齢化」が進んでいることも明らかになった。

 児童ポルノの摘発は5年連続の増加。ネット絡みの事件は前年同期比83件増の194件だった。

 身元を特定できた18歳未満の被害児童を年齢別に見ると、中学生が106人で最も多く、高校生71人、小学生33人、無職6人。前年同期はゼロだった未就学の幼児も2人いた。

2009年08月06日 読売新聞

児童ポルノ : 上半期の児童ポルノ事件 摘発数、被害児童数とも最多(20

日時: 5671-09-27  表示:5313回

8月6日10時18分配信 産経新聞
 今年1?6月に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件(製造・提供など)は、前年同期比で27・3%増の382件、裸体写真を撮られるなどして被害者となった児童の数は同51・4%増の218人で、児童買春・児童ポルノ禁止法が施行された平成12年以降で最多となったことが6日、警察庁のまとめで分かった。

 児童ポルノ犯罪の抑止に効果が期待されている画像の単純所持の規制強化策が遅れており、ネットを通じた供給・拡散源との国際的な批判を浴びているが、対策を打ち出すめどは立っていない。

 児童ポルノ事件の摘発者数は、前年同期比で53・7%増の289人。このうち52・9%にあたる153人は、顧客の募集や宣伝、児童のわいせつ画像のやりとりにインターネットを利用していた。

 被害者の職業別で最も多かったのは中学生の106人(48・6%)。次いで高校生が71人(32・6%)、小学生が33人(15・1%)、無職が6人(2・8%)、未就学児も2人(0・9%)いた。また、児童買春事件の摘発件数は対前年同期比7・3%増の557件。摘発者数は同7・8%増の465人、被害児童数も同1・9%増の435人。児童買春は、平成19年に減少に転じ2年連続で減少していたが、今年上半期は摘発の件数、人数、被害者数のすべてで増加に転じた。摘発された465人のうち、42・4%を占める197人は出会い系サイトを使って買春していた。

 一方、児童虐待事件の摘発件数は前年同期比3・1%減の157件、摘発者数は前年同期と同数の165人、被害児童数も前年同期比で1・2%減の164人。虐待を受けて死亡した児童は同62・1%減の11人だった。虐待の被害に遭った児童164人の性別は、男児が64人、女児が100人。体に傷を負わせるなどの身体的虐待が118人(72%)で最多で、わいせつ行為の対象とするなどの性的虐待が41人(25%)。養育の怠慢や拒否も5人(3%)いた。

 性的虐待の被害児童数は平成17年の23人以降、毎年増加している。

児童ポルノ : 強制わいせつ:元教諭を再逮捕 強制わいせつ容疑などで

日時: 3927-09-27  表示:5167回

 男子中学生を脅してわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして、県警少年捜査課と都筑署は3日、横浜市都筑区川和町、元市立小学校教諭、****被告(27)=児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴=を強制わいせつと同法違反(製造)の両容疑で再逮捕した。

 逮捕容疑は08年6月、山梨県の女子中学生を名乗って、知り合いの同区に住む当時市立中3年生の男子生徒(15)にメールして裸の画像を送らせ「ばらまいてやる」と脅迫。生徒が自分に相談させるよう仕向け、生徒の家を訪ねてわいせつな行為をし、デジタルカメラで撮影するなどしたとしている。「好みのタイプだった」と容疑を認めているという。

 同課によると、**被告は「大学時代の教育実習のころから、これまで30人ぐらいに写真を送らせた」と供述。押収されたパソコンなどからは少年の裸体画像など約3000枚が見つかったという。【池田知広】

2009年08月04日 毎日新聞 地方版

児童ポルノ : 「法改正で入手困難に」宣伝=ネットカフェで児童ポルノ

日時: 2009-08-01  表示:5890回

<h2>「法改正で入手困難に」宣伝=ネットカフェで児童ポルノ販売?所持容疑で無職男逮捕</h2>児童ポルノを販売目的で所持していたとして、警視庁少年育成課と下谷署は31日までに、児童買春・ポルノ処罰法違反(提供目的所持)容疑で、北海道北見市東陵町、無職****容疑者(49)を現行犯逮捕した。
 同課によると、昨年4月以降、インターネットカフェで児童ポルノを収集し、その場でCDに複製してオークションに出品。「法改正で入手が困難になる」と宣伝していた。約90枚を販売し、約20万円を売り上げたとみて調べている。
 同容疑者は容疑を認め、「小遣い稼ぎにやった。自分は捕まらないと思っていた」と供述しているという。
 逮捕容疑は、17日に自宅で、10?13歳とみられる日本人や外国人の女児らのわいせつな画像1519枚が記録されたCD1枚を所持していた疑い。 

2009年07月31日 時事通信

<h2>10?13歳のポルノ画像を販売した疑い 北海道の男を逮捕 警視庁</h2>インターネットオークションで児童ポルノのCDを販売していたとして、警視庁少年育成課と下谷署は、児童買春・児童ポルノ禁止法(提供目的所持)違反の現行犯で、北海道北見市東陵町の無職、****容疑者(49)を逮捕し、自宅から児童ポルノ画像などの入ったCD54枚を押収した。同課によると、**容疑者は「小遣い稼ぎでやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、7月17日、自宅マンションで、女児のわいせつな姿を映した児童ポルノの記録されたCD1枚を、提供目的で所持していたとしている。

 同課によると、CDには10?13歳ぐらいとみられる女児の静止画1519枚が入っていた。主に外国人の女児が映っていたという。

*** **容疑者は平成13年ごろから趣味で児童ポルノを集め、自宅パソコンに保存していたが、16年夏ごろ、自宅近くに落雷があった影響でパソコンが壊れて保存データがすべて消えてしまい、それ以降はネットカフェで画像をダウンロードしていた。

 販売を始めたのは昨年4月ごろからで、約20万円を売り上げたという。

2009年07月31日 産経新聞

児童ポルノ : 児童ポルノ:流出容疑で風俗店員再逮捕??府警 /京都(200

日時: 2009-07-31  表示:5335回

 府警ハイテク犯罪対策室などは29日、川崎市小川町の風俗店員、****容疑者(38)=わいせつ物公然陳列容疑で逮捕、処分保留で釈放=を、児童ポルノ法違反(児童ポルノ公然陳列)とわいせつ物公然陳列の両容疑で再逮捕した。
 逮捕容疑は、今月8日、自宅のパソコンから、児童ポルノや無修正のわいせつ画像など47ファイルを、ファイル共有ソフト「シェア」を使って流出させた、とされる。**容疑者は性暴力を描いた無修正のゲームソフトを流出させたとして同日、逮捕されていた。「児童ポルノなどを流出させることで、普通の人とは違うという優越感を感じた」と容疑を認めているという。【田辺佑介】

2009年07月30日 毎日新聞

児童ポルノ : 裏「性暴力ゲーム」をネットに…男を再逮捕(2009.07.29)

日時: 2009-07-31  表示:7511回

<h2>裏「性暴力ゲーム」をネットに…男を再逮捕</h2>
無修整の「性暴力ゲーム」ソフトがファイル共有ソフトを通じてネット上に流出した事件で、川崎市の風俗店従業員、****容疑者(38)(わいせつ物公然陳列容疑で逮捕)が、児童ポルノ画像など5000点以上をネットに流していたことが、京都府警の調べでわかった。

*** **容疑者は動機について「ファイル共有ソフトの世界を活性化させたかった」と供述。府警は29日、児童ポルノ画像など47点を流出させたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反などで再逮捕した。

 発表によると、**容疑者は、自宅のパソコンをファイル共有ソフトに接続、約5年前からわいせつ画像や性暴力ゲームソフトなどを取り込んでは、ネットへの流出を繰り返しており、「ファイル共有ソフトの世界は違法ファイルを公開する者がいてこそ成り立つ。大量に流して活性化させる使命感があった」と供述しているという。

 京都地検は同日、**容疑者のわいせつ物公然陳列容疑を処分保留とした。

2009年07月29日 読売新聞

<h2>パソコン用に無修正ソフト/わいせつ物陳列容疑で逮捕</h2>
インターネットで、わいせつな画像が入ったゲームソフトを公開したとされる事件で、京都府警ハイテク犯罪対策室などは29日、児童ポルノ禁止法違反などの疑いで、川崎市川崎区小川町、風俗店従業員****容疑者(38)=わいせつ物公然陳列容疑で逮捕=を再逮捕した。
 逮捕容疑は、7月8日、自宅のパソコンからファイル共有ソフト「Share(シェア)」を使い、児童ポルノやわいせつな動画など47種類のデータをネット上に流し、利用者が閲覧できる状態にした疑い。
 府警によると、**容疑者は5年前から約5千種類の児童ポルノやわいせつな画像をネット上に流していたという。
2009年07月29日 京都新聞

最新 >> 37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより