ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 378   379   380   381   382   383   384   385   386   387   >>  最初

その他 : 出会い系サイト悪用犯罪、増える、少女の被害―昨年、買

日時: 2007-05-04  表示:5189回

[毎日](2004年1月23日)
 ◇18歳未満
 出会い系サイトを利用した少女の犯罪被害が県内で増加傾向を示している。県警の調べでは、昨年1年間に児童買春、県青少年健全育成条例違反で18歳未満の被害者は20人に上り、02年の8人を大きく上回った。中学生が6割を占めるなど低年齢化しているのも特徴。凶悪事件につながるケースもあり、昨年9月、養老町の19歳女性が出会い系サイトで知り合った男に殺害される事件が発生。県警少年課は「出会い系サイトの危険を十分認識してほしい」と注意を呼びかけている。
 県警少年課によると、昨年1年間の出会い系サイトから始まった犯罪の検挙数は22件・20人で、02年の12件・11人、01年の9件・9人に比べ大きく増えた。特に昨年は、被害者20人のうち▽中学生12人▽高校生6人▽有職少女1人▽無職少女1人。中学生は01、02年の4人に比べ一気に12人となった。
 出会い系サイトの利用は、親などが知らないところで、携帯電話を通じて利用しているケースが多い。警察庁が02年前半に発生した出会い系サイト関連の事件793件を追跡したことろ、95・6%(758件)が携帯電話から利用していた。投稿されているメッセージの8割が性交渉が目的で、金銭授受などを条件にした内容だったという。
 県警少年課は、サイトの危険性をホームページや広報を使って啓発。「出会い系サイトは気軽に利用できるところに落とし穴がある。大きな犯罪に発展するので、絶対利用しないように」と話している。【式守克史】

その他 : 刑法犯、4年ぶり減―道警がまとめ/北海道

日時: 2007-05-04  表示:5426回

[毎日](2004年1月23日)
 道警は、道内の昨年1年間の犯罪統計をまとめた。刑法犯の認知件数は9万3863件と前年比0・2%減とわずかに減少したが、殺人や強盗などの「重要犯罪」は同23%増の865件と、過去30年間では3番目に高い水準となった。
 刑法犯の認知件数が減少に転じたのは4年ぶり。自転車盗が5130件と21・8%減少したほか、侵入盗やすり、ひったくりなどの「重要窃盗犯」も6・7%減の1万5124件と減り、窃盗犯の減少が目立った。
 重要犯罪では強盗が72・8%増の115件、強制わいせつが20%増の59件と、強姦(ごうかん)や略取誘拐を除き軒並み増加。特に強盗は、侵入強盗が84・6%増の44件、路上強盗が70・4%増の38件と増えている。
 全刑法犯の検挙数に占める少年の割合は41・8%の5220人と、前年より794人増加した。外国人による犯罪は333件と前年比5・7%減。
 検挙率は全刑法犯で前年より3・6ポイント高い19・1%、重要犯罪で0・1ポイント低い56・4%だった。【昆野淳】

その他 : 小6女児の髪の毛切る 男2人、道尋ね近づく

日時: 2007-05-04  表示:5017回

[共同通信](2004年1月23日)
 23日午後4時半ごろ、埼玉県川越市四都野台の市道を一人で歩いて帰宅していた市立小学校6年の女児(12)が、若い男2人にはさみで髪の毛を切られた。女児にけがはなく、川越署は暴行事件として捜査している。
 調べでは、2人は乗っていた赤いバイクを降り「(西武新宿線の)南大塚駅はどっち」と道を尋ねるふりをして近づき、いきなり女児の後頭部付近の髪の毛をはさみで約10センチ切った。さらに女児のトレーナーを引っ張って破った上、眼鏡をつかんでつるを曲げ、バイクで逃走した。
 女児は「見たことがない人たちだった」と話しており、2人とも高校生か大学生ぐらいに見えたという。1人は白っぽいジャージーの上下、もう1人は赤っぽい服を着ていた。

その他 : 川口で通り魔相次ぐ、女子高生2人襲われる

日時: 2007-05-04  表示:5452回

[埼玉](2004年1月23日)
 22日午前8時50分ごろ、川口市西新井宿の路上で、県立高校2年の女子生徒(16)が男にカッターのような刃物で切りつけられ、左手甲に軽傷を負った。
 同10時ごろには、2・5キロほど離れた同市長蔵の路上で、別の県立高校3年の女子生徒(17)が男にこぶしで後頭部を殴られた。
 生徒2人は自転車で登校途中で、いずれも学校付近でバイクの若い男に襲われた。武南署で傷害、暴行事件として男の行方を追っているが、服装などが異なることから、同一犯の可能性は低いとみている。
 高校2年の生徒が切りつけられたのは国道298号や同122号などが交差する川口ジャンクション付近の側道。
 調べでは、黒バイクの男が生徒とすれ違った後、ひき返して地図を見せ「鳩ケ谷市役所はどう行けばいいのですか」と尋ね、いきなり上着のポケットから刃物を取り出し、生徒に切りつけ逃走した。
 男は黒のフルフェースのヘルメット、いずれも黒で革製のジャンパー、ズボン姿。白いマスクと眼鏡をしていた。
 また、高校3年の生徒は学校付近の住宅街で、後方から並走してきたバイクの男に声を掛けられ、逃げようと自転車を加速させたが、追走され頭を殴られた。
 バイクは赤の原付バイクでナンバーを白い布で隠していた。男は白の流線型のヘルメット、いずれもグレーのスタジアムジャンパー、ズボン姿だった。
 生徒2人はそのまま登校し、学校側が警察に連絡した。
 
 安全対策徹底を要請
 川口市教委
 
 川口市教委は同日午後、市内の公立幼稚園、小中高校に安全対策の徹底を求める緊急連絡を行い、小中学生に配布した防犯ブザーの利用や市内に約2千5百ある子ども避難所の活用などを、児童生徒に徹底するよう要請した。
 生徒が被害に遭った高校では、放課後に各担任が生徒に下校時の注意を呼び掛け、武南署が学校付近をパトロールした。
 同市内では、登下校中の小中学生らが不審者に腕をつかまれるなどといった事件が、市教委が把握しているだけで昨年7―12月に18件発生。市は公用車に防犯ステッカーを張り外出時に巡回させるなど警戒を強めていた。市教委は「年末にかけて(事件は)減少傾向にあったが…。年明けも防犯対策に努めたい」としている。

その他 : 昨年の性犯罪認知件数 6年ぶり減少、450件 被害者

日時: 2007-05-04  表示:5383回

[毎日](2004年1月24日)
 県警捜査1課は、昨年の県内の性犯罪の発生状況をまとめた。阪神間で強制わいせつ事件が大幅に減少し、増加傾向にあった性犯罪の認知件数は6年ぶりに減少した。被害者の約6割は未成年者で、12歳以下を狙った事件が増える傾向にある。同課は「不審者を見かけたら迷わず110番を」と呼びかけている。
 まとめによると、強かん事件と強制わいせつ事件を合わせた性犯罪の認知件数は450件(前年比45件減)。街頭犯罪対策室が制服警察官の巡回を強化した効果で、阪神ブロックでの強制わいせつ事件の認知件数が99件(同26件減)と大幅に減少。約8割を占める強制わいせつ事件の増加傾向に歯止めをかけた。
 一方、被害者の約6割が未成年者だった。うち約4割は12歳以下で、認知件数も前年より2割増の101件だった。外で遊ぶ幼稚園児や小中学生に「靴のひもがほどけている」などと近づき、人気のない空き地などでわいせつ行為に及ぶ事例が約40件あったという。
 この他、深夜の一人歩きの女性を車に押し込んで暴行したり、ワンルームマンションにピッキングなどの手口で侵入して暴行するなど悪質な事例が絶えないという。
 同課は「夜間の一人歩きを避け、防犯ブザーを持ち歩くなど注意してほしい」と呼びかけている。相談は「性犯罪被害110番」(078・351・0110)。相談時間は午前9時?午後5時。必ず女性警察官が応対する。 【隅俊之】

性犯罪 : 片思いの彼氏めぐり仕返し=ホテルで女高生を集団暴行?少

日時: 2007-05-04  表示:6154回

[時事通信](2004年1月24日)
 高校1年の女子生徒(16)をホテルに誘い込み、集団で暴行したとして、新潟県警上越南署は24日、同県上越市の公立高1年の少女2人=いずれも16歳=と、同県新井市の鉄筋工や会社員ら少年4人=いずれも19歳=を強姦容疑で逮捕した。
 女子生徒と少女2人は幼なじみだったが、自らが思いを寄せる男子高生と女子生徒が交際していることを知った少女の1人が、仕返ししようと、遊び仲間の少年らを誘ったという。

その他 : 浪速区で「近代日本の性買売制度と廃娼運動」展/大阪

日時: 2007-05-04  表示:5440回

[毎日](2004年1月24日)
 企画展「近代日本の性買売制度と廃娼(はいしょう)運動」が、浪速区浪速西の大阪人権博物館ギャラリーで開かれている。権力の公認の下で、女性を性的な対象として買売する役割をした遊郭などや、これを廃止しようとした運動を検証する狙い。遊郭で働いていた女性ごとの借金額を記した精算控えや、女性の親からあっせん人にあてた手紙、売春しないよう呼び掛ける映画のポスターなど、約80点を展示している。
 企画した同博物館の朝治武課長は「女性を非人間的に扱う制度を維持していた社会のあり方に目を向け、問い掛けていきたい」と話している。
 2月29日まで午前10時?午後5時。入館料一般250円、大・高校生150円。中学生以下、65歳以上、障害のある人は無料。月曜、祝日の翌日、第4金曜は休み。問い合わせは同館(06・6561・5891)。 【小泉健一】

性犯罪 : 女子中生をナイフで脅す わいせつ未遂の男逃走 北広島

日時: 2007-05-04  表示:5762回

[北海道](2004年1月24日)
【北広島】24日午前1時20分ごろ、北広島市の市道で、男が帰宅途中の女子中学生(15)に後ろから近づき、カッターナイフを首に突きつけ、「触れ」などと言って、わいせつな行為をしようとした。
 男は中学生が「助けて」と大声を上げたところ、逃走した。札幌厚別署は強制わいせつ未遂事件として、男の行方を追っている。
 調べでは、男は40?50歳くらいで身長約170センチ。めがねと白色のマスクを着けていたという。
 同市と隣接する札幌市厚別区の路上でも18日、刃物で女性を脅して体を触る強制わいせつ事件が起きており、男の特徴が似ていることから、同署で関連を調べている。

その他 : 県議海外視察問題 県議6人の返還視察費、議長全額返却

日時: 2007-05-04  表示:5345回

[毎日](2004年1月24日)
 ◇「きちんと視察した」と説明
 県議6人が昨年11月、タイ・バンコク視察で女性の接待を受ける店に出入りしていた問題で、6人が「視察費を返還する」として滝瀬副次議長に預けていた公費から支出された約530万円について、滝瀬議長は23日、全額を6人に返却する意向を固めた。滝瀬議長は「一部で批判される行動はあったが、視察自体はきちんと行っている」と説明している。県議会が開会する2月下旬までに返還する方針だ。他の会派からは批判の声も挙がっている。【堀文彦】
 ◇他会派から批判の声も
 6人は視察問題発覚後の昨年12月16日、「県民に迷惑を掛けた。視察に要した費用を返したい」と言い、紙袋に入れた現金約530万円を滝瀬議長に渡した。しかし、県への返還は公選法が禁じた「公職候補者による選挙区内への寄付行為」に抵触する可能性があるため、滝瀬議長は現金を銀行の貸金庫に預け、取り扱いを検討していた。
 毎日新聞の取材に、滝瀬議長は「視察費は県議会での議決を経て支出されたもので、視察そのものも報告を受けて適正に行われている」と返還する理由を述べた。返還された金をどう扱うかについて***議員が判断すること」と話している。
 視察団長の斎藤正明県議は「滝瀬議長から話はまだ何も聞いていないが、意向をよく聞き、6人で話し合って対応を検討したい」と話している。
 海外視察問題については、斎藤県議が昨年12月、記者会見で謝罪し、買春を否定した。同月の県議会では、6県議の議員辞職勧告決議案が最大会派・自民の反対で否決され、対案として自民が出した「自戒と反省を求める決議案」が可決された。今年度内に予定された他の2件の視察と、来年度の海外視察の中止が既に決まっている。
 共産党県議団の山岸昭子団長は「問題を起こした6人には責任があり、滝瀬議長は辞職を求めたうえで県に金を返すべきだ。滝瀬議長自身が視察問題を重大視していないと受け止められても仕方がない」と話している。

その他 : 出会い系サイトで児童買春の勧誘 容疑の男性を逮捕

日時: 2007-05-04  表示:5364回

[京都](2004年1月25日)
 京都府警少年課と桂署は25日、インターネットの出会い系サイトの掲示板に、児童買春の相手を勧誘する書き込みをしたとして、出会い系サイト規制法違反の疑いで、京都市北区小山初音町、自称****容疑者(39)を逮捕した。昨年9月に施行された同法違反での検挙は京都府警で初めて。
 調****容疑者は、昨年11月下旬ごろから同12月初めごろの間、インターネットの出会い系サイトの掲示板に「\\\\4で絶対会うよ、高校生は大歓迎」「\\\\3でエッチできる子募集中」などと書き込み、児童を異性交際や性交渉などの相手になるよう誘った疑い。「\\\\4」は「4万円」の意味という。
 同法は出会い系サイトを悪用した児童買春や恐喝事件が急増したのを受けて昨年成立し、これまでに八道府県で11件検挙している。

最新 >> 378   379   380   381   382   383   384   385   386   387   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより