ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 376   377   378   379   380   381   382   383   384   385   >>  最初

性犯罪 : 検察の犯罪被害者支援―津地検OB「ホットライン」/三

日時: 2007-05-04  表示:5536回

毎日新聞(2004年1月21日)

 ◇相談年々増え、昨年527件
 ◇公判期日など「通知」制度化
 検察が犯罪被害者からの相談に応じたり、刑事事件の処分結果を知らせる犯罪被害者支援活動が広がりを見せている。津地検は、被害者からの相談に応える「被害者支援員」を置き、窓口である「被害者ホットライン」を設けている。また、被害者や目撃者など事件の関係者に公判期日や裁判結果を通知する「被害者等通知制度」を制度化するなど力を入れている。
 埼玉県の桶川ストーカー殺人事件などで被害者支援が叫ばれるようになったのがきっかけで、検察は全国的に支援制度を設け始めた。津地検では、「被害者支援員」を99年から配置、現在検察事務官OBの男性2人が非常勤で被害者からの各種相談に応じている。相談件数は年々増加し、昨年は527件にのぼった。
 被害者が交通事故の被疑者のために持ってきた嘆願書を、担当検察官に渡したり、シンナー中毒者の友人からの申し出を受け、カウンセリング機関を紹介したり、活動は多岐にわたる。また、津地検は、被害者やその親族、目撃者などの希望に応じ、公判期日や事件の処分結果を知らせる「被害者等通知制度」を99年から設置。昨年は計317人から通知希望があり、延べ639回の通知を実施した。
 津地検の高口秀章次席検事は「検察の被害者支援はあまり知られていないのが現状。事件を解明して処分するのが主な検察の仕事だが、仕事をスムーズにするためにも被害者に対する細かなケアは不可欠」と支援の必要性を強調する。
 津地検の被害者ホットライン(059・228・4166)は、平日午前9時から午後5時まで開設している。【影山哲也】

その他 : <県内犯罪>凶悪犯32%増で過去最悪

日時: 2007-05-04  表示:4398回

[琉球新報](2004年1月22日)
 3年連続で過去最悪を記録するなど増加傾向にあった県内の刑法犯の認知件数が、昨年は7年ぶりに減少に転じたことが、22日に発表された県警のまとめで明らかになった。昨年1年間の認知件数は前年比10・6%減の2万2914件。特に窃盗が14・1%減の1万8135件となった。一方、強制わいせつなど重要犯罪は増加し、同32・4%増の278件と過去最悪を記録するなど悪化に歯止めがかからず、県内の治安は依然として深刻な状況だ。
 認知件数が減少したのは、県警が「身近な犯罪」に指定するオートバイ盗や車上狙いなど7罪種が同26・7%減の8876件と大幅に減少したことが要因。罪種別で多いのは窃盗で全体の79・1%を占めた。
 一方、重要犯罪では殺人が前年比6件減の25件と減少したが、強制わいせつが同34件増の107件、強かんが同10件増の36件、声掛けなど略取誘拐は同18件増の20件と軒並み激増。女性や子供を狙った事件が多発傾向にあり、性犯罪が51・4%と過半数を占めた。
 稲****部長は「身近な犯罪の抑止に県民ぐるみで取り組み、認知件数全体は減ったが、弱者を狙った性犯罪は増加しており、捜査手法を含め効果的な対策を強化していく」と話した。

性犯罪 : 相知町のわいせつ事件 県教委、注意呼びかけ/佐賀

日時: 2007-05-04  表示:4785回

毎日新聞(2004年1月22日)

 相知町周辺で下校中の女子高校生がわいせつ被害に遭う事件が相次ぎ、県教委が21日、各市町村教委などに注意を呼びかけた。
 相知署と県教委によると20日午後8時ごろ、相知町内の町道で、JR唐津線相知駅から自転車で下校中の女子高校生が、道路脇にいた男から呼び止められた。男は女子高生の胸を触り、女子高校生が逃げると、男は近くに止めてあった軽トラックで走り去った。男は身長約170センチ、30代ぐらいだったという。
 類似事件が同町や厳木町で11、12月にも発生しており、県教委は再発を防ぐため注意を促す文書を出すとともに、唐津線利用の女子高校生の保護者には夜は駅に迎えに行くよう呼びかけている。【古川修司】

DV : 妻の友人殺害、無期判決 DVめぐる事件で東京地裁

日時: 2007-05-04  表示:5046回

共同通信(2004年1月23日)

 ドメスティックバイオレンス(DV)防止法で接近を禁じられた妻の居場所を聞き出そうとして友人のHさん=当時(52)=を刺殺したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職HT被告(47)の判決で、東京地裁は23日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 木口信之裁判長は「妻への接近禁止は自分の粗暴な行動が原因なのに、居場所を教えないことを逆恨みした短絡的な犯行。約20カ所も刺すなど残忍、残酷で悪質だ」と述べた。
 Hさんが妻をかくまい、HT被告に居場所を教えなかったことについては「適切な対応」とした。
 判決によると、HT被告は昨年7月1日、東京都板橋区のHさん宅に行き、妻の居場所を尋ねるとともに、Hさんに貸していた金の返済を要求。相手にされなかったため、持っていた包丁で背中などを刺して殺害、現金約12万円入りの財布を奪った。

国際 : CD店で爆発=ポルノ映画に宗教勢力反発か?サマワ

日時: 2007-05-04  表示:5024回

[時事通信](2004年1月23日)

 【サマワ(イラク南部)22日時事】陸上自衛隊の先遣隊が活動中のイラク南部サマワの中心部にあるCD店で22日午後11時40分(日本時間23日午前5時40分)ごろ、爆発があった。死傷者はなかった。この店はポルノ映画のビデオCDを扱っており、警察はこれに反発するイスラム勢力が何らかの爆発物を爆発させたとみて調べている。

性犯罪 : <婦女暴行>中3少年を医療少年院送致 さいたま家裁

日時: 2007-05-04  表示:5379回

 毎日新聞(2004年1月23日)

 さいたま家裁は22日、東京、埼玉で昨年、帰宅途中の女性を暴行したとして、婦女暴行、強制わいせつ、強盗などの非行事実に問われた埼玉県和光市の中学3年の少年の少年審判で、医療少年院送致を決定した。北沢貞男裁判官は「刑事処分は耐え難い」などとして、医療少年院に送致した後、中等少年院での長期処遇を求めた。

製作被害 : わいせつビデオテープをネットで販売 容疑で大学院生を

日時: 2007-05-04  表示:5386回

[毎日](2004年1月23日)
 県警生活安全企画課と鳴門署は22日、鳴門市鳴門町三ツ石、鳴門教育大学大学院生、*容疑者(24)をわいせつ図画販売容疑で逮捕した。
 調べによると、*容疑者はインターネットのオークションサイトにわいせつなビデオテープを出品。1月上旬、申し込みがあった徳島市の男性事務員(32)に郵送し、3本を6500円で売った疑い。 【中村敦茂】

痴漢 : また女子高生が痴漢被害 県教委が注意呼びかけ―厳木町

日時: 2007-05-04  表示:4499回

 22日午前9時ごろ、厳木町内の国道で、登校中の女子高生が中年の男に体を触られる被害に遭った。隣の相知町では20日にも同様の事件があったばかりで、県教委は改めて注意を呼びかけた。
 相知署と県教委によると、女子高生が自転車を押して登校中、近づいてきた車から降りた男がいきなり胸を触り、すぐに車で逃走した。男は50歳ぐらいで身長約160センチ、茶色のジャンパーを着ていたという。
 同町周辺では11月以降、帰宅中の女子高校生を狙ったわいせつ事件が相次いでいるが時間帯や男の年齢が違うため同署は同一犯の可能性は低いとみている。【平山千里】

その他 :  知的障害のある滋賀県草津市の男性(19)を連れ回すなどし

日時: 2007-05-04  表示:4767回

[京都](2004年1月23日)
 知的障害のある滋賀県草津市の男性(19)を連れ回すなどしたとして、大津地検は23日、わいせつ目的略取誘拐などの罪で、住所不定、***容疑者(39)を起訴した。
 起訴状によると、*被告は昨年12月24日午後6時半ごろ、JR草津駅前で男性にわいせつ目的で声をかけ、定期券などの所持品を取り上げて「京都までつき合って」などと言い、電車に乗せて29日まで東京都内や札幌市などに連れ回すなどした、とされる。

性犯罪 : 女子中生ら監禁暴行で2被告、懲役15年と13年―地裁

日時: 2007-05-04  表示:5820回

[毎日](2004年1月23日)
 ◇「あまりにも悪質」??女子中生ら監禁暴行で地裁判決
 女子中学生らを監禁し暴行したとして、婦女暴行、監禁などの罪に問われた青森市八重田3、無職、*被告(26)と同市小柳5、無職、*被告(26)の判決公判が22日、青森地裁であり、高原章裁判長は「理不尽極まりなく、あまりにも悪質。被害者が受けた肉体的、精神的苦痛は極めて大きい」として、*被告に懲役15年(求刑・懲役17年)、K被告に同13年(同15年)を言い渡した。
 判決によると、2被告は帰宅途中の女子中学生らを監禁して暴行しようと共謀。01年10月24日に板柳町内で、*被告が帰宅途中の女子児童を*被告の運転する乗用車に連れ込み、暴行しようとした。また、同年12月5日ごろ、弘前市内で女子高校生を乗用車に押し込んで暴行した上「しゃべったら写真をばらまくぞ」と脅すなどした。さらに昨年2月19日には青森市内で、同様に女子中学生に暴行した。
 判決理由で、高原裁判長は「起訴事実以外にも女子中学生や高校生を襲おうと繰り返したことがうかがわれ、常習性は明白」と厳しく指摘した。
* *被告の父はそれぞれ県警幹部だったが、ともに昨年11月に辞職している。【田村彰子】

最新 >> 376   377   378   379   380   381   382   383   384   385   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより