ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   >> 最初

児童買春 : 出会い系サイトで中学生誘う 防止法違反、初の逮捕

日時: 2007-05-04  表示:7844回

[北海道](2004年1月8日)
 札幌北署は8日、出会い系サイト被害防止法違反(児童を誘引する行為)の疑いで、札幌市東区本町1、****(33)、同市厚別区大谷地西1、アル****(28)の両容疑者を逮捕した。昨年8月施行された同法による逮捕は道内初。
 調べでは、*容疑者は昨年11月、それぞれ所有する携帯電話を使って、インターネットの出会い系サイトの掲示板に、中学生に対して異性交際の相手方になるよう誘う文言を書き込んだ疑い。*容疑者は無関係だが、同じサイトを利用していた。
 同法は出会い系サイトを利用し、18歳未満の青少年に交際や性交渉を持ち掛けることを禁じている。

児童買春 : テレビ愛知の常務、児童買春容疑で逮捕

日時: 2007-05-04  表示:7704回

[朝日](2004年1月13日)
 18歳未満の少女と知りながらわいせつな行為をしたとして、愛知県警は13日、名古屋市中区千代田5丁目、テレビ愛知常務取締役で***部長の****(59)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)と県青少年保護育成条例違反(淫行(いんこう))の疑いで逮捕した。
 調べでは、*容疑者は昨年9月6日午後2時ごろ、同区のホテルで、同市港区の中学3年の少女(15)が18歳未満と知りながら、現金2万円を与えてわいせつな行為をし、同年12月7日午後2時ごろにも、自宅でこの少女とわいせつな行為をした疑い。*容疑者は「年は知らなかった」と話しているという。同県警港署によると、2人は携帯電話の出会い系サイトで知り合ったらしい。
 テレビ愛知によると、*容疑者は日本経済新聞社名古屋支社次長を経て、97年にテレビ愛知に出向。翌年に同社に転籍し、01年から番組編成の責任者である***部長を務めていた。自宅は東京都内にあり、単身赴任中だったという。
 同社はこの日、部長以上の社員に対して事件について説明した。松井孝****部長****容疑者は)まじめで仕事もてきぱきと処理し、積極的な人。事件は事実とすれば許しがたい反社会的行為であり、事件の詳細を把握した上で厳正に対応したい」と陳謝した。

児童買春 : <児童買春>サッカーJFL監督を逮捕 神奈川県警

日時: 2007-05-04  表示:7777回

[毎日](2004年1月13日)

 女子高生に現金を渡し買春行為をしたとして、神奈川県警少年課と厚木署は13日、サッカー・JFLの佐川急便東京サッカークラブ(SC)監督、O容疑者(41)=東京都大田区=を児童買春禁止法違反容疑で逮捕した。
 調べでは、O容疑者は昨年11月16日午後11時50分ごろ、同県厚木市内の駐車場に止めた乗用車内で、同市内の県立高1年の女子生徒(16)に2万円渡し、みだらな行為をした疑い。容疑を認めている。
 静岡県内で同日行われたJFLのリーグ戦(2―3で敗戦)の帰りに、小田急線本厚木駅前で帰宅途中の女子生徒に声を掛け、車内に誘い込んだという。「3、4年前から数人の少女に同じような行為をした」と供述しており、余罪を追及している。
 O容疑者は中央大卒。全日空などのサッカーチームでMFとして活躍。98年に佐川急便東京SCの監督に就任した。昨年12月終了の昨季はJFL5位だった。
 佐川急便本社の話 事実関係について把握していないが、事実であれば大変遺憾。個人の行為ではあるが、極めて恥ずべき行為であり、会社として厳正に対応したい。【広瀬登】

児童買春 : 中学教諭が女生徒買春=テレクラで知り合い、2人に3万

日時: 2007-05-04  表示:8085回

[時事通信](2004年1月17日)
 女子中学生2人に現金を渡してわいせつ行為をしたとして、広島県警福山東署は17日、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で、同県尾道市西則末町、同市立中****容疑者(49)を逮捕した。
 調べによると、*容疑者はテレホンクラブで知り合った福山市の中学に通う13歳と14歳の女子生徒が18歳未満と知りながら、昨年11月30日午後10時半ごろ、2人を同市内のホテルに誘い出し、現金3万円を渡してわいせつな行為をした疑い。

児童買春 : 児童買春監督に公的職務永久停止=佐川急便東京にも活動

日時: 2007-05-04  表示:8088回

[時事通信](2004年1月29日)
 日本フットボールリーグ(JFL)は29日、***議員会を開き、13日に児童買春・ポルノ処罰法違反で逮捕された佐川急便東京の大貫啓一前監督に、JFLでの公的職務永久停止処分を科すことを決定。佐川急便東京にも3月12日までの2カ月間の活動停止と、成績に応じて支払われる今年前期の強化費支払いを停止する処分を決めた。大貫前監督は23日に略式起訴で罰金50万円の刑が確定。15日に監督を解任され、26日には佐川急便を懲戒解雇されている。
 JFLは26日、拘置が解かれた大貫前監督から事情を聴取。規律委員会を経て、リーグとしての処分を決めた。処分が6カ月以上に及ぶため、今回の決定を日本サッカー協会に報告して審議を要請する。同協会では、2月12日の理事会で大貫前監督が保有する協会認定のS級ライセンスの取り扱いを含めた最終決定を下す。

最新 >> 23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   >> 最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより