ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   >>  最初

児童ポルノ : 母親6人逮捕…自分の子供の裸画像、男に販売 (2012.07.26)

日時: 7654-01-27  表示:3331回

読売新聞 7月26日(木)11時11分配信

 自分の子供の裸の画像や動画を相模原市の男性(44)に販売していたとして宮城県警が今年上半期だけで、母親6人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで逮捕していたことが、同県警のまとめでわかった。

 動機はいずれも「生活苦のため」と説明しており、総額約7万5000円を受け取っていた母親もいた。

 県警少年課によると、逮捕されたのは、北海道、宮城、神奈川、長野、大阪、兵庫の6道府県に住む20〜40歳代の女6人。6人は2009〜11年、自分の子供(生後7か月〜8歳)の裸の画像や動画を男性にメールで提供するなどしていた。男性から画像や動画が転売された形跡はなかった。

 6人の母親と男性は、それぞれ個別にインターネットなどで知り合ったとみられ、母親同士はお互いに面識もないという。

 県警少年課は「被害児童が成長し、自分の画像などを見てしまう可能性がある。そうしたことにならないよう全国の警察と連携し、取り締まりを強化する」としている。

児童ポルノ : アノニマス、大規模なペドフィリア狩りを開始: オペレ

日時: 2012-07-26  表示:3579回

2012年7月11日 &#183; by koshiohata &#183; in News, World

日本政府への宣戦布告、およびサイバー攻撃で一躍話題となったハッカー集団「アノニマス」。そんな彼らが、今度はオペレーション「PedoChat?」(#OpPedoChat?)と称して大規模なペドフィリア(小児性愛者)一掃作戦を展開している。

アノニマスは7月8日、オペレーション「PedoChat?」の詳細に関する動画をYouTube?に公開。10日(米時間)までに、児童ポルノコンテンツの交換所となっていた複数のウェブサイトをアクセス不能に陥れた。

米ZDnetによると、現時点で85個のドメインがオペレーションのターゲットになっている。今後、ターゲットとするウェブサイトを定期的に増やしていくようだ。

アノニマスは、児童ポルノサイトへのDDoS?攻撃に加え、サイトの改ざんやドメインジャック、サイト利用者の個人情報公開などを宣言した。実際に、このオペレーションの第一波はすでに達成済みで、 8日から9日にかけて、数百人のペドフィリアたち(とサイト運営者)の名前やメールアドレス、IPアドレスといった情報が、Pastebinに共有された。

アノニマスが児童ポルノ撲滅に乗り出したのは、今回が初めてではない。昨年10月には、オペレーション「Darknet」(#OpDarknet?)を展開。40以上の児童ポルノサイトから1500人にも上るペドフィリアの個人情報を抜き出し、ネット上に公開した。

改正著作権法に対する日本政府への攻撃からも分かるように、アノニマスの活動理念は「インターネット・言論の自由を守る」ことにある。著作権保護には反対する一方で、児童ポルノ撲滅という形で「特定の個人の趣味嗜好(重度の精神病というべきか)」を否定する今回の行動に、矛盾を感じる人もいるかもしれない。

この疑問に関してアノニマスは、「言論の自由とインターネットの自由は擁護するが、純粋な子供心を略奪するような人間を擁護することはない。すべての人間には、生命、自由、そして幸せを求める絶対的権利がある」としている。

児童ポルノ : 剣道日本一の警官、女子高生から裸画像 (2012.07.20)

日時: 2012-07-20  表示:3448回

スポーツ報知 7月20日(金)8時3分配信

 少女に自分の裸の画像を撮影させて携帯電話に送らせたとして、警視庁少年育成課は19日までに児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、神奈川県警第2機動隊の**部長・正代(しょうだ****容疑者(31)を逮捕した。**容疑者は2008年の全日本剣道選手権優勝者。元日本一剣士の逮捕に、剣道界は衝撃に包まれている。

 「児童買春」「ポルノ禁止法違反」―。剣道の厳粛なイメージから程遠い容疑名で逮捕されたのは、イケメンの元日本一剣士だった。**容疑者は、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 警視庁少年育成課によると、**容疑者は昨年10月16日、当時16歳で高校2年だった少女(17)にカメラ付き携帯電話で裸を撮影させ、画像3枚をメールで送信させた疑いで今月18日に逮捕された。

*** **容疑者は事件前、インターネットの掲示板を通じて「友達になろう」と少女にメールを送り、電話をやりとりする関係に。その後、警察官の身分や剣道日本一の経歴を明かし「好きだから裸の写真を送って」などと複数回にわたって要求していた。少女から相談を受けた知人が5月に警視庁に届け、被害が発覚した。

 事件を受け、神奈川県警監察官室は「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを出した。

*** **容疑者は熊本県出身。県立八代東高では目立った実績を残せなかったが、全日本剣道選手権で史上最多6度の優勝を誇る神奈川県警・宮崎****(49)から才能を見いだされ、1999年に同県警に進んだ。

 県警では「三倍努力」を座右の銘として研さんを積み、2008年の全日本選手権を制覇。竹刀を頭上に構えて相手と対する「上段」の使い手として、25年ぶりの優勝で話題をさらった。切れ味抜群の「片手面」を武器に、翌09年と今年5月の世界選手権の代表にも選ばれ、団体戦で優勝した。私生活では08年に結婚して子どもをもうけたが、現在は県警の独身寮に入寮している。

 第一人者の逮捕を受け、神奈川県剣道連盟は19日午後の理事会で対応について議論し、全日本剣道連盟の綱紀委員会に審議を依頼する文書を提出することを決めた。8月26日に行われる全日本選手権神奈川県予選への出場の可否など、処分は綱紀委が決定する。

 県剣連の小林英雄会長は「申し訳なく思っています。激しい剣道をするけど、性格は静かな人間なので、びっくりしています」と話していた。

児童ポルノ : 短大子ども学科長、中学女子に全裸写真送らせる (2012.07.10)

日時: 2012-07-12  表示:3488回

読売新聞 7月10日(火)22時37分配信

 女子中学生に撮影させたわいせつ画像をメール送信させたとして、山口県警は10日、青森明の星短期大(青森市)の鷲岳(わしおか)****(37)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、**容疑者は昨年12月8日から同月下旬頃にかけて、当時15歳だった山口県内の女子中学生に全裸の写真を携帯電話で数十枚撮影させ、自分のメールアドレスに送信させた疑い。女子中学生とはインターネットで知り合い、謝礼として金を振り込んだという。

 同短大によると、**容疑者は子ども学科長で、保育士を目指す学生らに心理学などを教えていた。学生の評判は良く、学外から講演依頼も多かった。

 同短大は「事実であれば厳重に処分したい」としている。

 県警は10日午前、青森市の**容疑者の自宅や大学の研究室からパソコンや携帯電話など約20点を押収した。

児童ポルノ : 児童ポルノのアドレス紹介は違反…最高裁が判断 (2012.07.11)

日時: 2012-07-11  表示:3488回

読売新聞 7月11日(水)20時15分配信

 児童ポルノ画像を掲載したウェブサイトのアドレスを別のサイトで紹介した行為が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)に当たるかが争われた事件の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は9日の***被告の上告を棄却した。

 懲役8月、執行猶予3年、罰金30万円の1、2審判決が確定する。

 決定は裁判官5人のうち3人の多数意見。弁護士出身の大橋正春裁判官と裁判官出身の寺田逸郎裁判官は反対意見で、「児童ポルノの所在地を情報として示すだけでは公然陳列に当たらない」と、ほう助罪の成立の余地を指摘し、審理を高裁に差し戻すべきだとした。

 同法違反に問われたのは、京都市の会社員・開原嘉樹(かいは******被告(53)。1、2審判決によると、**被告は2007年、共犯者の男(51)(有罪確定)と共謀し、男が運営していたサイトで、児童ポルノ画像を載せたサイトのアドレスを明らかにした。

児童ポルノ : <児童ポルノ販売>IPアドレスでもブロッキングへ (2012.0

日時: 8422-01-27  表示:3221回

毎日新聞 7月4日(水)2時31分配信

 インターネットサイトで児童ポルノを販売し警視庁に逮捕された男らが、「IPじか打ち」と呼ばれる手法でサイトへの接続を遮断するブロッキングをすり抜けていた問題で、大手プロバイダーなどで組織する「インターネットコンテンツセーフティ協会」(ICSA)は3日、従来のサイトを示すための表記「URL」だけでなく、パソコンなどに割り当てられた識別番号の「IPアドレス」でもブロッキングできる対策に乗り出すことを明らかにした。

 ICSAは11年11月現在、違法サイトとして170のURLなどをブロッキング対象としているが、今回の事件を受け、来春までに準備を整え、IPアドレス情報も各プロバイダーに提供する。

 ICSAによると、ブロッキングを実施する国内のプロバイダーの大半は、費用や接続設備への負荷がかかることからURLを基にサイトを認識する「DNS方式」を採用。URLとIPアドレスを併用してブロッキングできる「ハイブリッド方式」については、複数のプロバイダーが総務省と連携して実証実験を進めている。

 現在、ICSAに加盟しているプロバイダー73社のうち、ブロッキングを導入しているのは42社だが、ハイブリッド方式を採用している会社はない。

 警視庁によると、3日に児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノの提供など)容疑で逮捕された林嘉幸容疑者(48)らが運営していた児童ポルノサイトは、検索サイトを通してクリックすると、URLではなくIPアドレスで自動的にアクセスするように設定されていた。

 ICSAの吉田奨事務局長は「すぐにIPアドレス対策を進め、来春にはハイブリッド方式を採用するプロバイダーが出ても対応できるように準備を整えたい」と話す。

 一方、警視庁は3日までに、林容疑者らが拠点としていた板橋区などのマンションを家宅捜索し、現場にいた男4人を新たに児童買春・ポルノ禁止法違反(販売目的所持)容疑で現行犯逮捕した。【黒田阿紗子】

児童ポルノ : 「ブロッキング」回避し児童ポルノ提供容疑 警視庁、男

日時: 2012-07-02  表示:3384回

産経新聞 7月2日(月)23時2分配信

 インターネット上で児童ポルノサイトへの接続を遮断する「ブロッキング」をすり抜け、サイトでDVDを販売していたとして、警視庁少年育成課は2日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、東京都世田谷区太子堂、無職、***(48)と川崎市川崎区砂子、職業不詳、****(29)の両容疑者ら男4人を逮捕した。同課によると、**容疑者は黙秘し、ほか3人は否認しているという。

 同課によると、2年ほど前から少なくとも70〜80サイトを開設。警察庁が行うブロッキング対象にならないように、サイトアドレスとしては一般にあまり使われない数字ばかりの「IPアドレス」を使って、サイトにアクセスさせていた。

 逮捕容疑は、昨年12月16日、サイトを通じて申し込みをしてきた50代男性に、児童ポルノのDVD3枚を約3000円で売ったとしている。

 同課によると、海外サーバーを経由して客と連絡をとったり、DVD製造工場を移転したりするなどもして摘発を免れ、年1億円以上を売り上げいたとみられる。児童ポルノのブロッキングは日本では昨年4月に開始。児童ポルノ掲載サイトは、「co.jp」など英語のURL形式のアドレスが遮断される仕組みになっているが、数字の羅列のIPアドレス形式でアクセスすると、ブロッキングされない。

児童ポルノ : 明確な拒絶、日本に求める=児童ポルノ単純所持―ユニセ

日時: 2012-06-05  表示:3393回

時事通信 6月4日(月)5時53分配信

 来日した国連児童基金(ユニセフ)のスーザン・ビッセル事業部長補(子供の保護担当、カナダ出身)は、児童ポルノをめぐる過去20年の世界の変化について「一定の国際基準ができて問題が認識され、法の整備や執行といった各国の具体的な対応が問われるようになってきた」と進展を評価した。ただ、その中で日本は、欧米と異なり児童ポルノ画像を私的に収集する「単純所持」を禁止していない。児童ポルノ閲覧を続ける人々に「明確な拒絶のメッセージを出す」ため、早急な改善を訴えた。 

児童ポルノ : 児童ポルノ:根絶訴え、渋谷でセミナー スウェーデン大

日時: 2012-06-05  表示:3428回

毎日新聞 6月3日(日)10時43分配信

 インターネット上の児童ポルノ画像の根絶を訴える駐日スウェーデン大使館主催のセミナーが2日、渋谷区の国連大学で開かれた。
 スウェーデンは、99年に児童ポルノの単純所持を違法化するなど先進的取り組みで知られる。セミナーでは、シルビア王妃が「毎年100万人の児童が犠牲になっている。見て見ぬふりをすることは許されない」とスピーチ。児童ポルノ問題に関する著書を多数手掛けるヘレナ・カーレン氏が、近年、アジア各国でも単純所持が罰則化されていると報告し、「世界は日本(の罰則化)を待っている」と訴えた。
 日本側からは、山本和毅・内閣府政策統括官が国内の取り組み状況を紹介。パネルディスカッションでは、児童ポルノの流通防止対策について議論した。大森佐和・国際基督教大准教授が「日本では、児童ポルノを取得する客が処罰されない仕組みになっている。需要を根本的に抑える法整備が必要だ」と話した。【伊藤一郎】

児童ポルノ : カナダの日本人元大学教員、児童ポルノで有罪 (2012.05.16)

日時: 2012-05-16  表示:3461回

読売新聞 5月16日(水)11時38分配信
 【ロサンゼルス=西島太郎】国際的な児童ポルノ事件に関与したとして、米カリフォルニア州リバーサイドの連邦地裁は14日、タチノ****被告(32)(東京都出身、漢字表記不明)に対して禁錮17年の実刑判決を言い渡した。

 ロサンゼルスの連邦検察当局によると、***被告は仲間と共謀して、インターネット上の掲示板に児童ポルノを掲示したなどとして、2009年7月、シカゴで逮捕された。当時、カナダ南部のウィニペグに在住し、大学の教員をしていたという。

 この掲示板は、複数の国のメンバーでひそかに運営。男児らのわいせつな画像が掲載されていたほか、仲間同士の情報交換も行われていた。

最新 >> 8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより