ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>  最初

国際 : “あまい処罰”が煽る10代ポルノ映像拡散 (2019.11.02)

日時: 2019-11-06  表示:54回

ハンギョレ新聞 2019-11-02

 世界32カ国が協力し、2年間にわたって行われた「ウェルカム・トゥ・ビデオ」に対する捜査についての先月の発表は、韓国が児童・青少年のポルノ映像にどれほど「寛大な」社会なのかを赤裸々に語っている。そのうえ最近は誰でも容易にアクセスできるランダムチャット・アプリを通じても、10代のポルノ映像の取引が広がっている。児童・青少年のポルノ映像の制作・保有は非常に重大な反人権犯罪である。このような現実が捜査機関の遅い対応や司法府のあまい処罰と無関係なのか、問わざるを得ない。

 摘発された337人のうち223人が韓国人と明らかになったダークウェブの最大の児童・青少年ポルノサイト「ウェルカム・トゥ・ビデオ」の韓国人運営者は、昨年1年6カ月の実刑を言い渡された。米国、英国などではこのホームページのポルノ映像を所持するだけでも重大な犯罪として処罰されるのに比べ、途方もなく軽い。外国では会員が映像をアップすればサイトの運営者に共謀容疑を適用するのに、韓国では運営者に有利に働く。低すぎる法定刑も問題だが、量刑を最大限科さず、あれこれ理由をつけて軽くする司法府の判断は、本当に被害者の破壊された人格と人生を考慮したものだと言えるだろうか。このような背景から、この分野のウェブサイトの「元祖」であるソラネットの共同運営者に追徴金なしに懲役4年の原審を確定した最近の最高裁判所の判決にも批判の声が出ているのだ。

 児童・青少年のポルノ動画は、プラットフォームの「革新」の中で日々拡散している。ダークウェブのように何度もパスワードを入力する必要もない。誰でも匿名で対話できるあるランダムチャット・アプリでは「中高生の映像」という見出しのもと、1本150ウォンでも取引きされているという。この問題に取り組む市民団体が警察と放送通信審議委員会にモニタリング通報をしても特に反応がなく、直に購入者を装って具体的な容疑をつかみ通報したというハンギョレの1日付の記事は、公権力に対し深い絶望を感じさせるものだ。

 ウェルカム・トゥ・ビデオに対する捜査の発表後、オンラインコミュニティの関連掲示板では「最大限処罰を軽くするための」要領がシェアされているかと思えば、応援と慰労の書き込みが氾濫しているという。初犯などに対して量刑理由があるのは、罪を悔いて人が変わる可能性があるという信念があるからだ。しかし、ポルノ映像の所持者はもちろん、サイトの運営者にまで「あまい処罰」が繰り返される社会では「捕まるのは運の悪い奴だけ」という誤った認識を強化するだけだ。韓国は「野蛮な社会」であり続けるのだろうか。

国際 : サウジ雇用主の性的虐待告発、バングラ女性の動画拡散 遺

日時: 2019-11-05  表示:59回

AFPBB News / 2019年11月4日 19時14分

【AFP=時事】サウジアラビアで働くバングラデシュ人女性が、雇い主から「無慈悲な性的虐待」を受けていると涙ながらに告発する動画がフェイスブック(Facebook)上で拡散し、貧しいアジア系出稼ぎ労働者の搾取が改めて問題視されている。バングラデシュ政府は3日、被害を訴えた女性を「できるだけ速やかに」帰国させるよう、労働者の海外派遣をあっせんする国営業者に求めた。

 動画の中でスミ・アクテル(Sumi Akter)さん(25)は、「私は長く生きられないと思う。助けてください。彼らは私を鍵付きの部屋に15日間も閉じ込め、食べ物もほとんど与えてくれませんでした。熱した油で両手にやけどを負わされました」などと訴えている。

 アクテルさんの夫は「妻を帰国させようとしたが、できなかった」とAFPに語った。動画の拡散を受け、バングラデシュの首都ダッカでは出稼ぎ労働者の待遇に抗議するデモが起きている。

 アクテルさんの動画公開に先立ち、やはり雇用主による虐待を訴えて救出を求めていた出稼ぎ労働者のナズマ・ベグム(Nazma Begum)さん(42)が、10月末に遺体で帰国した。ベグムさんの息子は死因について、病気になったのに治療を受けさせてもらえなかったとAFPに話した。

 アクテルさんもベグムさんも、病院の清掃員の仕事を紹介するとの約束で出稼ぎに行ったが、だまされてメイドをさせられていた。

 バングラデシュ当局によると、サウジアラビアに出稼ぎするバングラ女性は1991年以降で約30万人に上り、在外バングラ人の祖国への送金額の多くを占める。

 あっせん業者が女性労働者を虐待し、別の業者に売り飛ばしているとの疑惑が浮上する中、政府報道官は悪質業者の取り締まりを約束した。しかし、アブドゥル・モメン(Abdul Momen)外相は先月31日、サウジアラビアへの女性の出稼ぎを禁止することはないと言明。「被害者が出ていることは、サウジアラビアも認めている。だが、一握りの人々の身に起きたというだけで、サウジ政府が被害者を生み出しているわけではない」と述べた。

 バングラデシュの人権団体によると、主にサウジアラビアから帰国した女性110人を対象に10月に聞き取り調査を行ったところ、61%が身体的虐待を受けていたと回答。約14%は性的虐待を受けたと答えたという。また、別の援助団体によれば、サウジアラビアに出稼ぎ後に遺体で帰国した女性は、今年に入って既に48人に上っているという。

国際 : 好みは「経済的に恵まれない少女」、アドレス帳に100人以

日時: 2019-08-12  表示:333回

AFP 2019年8月11日 13:45 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

【8月11日 AFP】多数の未成年の少女を性的目的で人身取引したとして起訴された米富豪のジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)被告がニューヨークの勾留施設で死亡する1か月前、若いスカウト部隊が高校生と大学生を集め、エプスタイン被告の飽くなき性欲を満たすことを強要する大掛かりなネットワークの存在が起訴状で明らかになっていた。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は2002年、当時親交のあったエプスタイン被告について、「彼は美しい女性が好きだ。その多くは若い方だ」と述べていた。

 エプスタイン被告が好んだ女性は「若い方」どころではなく、実は未成年の10代の少女だったとされる。

 ニューヨーク・ブルックリン(Brooklyn)地区出身のエプスタイン被告は当時、トランプ氏やビル・クリントン(Bill Clinton)元大統領といったセレブと親交がある優秀なヘッジファンド経営者で、非の打ちどころがない人物とみなされていた。

 しかし米当局の捜査と被害者とされる人々が起こした多数の訴訟で、フロリダ州パームビーチ(Palm Beach)とニューヨークにあるエプスタイン被告の邸宅には、後ろめたい秘密があることが分かった。

 訴えによると、エプスタイン被告の「マッサージ室」には、数十人の少女が出入りしていたとされる。中には14歳の少女もいた。わいせつな写真とアダルトグッズで飾られたマッサージ室への少女の出入りは、1日に複数回に及ぶこともあった。

 元数学教師から投資銀行家に転じたエプスタイン被告は、少女にスムーズに近づけるよう年齢の近い者で構成されたスカウト部隊も保有しており、自身を慈善活動家と紹介させていた。

 ニューヨークのエプスタイン被告宅近くの学校に通っていたジェニファー・アラオス(Jennifer Araoz)さん(32)は14歳の時、校門前でそうしたスカウトの一人に「彼が助けてくれた」と声を掛けられたという。

 アラオスさんはNBCニュース(NBC News)にスカウトについて、「彼女は私に似ていた」と語った。スカウトはアラオスさんに対し、エプスタイン被告が芸能界での仕事を見つけるのを支援してくれると告げたという。

 ジェフリー・バーマン(Geoffrey Berman)連邦地方検事によると、エプスタイン被告は、「経済的に恵まれない未成年の少女」を好んだという。

■「小さな黒いアドレス帳」

 米紙マイアミ・ヘラルド(Miami Herald)によると、エプスタイン被告の「小さな黒いアドレス帳」には、仏パリをはじめとする自宅を構える地域に住む100人以上の少女の名前が記されていた。

 多数の報告によると、家政婦と秘書、スカウト部隊が、密会の予約や交通手段――プライベートジェットを使うこともあった――支払いを細心の注意を払って追跡していた。支払いは大抵の場合、1訪問当たり200〜300ドル(約2万1000〜3万2000円)だった。

 マッサージのセッションは全裸で行われ、ほぼ意図的な性的接触も含まれていた。

 多数の女性がエプスタイン被告による性的接触を拒否しようとしたが、駄目だったと語っている。

 アラオスさんはマッサージのために訪問した時、エプスタイン被告にレイプされたと主張。その時のことを、「怖かった。彼にやめてと言った」「(なのに)彼はやめてくれなかった」と回想している。

 被害を受けたと主張しているバージニア・ロバーツ(Virginia Roberts)さんも、「エプスタイン被告から逃げたら、殺されたり拉致されたりする恐れがあった。彼にはそうしたことができると常々思っていた」「すごく怖かった」と証言している。

 ロバーツさんをはじめとする被害者は、エプスタイン被告が友人や知人に10代の少女たちを提供していたと明かしている。ロバーツさんは、「エプスタイン被告は特別に話してやると言って、友人や知人に自分への『借り』をつくらせ、『完全に支配下』に置くためにそうしていると語っていた」と語った。

 トランプ氏とクリントン元大統領はいずれも、少女たちと不適切な接触は一切持っていないと主張。クリントン氏はこうした「恐ろしい犯罪」について何も知らなかったと話している。

 エプスタイン被告は2008年、売春の勧誘をしたとしてフロリダ州の裁判所で有罪を認め、約1年間刑に服した。死亡時は、性的目的の人身取引をめぐる連邦裁判所での公判を待っていた。(c)AFP/Thomas URBAIN

国際 : 16歳で買春客殺害し終身刑に...米人身売買被害者、減刑され

日時: 2019-08-12  表示:315回

AFP 2019年8月8日 18:34 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

【8月8日 AFP】16歳で人身売買の被害に遭い、自分を性的に搾取した男を殺害して終身刑の判決を受け服役していた米国人女性が7日、仮釈放された。2004年に起きたこの事件をめぐっては、歌手のリアーナ(Rihanna)さんやタレントのキム・カーダシアン(Kim Kardashian)さんら複数のセレブが女性の釈放を呼び掛けていた。

【合わせて読みたい】トランプ氏、終身刑の受刑者を減刑・釈放 K・カーダシアンが働きかけ

 テネシー州矯正局によると、シントイア・ブラウン(Cyntoia Brown)さん(31)は7日早朝に仮釈放された。同州のビル・ハスラム(Bill Haslam)前知事が、退任前の今年1月に「厳しすぎる」罰だったとして減刑していた。

報道などによれば仮釈放期間は10年で、その間は当局の承認した釈放計画に従い、就業か就学、定期的なカウンセリング、少なくとも50時間の社会奉仕活動が義務付けられる。

 ブラウンさんは2004年、ナッシュビル(Nashville)で不動産業者を殺害したとされる。殺害されたジョニー・アレン(Johnny Allen)氏は、ブラウンさんを買春した後、売春あっせん業者の下から連れ去り、性行為目的で自宅に連れ込んだ。

 陸軍の狙撃手だった経歴を持つアレン氏は複数の銃器を見せびらかし、ブラウンさんの局部を無理やり「つかんだ」という。命の危険を感じたブラウンさんは、アレンさんを撃った。

 ブラウンさんは成人として裁判にかけられ、第1級殺人罪と加重強盗罪で有罪判決を受け、少なくとも51年間は仮釈放の認められない終身刑を言い渡された。

 この事件は2011年にドキュメンタリー番組で紹介され、複数のセレブの注目を集めた。ソーシャルメディア上でハッシュタグ「#FreeCyntoiaBrown?」(シントイア・ブラウンさんを釈放せよ)を共有するキャンペーンが広がり、ハスラム前知事に釈放を嘆願するオンライン署名運動には32万5000人以上が賛同していた。(c)AFP

国際 : トランプ氏やクリントン元大統領と交流の米富豪、少女性

日時: 2019-07-17  表示:437回

AFP 2019年7月9日 7:52 発信地:ニューヨーク/米国

【7月9日 AFP】ヘッジファンド経営者として財を成した米国の富豪で、有力政治家や著名人らと交友関係のあるジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)被告(66)が8日、未成年の少女数十人を性的に搾取した罪で起訴された。

 同被告とこれまで交際のあった著名人には、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領やビル・クリントン(Bill Clinton)元大統領、英国のアンドルー王子(Prince Andrew)がいる。

 エプスタイン被告は6日、仏パリから自家用機で帰国した際、ニュージャージー州の空港で逮捕されていた。

 米ニューヨーク州南部地区(Southern District of New York)連邦地裁が公開した起訴状によると、同被告は、性的搾取を目的とする未成年者の人身取引の罪と、同様の犯行を共謀した罪の2件で起訴されており、有罪の場合、最高45年の禁錮刑が科される可能性がある。

 エプスタイン被告は8日、マンハッタン(Manhattan)にある法廷で無罪を主張した。

 同地区を担当するジェフリー・バーマン(Geoffrey Berman)連邦地方検事によると、被告は2002年から2005年まで、マンハッタン、ニューヨーク、フロリダ州パームビーチ(Palm Beach)の自宅で未成年の少女数十人を性的に搾取した疑いがある。被害者の中には14歳の少女もいたという。

 バーマン検事は「罪状は何年も前の犯行によるものだが、現在、成人となっている多くの被害女性にとっては、まだ非常に重要だ」と指摘。「被害者らは法廷で証言の機会を与えられてしかるべきだ。われわれは今回の起訴によって被害者のために立ち上がることを誇りに思う」と述べた。

 エプスタイン被告は過去、パームビーチの邸宅で少女らに金を払い、性的なマッサージをさせたとして有罪判決を受けたが、2007年の司法取引により連邦での起訴を免れていた。この際、同被告の弁護人は、当時フロリダ州マイアミで連邦地方検事を務めていた現在の労働長官、アレクサンダー・アコスタ(Alexander Acosta)氏と交渉していた。

 バーマン検事は、この司法取引がニューヨーク州に適用されない理由を尋ねた記者らに対し、「その取引はフロリダ州南部地区でのみ拘束力がある」と説明。「ニューヨーク州南部地区は拘束されないし、その取引に署名していない」と述べた。(c)AFP

国際 : トップレス活動家、売春街の門を破壊し性的搾取に抗議 独

日時: 2019-07-04  表示:427回

AFP 2019年3月9日 20:13 発信地:ハンブルク/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ]

【3月9日 AFP】過激な抗議行動で知られる女性権利団体「FEMEN」の活動家らが8日、「国際女性デー(International Women\'s Day)」に合わせ、ドイツ・ハンブルク(Hamburg)にある売春街を標的に抗議活動を繰り広げ、街を隔てる金属製の門を破壊した。

 売春婦が客引きをする「飾り窓」が並ぶハルベルト通り(Herbertstrasse)は、ハンブルク市内北部にある歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)から程近い場所にあり、女性と18歳未満の入場を防ぐために門が設置されている。

 今回、FEMENの活動家らの一部はトップレス姿で、自らの体に「女性は商品ではない」というスローガンを書き込み、電動工具で門を破壊した。

 FEMENドイツ支部は、同団体のフェイスブック(Facebook)ページに「女性が入れない公道」の「象徴的な入り口を本日、破壊した」と投稿。「私たちが壁を破壊したのは、性産業の閉じられたドアの裏で公にされることがない、女性に対する性的搾取や人身売買、性暴力を糾弾するためである」と続けている。(c)AFP

国際 : 「飾り窓」のカーテン閉める? オランダ首都の赤線地区、

日時: 2019-07-04  表示:421回

時事通信 2019/7/4(木) 18:34配信

【AFP=時事】オランダの首都アムステルダムの市長が3日、同市の有名な赤線地区「ワレン(Wallen)」改革の一環として、売春婦たちが客引きをする「飾り窓」をカーテンで覆うことを提案した。

 運河沿いに立ち並び、主要駅からも程近いワレン地区の飾り窓と売春宿は、毎年1800万人の観光客が押し寄せるアムステルダム屈指の観光地となっている。

 同市初の女性市長フェンケ・ハルセマ(Femke Halsema)氏は、セックスワーカー(性労働者)の労働環境改善と犯罪抑止、大規模な観光化による負荷の軽減を目的として4つの案を提示。

 市長室は声明で、「多くの観光客にとって、セックスワーカーは見るだけの存在になった。窓の中にいるセックスワーカーに混乱をもたらす振る舞いや失礼な態度を伴うケースもある」「同時に、無許可でひそかに行われる売春も大幅に増加してきた」と述べた。

 市長の第1案は、「セックスワーカーと仕事場が路地から見えないように、飾り窓のカーテンを閉める」というもの。

 他には一部の飾り窓をワレン地区から市内の別のエリアに移す案や、ワレン地区内の飾り窓を閉鎖し、別の場所に新たな赤線地区を設置する案もあった。

 市がワレン地区内の飾り窓の店舗数を現在の330軒という水準から増加させたり、売春用のホテルを設置したりする可能性もあるという。

 市長は7月中にセックスワーカーらと住民、地元の事業者らと会談する予定で、アムステルダム市議会は9月、市長の提案について議論することになっている。

 オランダは2000年、売春を合法化。セックスワーカーは地元の商工会議所に登録し、所得税を納める。

 公式統計によると、アムステルダムの売春ビジネスには、約7000人が従事。うち75%は東欧を中心とする低所得国出身という。【翻訳編集】 AFPBB News

国際 : スパイカメラでの盗撮にノー! 女性たちが大規模デモ 韓国

日時: 2018-07-15  表示:816回

AFPBB News / 2018年7月8日 12時41分

【AFP=時事】韓国の首都ソウルで7日、女性トイレや更衣室などでの盗撮やこうした動画のネット投稿を厳しく取り締まるよう求めて数万人の女性たちが抗議デモを行った。女性のみが参加した国内デモとしては韓国史上、最大規模のものとなった。

 韓国では、学校や職場の女性トイレ、更衣室などで「スパイカメラ」(隠し撮り用小型カメラ)による盗撮が横行しており、ほぼ日常的に新聞記事になるほどだ。

 ポルノ画像・動画の配信は韓国でも違法だが、こうした盗撮動画はインターネットのポルノサイトやチャットルームで幅広く共有されているうえ、売春やギャンブルサイトの宣伝にも利用されている。

 ソウル中心で行われた抗議デモで、女性たちは「盗撮する男たち、ネットに盗撮動画を投稿する男たち、盗撮動画を見る男たち、全員に厳罰を!」と繰り返し声を上げた。「私の生活はあなたたちのポルノじゃない」「あなたたちのいやらしいファンタジーの性的対象物にしないで」などと書かれた横断幕もみられた。

 デモに参加した22歳女性は「トイレに入ったときはいつも壁やドアに怪しげな穴がないか確認している」とAFPに語った。

 韓国でスパイカメラによる犯罪は2010年の1100件から16年には6500件に急増している。だが、多くの場合、罰則は罰金刑か執行猶予付き判決にとどまっており、女性たちは刑が軽すぎると訴えている。

 7日のデモの参加者は主催者発表で女性約5万5000人、警察の推定で約2万人となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

国際 : 国際女性デー、各地で集会 スペインでは異例のスト (2018.03.

日時: 7250-11-20  表示:1032回

時事通信 2018/3/9(金) 5:41配信

【AFP=時事】「国際女性デー(International Women\'s Day)」の8日、世界各国で女性の権利向上を求めるデモなどが行われた。スペインでは、異例の全日ストライキによって数百本の列車が運休したほか、各地で女性の権利擁護を求める抗議デモが行われた。

【写真】「国際女性デー」に合わせて行われた各国でのデモの様子

 米ハリウッド(Hollywood)でのセクハラ問題を発端に世界中に広まった「#MeToo?(私も)」や「#Timesup(もう終わりにしよう)」運動を背景に、女性への敬意や男女平等を求める声が高まる中、今年の国際女性デーは盛り上がりを見せた。

 スペインでは、10の労働組合が男女平等を求める24時間ストライキを呼び掛けた。これはアイスランドで1975年、女性らが丸一日休暇を取り、女性の経済的・社会的貢献が不可欠であることを示した抗議行動に倣ったもの。だが同国の二大組合は24時間ストへの参加を拒否し、組合員に2時間のみの労働休止を呼び掛けた。両組合によると、このストには約530万人が参加したという。

 フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は、同じ仕事で男女の賃金格差がある企業を「名指しで非難」し改善を求めていくことを宣言。ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相も動画を公開し、女性はこれまでの成果に甘んじるべきではなく、「平等な権利を求める闘いは続く」と語りかけた。

 昨年7月にイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の支配から解放されたイラク第2の都市モスル(Mosul)では、約300人の女性が「900メートル・マラソン」に参加した。【翻訳編集】 AFPBB News

国際 : F1がレースクイーン廃止を発表!「現代の社会規範に適さな

日時: 8180-11-20  表示:977回

The PAGE 2018.02.01 05:39

フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン(グリッドガール)起用を中止する」との声明を出した。「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。 F1は、3月25日にオーストラリアのメルボルンで開幕するが、このオーストラリアGPからレースクイーンが廃止されることになった。

 これまでは、レース前のグリッドの時間などを使って、レースクイーンが、大会プロモーターやスポンサーの広告宣伝活動を手伝い、華やかで魅力的な光景をF1グランプリにもたらしてきたが、近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が強まっていた。

F1商業部門のショーン・ブラッチス運営責任者は、「この素晴らしいスポーツ競技に、我々のビジョンをより反映させるため、変更を必要と感じるいくつかの分野を検証してきた。レースクイーンの起用は、F1グランプリにとって数十年にわたって定番となってきたが、この慣習は我々のブランド価値に合うものではなく、現代の社会規範と、かけ離れていると感じている。この慣習は世界中の長年の、また新しいファンを含め、F1に適しているとは思えない」とレースクイーンを廃止した理由を説明している。

 全世界のニュースメディアも、さっそくこのニュースを取り上げた。

 FOXは、「F1は2016年に米国を拠点とするリバティーメディアによって買収され、その競技の魅力を広げるべく対策を講じてきていた。(レースクイーンの中止に至る)大きな出来事の1つとして、2015年の中国グランプリで、ルイス・ハミルトンが優勝した後のシャンパンファイトでレースクイーンの1人の顔にシャンパンをかけた行為が大きく叩かれたことがある」と、2016年の中国GPで起きた“事件”に対するバッシングが起きて、欧米でレースクイーン廃止論が高まっていたという経緯を紹介した。

 レースクイーン廃止の動きは、すでにモータースポーツ界では生まれていて、オーストラリアのV8スーパーカー・シリーズは2016年にレースクイーン起用を止め、また他のプロ競技団体ではあるが、英国プロフェッショナル・ダーツ・コーポレーションも、最近になり、放送パートナーからの圧力を受けて、(入場で選手と一緒に歩く)”ウォーク・オン”ガールの起用を止めることを決断したという。

英国の高級紙、ガーディアン紙も、「現代の社会規範に矛盾する」という運営側の廃止理由コメントと共に「この動きはプロフェッショナル・ダーツ・コーポレーションが大会で選手に付き添って入場する”ウォーク・オン・ガール”の起用を止めた決断に続くもの」と、世界的な流れに沿ったものであることを伝えた。

 英国でスポーツにおける女性の立場を支援しているWomen\'s Sports Trust社は、この発表を受けて「レースクイーンの起用中止を決断したF1に感謝します。別のスポーツ競技も、どういう動きをすればいいのかについての明確な判断を下してくれました」とツイッターで声明を発表している。

最新 << 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより