ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性行為目的での結婚の約束、犯罪にあたらず=韓国憲法裁 (2009.11.27)

日時: 2009-11-27  表示:3815回

韓国の憲法裁判所は26日、性行為のために結婚の約束をすることを禁じる刑法の規定を、違憲であるとして無効にした。

 同裁判所は、56年前に制定されたこの規定が、女性の性的自由の権利を侵害するもので、国は個人の問題に介入すべきではないと考えを示した。

 「淫行の常習がない女性に結婚の約束をして性交渉をした場合」に、最高で禁固2年もしくは罰金500万ウォン(約37万円)が科せられるこの規定に対し、2人の男性が性交渉は個人の道徳の問題であり、刑事罰の対象にすべきではないと訴えていた。

 また、複数の人権団体がこの規定について、女性が劣っているとの見方に基づいた時代錯誤なものだと述べていた。

2009年11月27日 ロイター


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより