ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

痴漢 : 痴漢「目撃者カード」…急ぐ人も情報提供を (2009.11.19)

日時: 9572-09-28  表示:5093回

 電車内の痴漢を目撃した通勤・通学客らに情報提供で協力してもらおうと、兵庫県警は、現場で氏名や連絡先だけを書いてもらう名刺大のカード(縦約6センチ、横約10センチ)を作成した。

 仕事や学校へ急ぐ人が多く、証言が得られにくいため。後日、具体的な目撃情報を提供してもらい、捜査に生かす。全国初の試みで、県内の鉄道各社から配布してもらう。

 タイトルは「テン・ブレスカード」。10回、呼吸する程度の短時間で書き込みが終わるという意味で、約5万枚作った。

 県警によると、痴漢は通勤、通学客らで混雑するラッシュ時に起きるケースが多いが、目撃者は仕事や学校へ急いでおり、十分に聴取できないのが現状。このため、現場で駅員にカードを渡してもらい、後日、県警捜査員から目撃者に連絡を取って情報提供を求める。

 県警鉄道警察隊の電話番号(078・382・0530)も記しており、目撃者が直接、県警に連絡できるようにもした。

2009年11月19日 読売新聞


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより