ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

製作被害 : 脱がなくても…日本のAV女優出演に反発 インドネシア(2009.10.13)

日時: 5861-11-20  表示:5109回

【ジャカルタ=矢野英基】ポルノが禁じられているインドネシアで、日本のアダルトビデオ(AV)女優をコメディー映画に出演させる計画が持ち上がり、波紋が広がっている。イスラム教団体は「有害だ」として抗議デモなどで入国反対の姿勢を強め、政府は冷静な対応を求めている。

 ジャカルタの映画制作会社は先月、AV女優を出演させる計画を発表する記者会見で、撮影のため女優が10月中にもジャカルタを訪れる可能性を示唆した。

 台本にポルノシーンはないが、地元報道によると、イスラム教団体の指導者で構成する「イスラム指導者評議会」の幹部は「ポルノ女優としての世評は有害で、道徳的に問題。入国させるべきでない」と反発。9日には強硬派団体「イスラム防衛戦線」などが各地で抗議デモをした。

 モハンマド・ヌフ情報通信相は「違法なポルノ活動をしない限り、入国を拒めない」としつつも「反対意見も尊重する」と語った。制作会社幹部のオディ氏は「AV女優はよく知られているので出演を頼んだが、ここまで騒ぎが大きくなるとは思わなかった」と地元テレビに話している。

 インドネシアでは昨年、ポルノの動画や写真などを規制する反ポルノ法が成立。その後も日本のAVの海賊版が出回り、イスラム聖職者らは神経をとがらせている。

2009年10月13日 朝日新聞


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより