ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : 県教委:熊工高教諭覚せい剤違反、教育長が給料自主返納 女性盗撮教諭は免職 /熊本(2009.09.09)

日時: 2009-09-12  表示:4359回

 県教委は8日、県立熊本工高の教諭が覚せい剤取締法違反(使用)などの罪で起訴されたことを受け、山本隆生教育長が月給10分の1を1カ月分、自主返納すると発表した。教職員などの不祥事で、教育長自らが責任を明確にして給料を自主返納するのは初めて。このほか県教委は、女性を盗撮した教諭を免職にするなど2件の懲戒処分をした。

 覚せい剤取締法違反事件で起訴された****被告(33)については「教諭本人と接見できず、県教委としての事情聴取ができていない」(学校人事課)として、懲戒処分を先送りしている。

 山本教育長は給料返納にあたり「薬物乱用防止を教育すべき教員が起こした前代未聞の事件に対し、教員を指導監督すべき責任を強く感じている。教育の原点に立ち返り、信頼を回復するため全教職員一丸となって職務に精励する」とのコメントを発表した。

 また、天草市内のパチンコ店で8月下旬、女性従業員のスカート内を携帯電話のカメラで盗撮したとして書類送検された県立牛深高の後****(37)を懲戒免職処分にした。同月中旬にも同じ従業員を盗撮していたことも判明した。学校人事課は「盗撮は教諭としてあるまじき行為であり、これまでも懲戒免職にしている」としている。
 ◇生徒に体罰、2人を戒告

 さらに熊本市内の県立高校の男性教諭(27)と実習助手の男性(26)を、生徒に体罰を加えてけがをさせたとして、それぞれ戒告処分にした。2人は、規則に反して携帯電話を高校に持ってきた生徒を指導した際、その態度に怒って平手でほおをたたき、鼓膜を破るけがをさせた。【笠井光俊】

2009年09月09日 毎日新聞 地方版


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより