ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV被害者らを守るために 住民票の写し、交付拒否も―知多市/愛知

日時: 2007-05-04  表示:6520回

[毎日](2004年1月13日)

 ◇来月から取り扱い要綱
 知多市は2月1日、ストーカーや家庭内暴力(DV)から被害者や家族らを守るための「住民票の写しの交付等に関する取り扱い要綱」(仮称)を施行する。県内では瀬戸市に次いで2番目。
 同市は、ストーカーやDV被害に悩む女性を対象にカウンセリングを行っている。02年度に116件あった女性相談のうち23件、03年度は4?10月の48件中5件がDV相談だった。このため、家族や転居先などに被害が及ばないよう、住民票や戸籍などの個人情報を保護することにした。
 要綱では、ストーカー規制法により警察から援助を受けた人か、DV防止法により裁判所から保護命令を受けた人が市長に支援を申請できる。これを受けて市は、(1)住民基本台帳の閲覧表リストから被害者やその相談者を削除(2)住民票の写しの交付を申請する者の身元などを厳格に審査し、場合によっては拒否、警察に連絡(3)加害者が特定されない場合、申請内容などを警察や被害者らに通報する――などの措置をとる。【林幹洋】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより