ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

性犯罪 : 婦女暴行、30件を自供 容疑の立命館大生を再逮捕

日時: 2007-05-04  表示:7629回

京都新聞(2004年1月14日)

 滋賀県警大津署は14日、女性暴行と銃刀法違反の疑いで京都市左京区一乗寺野田町、立命館大4年S被告=女性暴行未遂罪で起訴済み=を再逮捕した。S被告は、02年9月ごろから京都市内や大津市内で未遂を含め約30件の余罪を自供しており、同署は裏付け捜査を進めている。
 調べでは、S容疑者は昨年10月10日午後11時10分ごろ、大津市南部で路線バスから降りて徒歩で帰宅途中だった同市内の無職女性(19)に対し、背後からタオルで口をふさいでカッターナイフを見せて脅し、近くの畑で暴行した疑い。S容疑者は容疑を認めているという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより