ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

売買春 : 神奈川県内でデリヘル増加 「売春の隠れミノ」県警が違法店摘発(2009.07.15)

日時: 2009-07-18  表示:4662回

売春営業をしていたとして、神奈川県警生活保安課などは13?14日にかけ、売春防止法違反容疑で、横浜市南区永楽町の韓国人デリバリーヘルス(通称デリヘル)「サンライズ」と小田原市城山のデリヘル「フェアリースタイル」の2業者を摘発、同容疑で経営者ら3人を逮捕した。デリヘルは風営法で無店舗型性風俗特殊営業とされ、男性客のいる自宅やホテルに女性を派遣し、裸でマッサージなどをするサービス。売春は違法だが、届け出業者の増加に伴う競争激化で、違法な業者も増えているという。

 県警によると、県内の届け出デリヘル店は昨年378店で前年比52店増。店舗も必要なく、インターネットで簡単に宣伝ができるため、増加傾向にあるという。これに伴い競争も激しくなって違法なサービスをする店も増えているとみられ、県警によると、昨年1?7月はデリヘル業者の摘発は4件だったが、今年はすでに14件に上っている。

 最近の特徴として、横浜や川崎市では韓国人経営の店が増加。伊勢佐木署管内では今年に入り韓国人経営のデリヘルの摘発が3件あった。県警の調べによると、サンライズ経営者の韓国籍、***容疑者(42)は平成19年12月ごろから営業を始め、1億4千万円を売り上げていた。*容疑者は「手っ取り早い金もうけのためにやった」と容疑を認めている。

 一方、激しい競争回避や警察の摘発逃れのため、フェアリースタイルのように小田原市など、横浜や川崎市以外に開店する店も増えているという。責任者の****容疑者(41)は「小田原ならデリヘル業者も少ないので始めた。観光客などに需要がある」と話しているという。

 県警は「デリヘルは店舗がないなど実態が把握しづらい。売春の隠れみのになっているので、摘発に力を入れたい」としている。

2009年07月15日 産経新聞


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより