ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 教職員不祥事:根絶へ 外部専門家会議が初会合 委員から意見や提言 /広島(2009.07.14)

日時: 0938-07-05  表示:4909回

県内で相次ぐ教職員による不祥事根絶のために設置された外部専門家会議(座長・高橋超比治山大学長)の初会合が9日、県庁であった。会議は大半が非公開だった。専門家からは現状や今後の取り組みについて意見や提言があったという。【加藤小夜】

 会議の委員は6人で、座長以外のメンバーは、精神科医▽検察官▽警察官▽民間企業の人事責任者▽保護者。

 会議では、県教委が教員に対する懲戒処分状況やこれまでの不祥事防止策について説明。全国と比べて在職者に占める懲戒処分の発生率が2倍以上になっていることを報告した。また、委員による質疑や意見交換では「教員採用の段階で、ストレス耐性などを見抜く必要があるのではないか」「早期発見できる枠組みが必要」などの意見が出されたという。

 年内に3回の会議を開く予定で、県教委は「出された提言は、できるものから速やかに取り組んでいきたい」と話している。

 県教委によると、わいせつ・セクハラ事案、事件で懲戒処分となった教員(広島市立学校を除く)は06年4月以降で24人で、うち11人が免職となった。

 昨年5月には、元小学校教諭の****被告(43)=強姦(ごうかん)罪などで起訴=が勤務先の小学校の女児にいかがわしい行為を繰り返したとして三原署が強制わいせつ容疑で逮捕。今年4月以降も教諭2人が児童ポルノ法違反容疑(児童買春)などで免職となっており、先月の定例記者会見で榎田好一教育長は「教育に対する信頼感は危機的状況にある」と話していた。

2009年7月10日 毎日新聞 地方版


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより