ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 県教委、教職員6人を懲戒処分―研修先でセクハラ、出張旅費過大受給/三重

日時: 2007-05-04  表示:6352回

[毎日](2004年1月17日)
 ◇再発防止徹底へ
 「一般社会の厳しさを知る」目的で実施した研修先でセクハラ、飲酒運転での人身事故を3カ月報告なし、校長が出張旅費の過大受給――。県教育委員会は16日、県内の小学校長や高校教諭6人の懲戒処分を発表した。相次ぐ教職員の不祥事に、県教委は「県民の信頼を損ない、大変申し訳ない」と平謝り。再発防止の徹底を図る。
 県立松阪商の男性教諭(50)は昨年12月、県内の宿泊施設で2週間、社会体験研修を行った際、女性従業員に対し「いい体をしている」と言ったり、体を触るなどした。同施設からの研修結果に「(同教諭は)セクハラ的言動が心配される」とコメントされ、事実が発覚、停職6月の処分を受けた。この教諭は辞職した。
 さらに、県立津東高の男性教諭(45)は昨年9月、飲酒運転中に停車中の車に追突。女性に軽傷を負わせたが、校長に報告したのは12月になってからだった。県教委は同教諭を免職処分にした。三雲町立米ノ庄****(58)は昨年11月に車で、原付きバイクの女性と接触事故。女性に重傷を負わせ、減給処分を受けた。
 また、安濃町立村主****(55)と同草生****(58)は昨年9月、石川県内での研究会に参加した際、別の校長が運転する車で出張したのに、公共交通機関を利用したとする旅費請求書を提出。約2万円ずつを過大受給していた。
 10年以上にわたり雑誌の記事を書くなどし収入を得ていた県立飯野高の男性教諭(47)も、戒告処分を受けた。【山田夢留】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより