ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

性犯罪 : <強制わいせつ>エレベーター狙った犯行相次ぐ 東京・麻布

日時: 2007-05-04  表示:8416回

[毎日](2004年1月30日)

 東京都港区麻布十番付近のマンションで昨年11月ごろから、深夜に帰宅した女性がエレベーター内で体を触られたり、金を奪われる事件が相次いでいることが分かった。警視庁麻布、三田両署は、少なくとも7件の被害を確認、奪われたキャッシュカードで現金約50万円を引き出されたケースもあった。同一人物による犯行とみて強制わいせつや強盗事件として捜査している。

 調べでは、被害は11月1件、12月4件、1月2件。同区麻布十番地区に集中し、深夜にエレベーターに一人で乗り込んだところを狙われている。被害者は10代後半から20代後半の大学生や会社員。

 男は20?30歳で、身長170?175センチ。【宮川裕章】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより