ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 平均39歳、75%が飲酒習慣 DV加害者初調査

日時: 2007-05-04  表示:6504回

 ドメスティックバイオレンス(DV)の加害者は平均39・8歳、約6年にわたり身体的暴力を繰り返し、約75%は飲酒の習慣がある?。法務省法務総合研究所が、配偶者などを相手に暴力を振るった加害者の事件記録を調べたところ、18日までにこんな実態が浮かび上がった。
 子供の面前で事件を起こしたケースは42・5%もあった。深刻な社会問題に発展しているDVの加害者に焦点を当てた初の本格的な調査で、法総研は「適切な被害者保護と加害者の更生プログラムに役立てたい」としている。
 調査は2001年秋から02年春までに、配偶者(内縁を含む)や元配偶者に対する殺人、殺人未遂、傷害、DV防止法違反、ストーカー防止法違反などの事件で刑事処分を受けた加害者346人(男322人、女24人)が対象。
 調査結果によると、最年少は19歳、最高齢は71歳。平均年齢は39・8歳で身体的暴力が始まってからの期間は平均5・7年だった。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより