ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : 銭湯で裸体盗撮→DVD…被害女性への賠償660万円命令

日時: 2009-03-28  表示:7801回

03月27日 読売新聞

銭湯で裸体を盗撮され、DVDとして販売された関西在住の20歳代女性が、販売元の「なにわ書店」(大阪市)とその関連の製作会社に慰謝料など2200万円の賠償を求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。

 府内覚裁判官は「プライバシー権や肖像権を侵害し、多大な精神的苦痛を与えた」として、同社などに660万円の支払いを命じた。

 判決によると、DVDは2002?03年頃に大阪府内の銭湯の浴室内や脱衣場を盗撮したもので、女性の顔も映っていた。DVDは3種類製作され、うち2種類は04年3月までの1年間に686枚が売れた。

 なにわ書店は「製作に関与しておらず、中身も知らなかった」と主張したが、府内裁判官は「作品の企画はなにわ書店が仕切っていた。女性はストレスで手首を切るまでになっており、違法性は極めて大きい」と退けた。

 原告代理人によると、被害者が盗撮に気づくのはまれで訴訟を起こすのは異例。

 女性は夫の友人を通じてDVDを知ったとされる。判決後、記者会見した女性は「泣き寝入りするのは悔しかった。野放しの盗撮の現状を少しでも阻止できれば」と話した。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより