ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

性犯罪 : 検察の犯罪被害者支援―津地検OB「ホットライン」/三重

日時: 2007-05-04  表示:8166回

毎日新聞(2004年1月21日)

 ◇相談年々増え、昨年527件
 ◇公判期日など「通知」制度化
 検察が犯罪被害者からの相談に応じたり、刑事事件の処分結果を知らせる犯罪被害者支援活動が広がりを見せている。津地検は、被害者からの相談に応える「被害者支援員」を置き、窓口である「被害者ホットライン」を設けている。また、被害者や目撃者など事件の関係者に公判期日や裁判結果を通知する「被害者等通知制度」を制度化するなど力を入れている。
 埼玉県の桶川ストーカー殺人事件などで被害者支援が叫ばれるようになったのがきっかけで、検察は全国的に支援制度を設け始めた。津地検では、「被害者支援員」を99年から配置、現在検察事務官OBの男性2人が非常勤で被害者からの各種相談に応じている。相談件数は年々増加し、昨年は527件にのぼった。
 被害者が交通事故の被疑者のために持ってきた嘆願書を、担当検察官に渡したり、シンナー中毒者の友人からの申し出を受け、カウンセリング機関を紹介したり、活動は多岐にわたる。また、津地検は、被害者やその親族、目撃者などの希望に応じ、公判期日や事件の処分結果を知らせる「被害者等通知制度」を99年から設置。昨年は計317人から通知希望があり、延べ639回の通知を実施した。
 津地検の高口秀章次席検事は「検察の被害者支援はあまり知られていないのが現状。事件を解明して処分するのが主な検察の仕事だが、仕事をスムーズにするためにも被害者に対する細かなケアは不可欠」と支援の必要性を強調する。
 津地検の被害者ホットライン(059・228・4166)は、平日午前9時から午後5時まで開設している。【影山哲也】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより