ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 妻の友人殺害、無期判決 DVめぐる事件で東京地裁

日時: 2007-05-04  表示:6711回

共同通信(2004年1月23日)

 ドメスティックバイオレンス(DV)防止法で接近を禁じられた妻の居場所を聞き出そうとして友人のHさん=当時(52)=を刺殺したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職HT被告(47)の判決で、東京地裁は23日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 木口信之裁判長は「妻への接近禁止は自分の粗暴な行動が原因なのに、居場所を教えないことを逆恨みした短絡的な犯行。約20カ所も刺すなど残忍、残酷で悪質だ」と述べた。
 Hさんが妻をかくまい、HT被告に居場所を教えなかったことについては「適切な対応」とした。
 判決によると、HT被告は昨年7月1日、東京都板橋区のHさん宅に行き、妻の居場所を尋ねるとともに、Hさんに貸していた金の返済を要求。相手にされなかったため、持っていた包丁で背中などを刺して殺害、現金約12万円入りの財布を奪った。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより