ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

製作被害 : 映像ディレクターに懲役7年 声優志望者ら5人へのわいせつ 東京地裁 (2020.02.26)

日時: 2020-02-26  表示:216回

時事通信 2020/2/26(水) 18:25配信

 声優志望の女性ら5人に、宣伝資料の撮影と偽ってわいせつな行為をしたなどとして、東京地裁(楡井英夫裁判長)は26日、映像ディレクタ****被告(51)に対し、準強姦(ごうかん)罪などで懲役7年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

 楡井裁判長は「被害者の心情につけ込み、卑劣かつ巧妙」と非難した。

 楡井裁判長は、被告は自身が監督すると称していたドラマCDのオーディションなどで知り合った女性を、売り出しのための撮影と偽って呼び出したと指摘。「演技指導と誤信させた上で、突然キスするなどして困惑させ、抵抗が困難な状態にさせた。台本や撮影機材を用意するなど計画的だ」と批判した。 


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより