ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : サウジ雇用主の性的虐待告発、バングラ女性の動画拡散 遺体で帰国の例も (2019.11.04)

日時: 2019-11-05  表示:118回

AFPBB News / 2019年11月4日 19時14分

【AFP=時事】サウジアラビアで働くバングラデシュ人女性が、雇い主から「無慈悲な性的虐待」を受けていると涙ながらに告発する動画がフェイスブック(Facebook)上で拡散し、貧しいアジア系出稼ぎ労働者の搾取が改めて問題視されている。バングラデシュ政府は3日、被害を訴えた女性を「できるだけ速やかに」帰国させるよう、労働者の海外派遣をあっせんする国営業者に求めた。

 動画の中でスミ・アクテル(Sumi Akter)さん(25)は、「私は長く生きられないと思う。助けてください。彼らは私を鍵付きの部屋に15日間も閉じ込め、食べ物もほとんど与えてくれませんでした。熱した油で両手にやけどを負わされました」などと訴えている。

 アクテルさんの夫は「妻を帰国させようとしたが、できなかった」とAFPに語った。動画の拡散を受け、バングラデシュの首都ダッカでは出稼ぎ労働者の待遇に抗議するデモが起きている。

 アクテルさんの動画公開に先立ち、やはり雇用主による虐待を訴えて救出を求めていた出稼ぎ労働者のナズマ・ベグム(Nazma Begum)さん(42)が、10月末に遺体で帰国した。ベグムさんの息子は死因について、病気になったのに治療を受けさせてもらえなかったとAFPに話した。

 アクテルさんもベグムさんも、病院の清掃員の仕事を紹介するとの約束で出稼ぎに行ったが、だまされてメイドをさせられていた。

 バングラデシュ当局によると、サウジアラビアに出稼ぎするバングラ女性は1991年以降で約30万人に上り、在外バングラ人の祖国への送金額の多くを占める。

 あっせん業者が女性労働者を虐待し、別の業者に売り飛ばしているとの疑惑が浮上する中、政府報道官は悪質業者の取り締まりを約束した。しかし、アブドゥル・モメン(Abdul Momen)外相は先月31日、サウジアラビアへの女性の出稼ぎを禁止することはないと言明。「被害者が出ていることは、サウジアラビアも認めている。だが、一握りの人々の身に起きたというだけで、サウジ政府が被害者を生み出しているわけではない」と述べた。

 バングラデシュの人権団体によると、主にサウジアラビアから帰国した女性110人を対象に10月に聞き取り調査を行ったところ、61%が身体的虐待を受けていたと回答。約14%は性的虐待を受けたと答えたという。また、別の援助団体によれば、サウジアラビアに出稼ぎ後に遺体で帰国した女性は、今年に入って既に48人に上っているという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより