ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : ミニストップ、成人誌の取扱を中止へ 先行的に千葉市から 2018年元旦から全店舗で (2017.11.21)

日時: 2019-01-22  表示:632回

ねとらぼ 2017年11月21日 12時50分 公開

 コンビニエンスストアチェーンのミニストップは、2018年1月1日から成人誌の取り扱いを全国店舗で中止することを発表しました。千葉市の提案を契機とする取り組みで、先行的に2017年12月1日から、千葉市内の店舗にて取り扱いを中止します。

 ミニストップでは女性がコンビニを利用する機会が増えているのを受け、中食・内食商品の強化やWAON POINTカードの導入など女性により利便性の高い改革を進めてきたとのこと。これらの取り組みの一環として、以前から成人誌の陳列対策に取り組んでいた千葉市からの働きかけをきっかけに、成人誌の取り扱いを中止する判断に至ったと説明しています。

 千葉市長の熊谷俊人氏は今回のミニストップの発表について、Twitter(@kumagai_chiba)で次のように説明しています。

 「災害時のトイレ解放など、コンビニ店舗の社会インフラとしての重要性が増す中、過激な成人誌の表紙がトイレへの通路等に露出されていることに対して何らかの対策を求める意見がありました。千葉市では議会質問を契機にコンビニ各社にフィルムで一部を隠す対策を提案いたしましたが、店舗での負担増から実現は困難でした。本市提案をきっかけにミニストップ内部でご検討頂き、誰もが安心して利用できる店舗実現のため新たな取組実施に至りました」

 「日本雑誌協会から表現の自由が妨げられるという批判がありますが、ミニストップの陳列に関する自主的な営業判断です。私は表現の自由を極めて重視する政治思想ですが、販促目的で過激な表紙を作成する以上、陳列に対する社会的反応も甘受すべきと思いますし、業界の自主改革を期待します」

 成人誌の定義は、日本フランチャイズチェーン協会のガイドラインに準拠。各都道府県の指定図書類および出版倫理協議会の表示図書類以外で、各都道府県の青少年保護育成条例で未成年者(18歳未満者)へ販売・閲覧等が禁止された雑誌およびそれらに類似する雑誌類が「成人誌」となります。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより