ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : AV強要、女優らが議論「このままだと性の文化が廃れる」「法規制だけで解決しない」 (2016.09.18)

日時: 2016-09-18  表示:2204回

弁護士ドットコム 9月18日(日)20時35分配信

アダルトビデオ出演強要の問題が大きくクローズアップされる中、AV業界の問題点について女優ら当事者が考えるイベント「女が語る”AV業界” 〜現場から見るアダルトビデオの過去・現在・未来〜」が9月18日、東京・渋谷で開かれた。現役のAV女優ら業界関係者が登壇して、問題点や改善方法などについて語った。

AVに出演しながら、自身でメーカーを設立した神田つばきさんは、強要問題の背景について「差别がある」と指摘した。「性の文化は、ずっと男性が消費者で、女性が供給側に固定されていた。男性が消費物のように女性を見るようになる。このままだと、強要問題のようなことが今後も起きて、性の文化が廃れていく」と危機感をつのらせた。

AV出演者や制作者のための団体「一般社団法人表現者ネットワーク」(AVAN)を立ち上げた元女優の川奈まり子さんは、業界に対する風当たりが強いなかでも「AV出演を肯定しようと決めている」と強調した。「社会や業界のなかに対して、自分たちの声を届けることで、被害が起こらないようにしていきたい」と話した。

イベント主催の一般社団法人「ホワイトハンズ」の坂爪真吾代表理事は「法規制だけで問題が解決するわけではない。性風俗の歴史を振り返っても、監督官庁や法律があるが、働く人の権利が守られているかというと微妙なところだ。現場の声を汲み取ったうえで、仕組みを作っていく必要がある」と話していた。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより