ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 出会い喫茶:規制検討 児童買春、他県で増 県が条例改正も /神奈川

日時: 7537-04-06  表示:5486回

5月29日13時1分配信 毎日新聞

 「出会い喫茶」で知り合った18歳未満の少女に対する児童買春事件が他県で増えているとして、県は県青少年保護育成条例の改正の検討を始めた。喫茶店などの体裁を取っているため、現行法や条例では少女らの利用を禁止できず、条例改正などの対策が必要と判断した。
 出会い喫茶は、男性客がマジックミラー越しに気に入った女性客を指名し、双方が合意すれば店外でデートする仕組み。男性客は入会金や利用料を払い、女性客は無料で飲食できる店が多い。全国的に増えており、県によると県内では横浜駅周辺など少なくとも7店が確認されている。
 女性は従業員としての接客をするわけではなく、酒の提供もしない。このため、風俗店を対象にした風営法や現行条例の規制対象には含まれない。
 28日あった県児童福祉審議会の社会環境部会(部会長、矢島正見中央大教授)でも、委員から「このままでは雨後のタケノコのように店が増える」「早急な対策が必要」との意見が相次いだ。県は国に対し、風営法の改正も求める。【五味香織】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより